ヘアケア・ヘアメイク美容・ヘルス

「髪量多い!」と悩む人が美容院へ行く頻度とは?

髪量多いヘアケア・ヘアメイク

髪の毛の量は多いですか、少ないですか。

わたしはものすごく多いです。

いつも美容院へ行くたび、美容師の姉に「髪量多すぎる!」と怒られます。

怒られるほど髪量が多くなってしまう理由は、美容院へ行く頻度が少ないせいです。

「伸びたな」と自覚しても、面倒でついつい美容院に行くのをサボってしまうんですよね…

今回は自分の経験をもとにして、髪量が多い人がどのくらいの頻度で美容に行くべきか考えます。

スポンサーリンク

そもそも月1が理想

そもそも月1が理想

美容師の姉いわく美容院の頻度は、髪量を考えない場合でも「1ヶ月に1回」が理想とのことです。

きれいな髪を保ちたければ、1ヶ月毎にしっかり美容院でメンテナンスしてもらいましょう。

たしかに、前髪は1ヶ月経てばだいぶ伸びてしまいますし、カラーしていれば髪が伸びてプリンにもなりますよね。

しかし…めんどくさい…それにお金もかかります。

できれば、限界まで美容院に行きたくありません!

そこで過去の経験をもとにして、美容院に行くべき頻度を考えてみます。

髪量が多い人はどれくらいの頻度にすべきか

結論は1ヶ月半〜2ヶ月以内です!

それ以上長く美容院へ行かないと、絶対に後悔します。

わたしの経験上、美容院に行ってから1ヶ月半を過ぎると髪の毛のまとまりがつかなくなってきて毎日のセットにかなりの時間が必要です。

そして2ヶ月経つと、どんなに頑張っても髪の毛を可愛くまとめることが不可能になります(笑)

わたしの場合、美容院へ行くのが2ヶ月以上開いたときは、たいてい髪の毛をきっちりまとめるスタイルしかできなくなってしまうんですよね。

髪をおろすと髪量が多いため、印象が暗くダサくなりますし、髪量が増えると巻くこともできなくなります。

そんな最悪の事態にならないように、自分で髪量が多いことを自覚している人は美容院へ通う頻度を2ヶ月以内にしましょう。

髪型の選び方

髪型の選び方

わたしはいつも髪量のことをなにも考えずに「かわいい!」と思った髪型を選んでは、失敗しています。

やはりただかわいいだけで選んだ髪型は、髪が伸びて量が増えるとぜんぜんかわいくない…

そこで学んだ、髪型選びのポイントは2つです。

  • 「髪の量が増えてもかわいいかどうか」想像する
  • 候補を複数選んだら、身内に相談する

髪型を選ぶときには「多少重くなってもかわいいかどうか」を想像してから選びましょう。

また、自分ひとりで髪型を決めるのではなく、候補をいくつか用意して身内にどれがいいか選んでもらうのもおすすめです。

家族より一緒にいる時間が長い友人や恋人なら、その人に選んでもらってもOK。

わたしの場合はたまたま美容師ですが、もし美容師でなかったとしても、身内に相談しながら決めると失敗が少ないです。

もしくは、信頼している美容師さんと一緒に選ぶとより失敗が少なくなります。

ちなみに、髪量が多いわたしが今までにいちばん長い期間「かわいさが保てた」と思ったのは、ボブです。

ワンレンボブのときは、3ヶ月間もちました!

そもそもボブは重めがかわいい髪型なので、髪量が多い人向きなのだと思います。

わたしの場合は最初に少し髪をすいてもらい、普通より軽めのボブでスタートしました。

伸びてくるにつれてだんだん髪の重さが増してきますが、ボブにはむしろプラスです。

また、ワンレンは前髪と他の髪が同じ長さなので、前髪が伸びて邪魔になるということもありません。

わたしの過去の経験をもとにすると、ボブなら髪量が多い人にすごくおすすめできます!

多い髪の毛を隠す方法

多い髪毛を隠す方法

美容院に頻繁に行きたくても、どうにも時間が取れないという人もいますよね。

そんな人におすすめの「簡単にできる多毛の隠し方」はコチラです↓

  • 帽子をかぶる
  • お団子にする
  • 編み込む

帽子をかぶる

帽子をかぶればだいたいの髪の悩みを隠すことができます(笑)

たとえば、髪の薄さや白髪、プリン、もちろん髪の量が多いということもしっかり隠せるのでおすすめです。

特に結べる長さの場合は、帽子をかぶった上で髪の毛を結んでしまうと髪の量が気になりません!

お団子にする

お団子という髪型は、ボリュームが多いほうがかわいいという素晴らしい髪型です。

そのため、髪が伸びてとんでもないボリュームになってしまったという場合には、お団子にして隠すことができます。

髪の長さによって、ひとつにまとめたお団子ができないときには、ハーフアップでもいいのでお団子を作ると「髪のアレンジをしてる感」も出てくるのでおすすめです。

編み込む

わたしは…残念ながらできないのですが…編み込みも多い髪量を隠してくれます。

ちなみに編み込みとは、髪に編み込んだ(埋め込んだ)三編みのことです。

そして編み込みは、さいごに少し編み込んだ髪の毛を引っ張って崩すことでより可愛くなるんですよね。

つまり、髪量が少ない人でもちょっとボリュームが出て髪量が多く見える髪型とも言えます。

もともと髪量が多い人でも「編み込みで髪量が多く見える」と思ってもらえるわけです(笑)

ただ、編み込みは難しいので、練習するか誰かできる人にやってもらう必要があります。

髪量が多い人が気をつけること

髪量が多い人が気をつけること

髪量が多いと、意外と気をつけなくてはいけないことが多いんです。

たとえば次のことがあります↓

  • 髪の毛をしっかり乾かせない
  • 洗髪が甘くなる
  • 髪の毛を強く結びがち

髪の毛をしっかり乾かせない

髪量が多いと、ドライヤーがほんとうに面倒なんです。

わたしの家のドライヤーは性能が悪いので、余計に大変なのですが…とにかく時間がかかります。

表面が乾かせたとしても、内側の毛はぜんぜん乾かないんですよ。

だから、腕が痛くなってだいたい半乾きで終わりにしてしまいます…

わたしは、髪の毛を洗い終わったらすぐにマイクロファイバーの帽子?をかぶるようにしました。

100均で売っているものでも十分効果があるので、おすすめです。

あと、実家で姉のDysonのドライヤーを使ってみたらびっくりするくらい早く乾いたので、性能の良いドライヤーへの買い換えも検討しています。

洗髪が甘くなる

髪量が多いと髪の毛を乾かすことだけではなく、洗うことも大変です。

髪を洗うときには、地肌までしっかり泡をつけることが必要ですが、髪量が多いと地肌までの障害物が多くて洗うのも甘くなります。

ドライヤーほどではありませんが、やはり腕が疲れてついつい「もういいか」と止めてしまうことも…

でも、髪にはほんとうによくありません。

おすすめは、お風呂に入る前に蒸しタオルで地肌を温めることです。

面倒で毎日はできないのですが、蒸しタオルをやった日とやっていない日では、頭のさっぱり感がぜんぜん違います!

髪の毛を強く結びがち

最後に、髪の毛を強く結んでしまう可能性が高いことにも注意しなくてはいけません。

髪の毛を結ぶときは、輪っかになっているゴムを何度か髪の毛を通して結びます。

もちろんゴムの強さにもよりますが、同じゴムで同じ回数通して結んでも、髪量が多いほうが髪や頭皮にかかる負担は重くなりますよね。

だからといって、緩く結んだらすぐにほどけてしまいます。

そのためできることは、家に帰ったらすぐに髪をほどくことです。

1日出かけて髪の毛を結びっぱなしだった場合には、頭皮にかなりの圧がかかっていると感じます。

実際に頭痛の原因になることもありました。

そのため、わたしは家に帰ってきたらすぐに髪の毛をほどき、少し頭皮をマッサージするようにしています。

このタイミングでの頭皮マッサージは、かなり気持ちがいいです!

髪量が多い人じゃなくても、フォーマルな場でかっちりした髪型をしていた後などは、家に帰ってからすぐにマッサージするのがおすすめ。

美容院の頻度は1ヶ月半にするといい

美容院の頻度は1ヶ月半にするといい

髪量が多いというのは、大変なことが多いです。

ただ、少ない人に言わせると贅沢な悩みだと言われます。

確かに、もともと髪量が少ない人はどう頑張っても髪を増やすことはできません。

その点「髪が多くて大変」という悩みは、きちんと美容院に行ってメンテナンスしておけば解決できます。

だから、髪量が多い人はなるべく1ヶ月半で美容院に行くようにしましょう。

美容院に行く頻度を多くすることで、髪型がかわいく決まるようになったり、定期的に頭皮までしっかり洗ってもらうことができます。

また、健康診断のあと「健康に気を使おう」と思うのと同じで、美容院へ行くことで「髪のケアをしっかりしよう」という意識を保ちやすくなるのもポイントですね。

髪量が多いと自覚している人は、美容院の頻度を増やして定期的にメンテナンスしてもらいましょう。

思い立ったらすぐに予約しよう

美容院の予約を取りそびれてしまって、「失敗した…」と感じることってありませんか?

私は以前まで、以下のような失敗を繰り返していました。

  • 「白髪が気になる」と思った時点で美容院の予約をしなかったため、白髪を隠すためのヘアスタイリングに時間がかかる
  • 友達の結婚式があるのに、早めに美容院の予約をしていなかったせいで、良い美容院が見つからない
  • 「伸びたな」と思ったものを放置してしまい、いつのまにか前髪がとんでもない長さになっている

だから、美容院の予約は思い立った時、スグに取るべきです。

とはいえ、美容院に電話をかけるのって意外とハードルが高いですよね。

夜に「美容院の予約しなくちゃ」と思っても、営業時間外でつながらないということも多々あります。

そんな失敗を経験して、わたしは美容院の予約をHot Pepper Beautyに一本化しました。いわゆる、ネット予約です。

24時間いつでも美容院の予約ができますし、ヘアカタログも載っているので予約した後すぐに理想のヘアスタイルを探すこともできます。

また、クーポンを使ってお得な料金で予約することもできます。

通常よりも安い料金でカット&カラーができたりするので、ぜひ使ってみて欲しいです。

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし