インテリアライフスタイル

【我が家のトイレ】掃除道具を出しっぱなしにすることでラクしてます

toiletインテリア

トイレの収納はどうするか悩みますよね。

掃除がラクなことは必須ですが「どうやって」掃除をラクにするのか悩みます。

たとえば「床にモノを置かないこと」で、掃除をしやすくするのか。

もしくは「掃除道具を出しっぱなしにすること」で、掃除をしやすくするのか。

悩んだ結果、我が家では「出しっぱなし」にすることで掃除をラクにしています。

今回は、出しっぱなしで掃除しやすくなったトイレの紹介です。

こちらの動画でもトイレを紹介しています、よろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

掃除道具は出しっぱなし

先ほどお伝えした通り、我が家は掃除道具を出しっぱなしにしています。

わたしの場合は、トイレのクリーナーやトイレブラシを出しっぱなしにすることで、掃除がラクになりました。

掃除の度に、道具を出して・しまってという作業を繰り返すのは面倒で仕方ないからです。

道具を出しっぱなしにすると、床掃除のときに置いている道具を持ち上げて掃除する必要で面倒だと感じることもあります。

しかし、わたしはものぐさなため「掃除しよう」という気分になったとき、すぐに掃除できることのほうが重要でした。

置きっぱなしにするのか、床にモノを置かないのかどちらを選ぶかは、その人の性格によって変わると思います。

トイレのレイアウトだけでなく、モノの配置に迷ったら、ひとまず数日試して比べてみるのがおすすめです。

実際試してみると、自分に合った方法がはっきりします。

トイレブラシは床に置きっぱなし

我が家の置きっぱなしブラシはこちらです。

出しっぱなし

使っているのは、スコッチ・ブライトの取り替え式ブラシ。

スコッチ・ブライトの取り替え式ブラシ
↑ブラシの柄のみの状態

柄やブラシ立ての見た目は白くてシンプル、軽いので持ち上げて掃除するのもそんなに手間ではありません。

このブラシは、スポンジ部分が使い捨てになっていて清潔、そして丁度いい固さなので便器がこすりやすいです。

以前は、スクラビングバブルの流せるトイレブラシを使っていました。

トイレに流せるので、掃除終わりがとてもラクだったのですが、先端が水に溶けてへたりやすかったです…

そのため、便器を傷つけないように気を遣いながら洗う必要があり、掃除後はけっこう疲れていました(笑)

しかしスコッチ・ブライトのブラシなら、スポンジがへたることはなく、便器のふち裏までしっかりと洗うことができます。

便器のふち裏までしっかりと洗う

流して捨てられないので手間はありますが、使用後のスポンジも手で触れずにラクに取り外せるため、個人的にはスコッチ・ブライトのほうが掃除がラクだと感じました。

トイレクリーナーの収納方法

我が家のトイレクリーナーの収納場所は、ここです↓

トイレクリーナーの収納方法

無印良品のゴミ箱ミニに入れて、棚の上に置いています。

この無印のゴミ箱は縦にクリーナーを入れることができるので、シートを取り出しやすいです。

また、蓋も指1本で開けられるほど簡単に開くので、掃除のとき苦労しません。

すこし前までは、クリーナーの入った袋の側面に切り込みを入れて、セリアのおしぼりケースに入れていました。

しかし、カッターで穴をあけるのが面倒だったり、掃除のときにシートが取り出しにくいので仕様変更を決意。

100均や生活雑貨店などいろいろと探して、無印のゴミ箱を選びました。

まだ無印のゴミ箱に変えてからそんなに経過していませんが、今のところ使い勝手はいいです。

袋の端を切り落とさないと蓋が浮いてしまうため、シートの乾燥だけすこし心配です。

乾燥することだけすこし心配

いちおう我が家で使っているシートと掃除頻度から計算すると、1袋使い切るのに2ヶ月くらいなので、なんとか乾燥しないで済むと踏んでいます(笑)

ちなみに以前使っていたセリアのおしぼりケースは、トイレブラシの先端を収納するのに再利用↓

再利用

トイレスリッパはサンダル

トイレスリッパはサンダル

我が家のトイレ用スリッパは、無印良品の足なりサンダルを使っています。

理由は、洗いやすくて乾きやすいからです。

トイレのスリッパは頻繁に洗いたいので、ラクに洗えて乾きが早いことを重視しました。

布地のスリッパのほうが種類は多いですが、どうしても乾きにくいです。

以前、布地スリッパを使っていたとき、冬や梅雨の時期は2日間乾かないということを経験してからサンダルにしています。

男性でもスムーズに履けるように、大きめのサイズを選びました。

トイレ収納は取り出しやすさ重視

我が家のトイレ収納は、あまり大きくありません。

そのため、トイレに置くものはかなり少数精鋭にしました(笑)

最低限必要なモノだけを収納し、取り出しやすくしています。

壁面収納

壁面収納

この壁面収納には、すこし前までパンパンにモノを収納していたのですが、取り出す際にモノを落とすことが多かったので見直しました。

現在入れているのは、消臭スプレー・サニタリー用品・トイレブラシの先端に付ける替えのスポンジです。

これくらいの量ならパンパンにならず、モノを落とすことがなくなりました。

ちなみに壁面収納の上2段は、トイレットペーパーを入れています。

この2段で1袋(12ロール)分のトイレットペーパーを収納できるので、在庫の扱いに困らなくなりました。

また、トイレの最中に「ホルダーのトイレットペーパーがなくなった!」という万が一のときも、真ん中の段に入れているペーパーは座ったまま取り出せるので、安心です(笑)

水道下の収納

水道下の収納

水道の下にもうひとつ収納があります。

ただこちらの収納は、排水管などがあるためほとんどモノは入りません。

そこで、サニタリーボックスだけ置いています。

この場所ならサニタリーボックスの蓋も開けやすいですし、床に置くモノを1つ減らすことが可能です。

ちなみにサニタリーボックスは、蓋が分離するものだと洗いやすくていいと思います。

狭いトイレは出しっぱなしが良い

狭いトイレは出しっぱなしが良い

我が家のように狭いトイレでは、掃除道具は出しっぱなしがおすすめです。

狭い場所でモノを出したりしまったりするのは面倒ですし、壁やタオルハンガーにぶつかって怪我をすることもあります。

浮かせる収納が好きなので、浮かせることも検討しましたが、狭いと浮かせたモノにぶつかって落としてしまうことが多かったです…

そのため、狭いトイレは出しっぱなしがいいと思います。

特にわたしと同じ掃除が苦手な人は、道具をしまうと「掃除しよう」というやる気を削ぐ可能性もあるため、出しっぱなしがいいでしょう!(笑)

そして、スコッチブライトの取替式トイレブラシはとてもおすすめです。