コーディネートコーディネート術

【流行りについていけない】流行の服を着ると野暮ったくなる4つの理由

yaboコーディネート

流行りの服は、結局かわいいですよね。

どこのお店でも流行りの服が置いてあり、つい「流行りの服をわたしも着てみたい」と思ってしまいます。

「いざ試着!」と着替えてみると…なんでか野暮ったい。

マネキンや店員さんのようには、絶対になりません。

今回はそんな「なぜ?」について考えていきます。

スポンサーリンク

自分だけ野暮ったくなる理由

同じような流行りの洋服を同じようなお店で買ったというのに、なぜか自分はオシャレにならない!

わたしもそのクチです。

なぜなのか考えた結果、以下の4つが理由だと判明しました。

着方がおかしい

まず考えられるのは、服の着方が間違っているということ。

どんなに流行りの洋服でも、着方が今どきでないとオシャレにはなりません!

例えば、パンツの中にトップスをしまうのが流行りなのに出して着ていたらオシャレにはならないのです。

だから着たい流行りの洋服を見つけたら、しっかりその服の「着方」までリサーチしましょう。

スピードについていけない

最近の流行りの移り変わりは、とんでもなく速いです。

そのため流行りに乗りなれていない場合、流行りのスピードに置いていかれてしまうということが考えられます。

ひとつ前の流行りだと気がつくことなく着ていると、それだけで野暮ったい印象になります。

そのため自分が着たい洋服が、ほんとうに「今現在」流行っているのか確認することが大切です。

「去年と同じだ」と着てしまう

わたしもよくやっていた失敗…「去年も流行ってた形だ!」と安心して翌年に着てしまうと…なぜか…野暮ったい。

理由は、主に2つ。

1つ目は、同じように見えて実は形が微妙に違うこと!

例えばスカートの形は同じでも長さがちょっと違うだけで印象が異なり、野暮ったく見えます。

もうひとつの理由は、色です。

トレンドカラーは毎年更新されます。

そのため、いくら形が同じでも去年の流行色のものでは「時代遅れ」と思われてしまう。

去年と同じような洋服だった場合は、とにかく去年の服との違いがないのか念入りに確認することが大事です!

そもそも流行りが似合わない

骨格・顔・髪型などの理由から、トレンドの洋服が全く似合わない場合もあります。

残念ながら「似合わない」理由は、自分で変えられるものが少ないです。

わたしも最近の流行り「オーバーサイズ」がとんでもなく似合わず…何かできることはないかと思いましたが…何もありませんでした(笑)

結果、オーバーサイズの上着は諦めることに。

自分ではどうしようもないことで流行りが似合わない場合は、すっぱり諦めましょう!

もし流行り服への憧れが強い場合には、後で紹介するファッションレンタルサービスを利用するのもオススメです。

▷airClosetを試してみる▷EDIST. CLOSETを試してみる

流行り服が野暮ったくならないためにやること

なぜ野暮ったくなるのかの理由がわかったら、対策を考えます。

せっかく可愛いと思っている流行り服があるのなら、なんとか着る方法を考えたいですからね!

やることは、すごく簡単な以下の3つです。

なにはともあれ事前調査

何を差し置いても、1番にやるべきことが事前調査です!

店頭で見かける洋服を「かわいい」と思ったら、すぐに本屋さんで雑誌を立ち読みしましょう。

そこで流行について情報を集めます。

また、道行くおしゃれさんをひたすら観察するという手も有効です。

もちろんお店のマネキンや店員さんを参考にすることもできますが、その場合は季節が異なる場合もあるので要注意。

逆に自分が欲しいと思った洋服が季節的にすぐ着れなくなってしまうことがないかもチェックして購入しましょう。

着方のバリエーションを学ぶ

自分の買いたいと思った洋服が間違いなくまだ流行っている服で、購入することにしたとします。

しかし、やはりいつでも同じように着ているのはNG。

自分も飽きてしまいますし、さらに悪いのは流行りモノだからとその洋服ばかり着ていて「またあの洋服だ」と言われてしまうこと!

いつも同じ洋服だと気が付かれてしまう人は、ダサいと思われる可能性を秘めています。

そのため、同じ洋服でも着方のバリエーションを増やすべき!

着方についても、情報収集と同じやり方で確認することができます。

雑誌や歩いているおしゃれさんの観察、店員さんの観察などで自分の着たい洋服がどのように着られているのか学びましょう。

諦められるようになる

最後に、辛いことですが「諦める」という選択を受け入れることです。

試着して似合わなかった流行りの洋服。

髪型や化粧で解消することができれば、問題ありません。

しかし、どんなに頑張っても似合わない洋服は存在します。

それなのに、流行りの服に固執してしまうと結局「似合わない」「ダサい」などと思われてしまう…

だからこそ、もうこの流行り服は似合わないと分かったら潔く諦める!

その方が野暮ったい印象を持たれずに済みます。

流行りがすべてではない

流行りの服を着て野暮ったくなってしまう理由は、以下の4つ。

  1. 服はかわいいのに着方がおかしい
  2. 単純にスピードについていけない
  3. 変化に気づかず「去年と同じだ」と着てしまう
  4. 残念ながらそもそも流行りが似合わない

1〜3が理由の場合は、流行りについて調べることで解決できます。

色・形・着方などをしっかりと調査さえすれば、上手に流行り服を着ることが可能です。

しかし「4.残念ながらそもそも流行りが似合わない」は自分で解決することができません。

ただただ諦めるしかない!

悲しい…

ただ、流行り服の移り変わりはすぐですから、自分に似合う服が流行ることも考えられます。

その時まで我慢!

そしてもうひとつ言えることは、決して流行りの洋服ではないにしても「自分が似合う洋服」を着ていればオシャレに見えるということです!

流行り服を着たい理由には「洋服が好み」以外に「オシャレ(に見える)」というものがあります。

もしオシャレに見られたい願望がある場合は、自分に似合う洋服を選ぶようにするのも◎

流行り服だろうが、そうではなかろうが、似合う服を着ている人はとても素敵です!

モデルさんの私服が、意外とシンプルなのにオシャレだということは「似合っているから」が理由に違いありません!

モデルさんの場合は、そもそもが「モデルさんの着ている服が流行する」や「何でも似合う」という理由もありますが。

しかし「似合っていない服はダサい」と考えるとわかりやすい!

例えば「年齢的にどう見ても不釣り合いな服を着ている」や「着こなせないのにメンズの大きい服を着る」など。

「いくら流行っているとは言っても、似合わない服は着るべきではない」というのがわたしの考えです。

そうは言っても「流行りの服が着たい!」という方にオススメなのは、ファッショレンタル

ファッショレンタルとは、流行りの洋服を1ヶ月に3〜4着レンタルすることができるサービスです。

なかには洋服が借り放題の会社も!

そしてお値段は月額1万円以下というところが多く、買うよりも断然お得です。

買わずにトレンド服を試すことができるので、あまり似合わないけど着たいという洋服を試すにはもってこい!

ちなみにわたしが以前借りたファッションレンタルサービスの感想はコチラ↓で紹介しています。

気になる方は、ぜひ試してみてください。

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし