コーディネート秋コーデ

【洋服の片付け方】ぐちゃぐちゃ収納とオサラバできる自分にあった収納方法

closetコーディネート

クローゼットや机の上がぐちゃぐちゃだと、イライラしてしまいますよね。

しかし、自分で「汚い」と認識するまでごちゃついてしまったクローゼットはある程度時間をかけないと片付けることができません。

結果、ずっとイライラしてしまう!

そんな状況とオサラバするために、自分にあった収納方法を探すことが大切です。

今回は服の片付け方に関する情報を紹介します。

スポンサーリンク

片付けって人それぞれ

「片付け」と言っても、そもそも綺麗だと思う基準も違えば、どんな方法が合っているのかも人によって違います。

だからもちろん、片付けた状態を「どうすれば自分が継続できるのか」ということもまったく違うわけです。

そして結局自分に合った方法で片付けないと、すぐにぐちゃぐちゃになってしまいます。

わたしも今までのクローゼット人生の中で、イライラしていなかった時間はほとんどありません。

しかし、ようやく自分に合った片付け方を見つけることができました!

おかげでイライラが激減!

「保有服が多い面倒くさがり」かつ「意外と服のシワが気になってしまうタイプの人」は、わたしの片付け方法もオススメです(笑)

ひとまずわたしがやっている片付け方のポイントを紹介します。

  • インナー以外はハンガーで片付け
  • 種類別に並べる
  • すぐに洗わない服を置くゾーンを作る
  • 服を減らす

インナー以外はハンガーで片付け

わたしは①すぐに服がさがせること②戻すのが簡単なことを重視し、インナーやタオルなど以外はハンガーにかけるようにしました!

ちなみに、インナーは↑ニトリの収納BOXを3段重ねたものにしまっています(※1番上にインナーや靴下、2・3段目はオフシーズンの服)。

このハンガー片付けの効果はとても高かったです。

わたしは過去を振り返ってみて、引き出し収納がとんでもなくごちゃつきます。

服が多いせいもあり、着たい洋服を探してぐちゃぐちゃ。

また、気分が乗らないと適当にポイポイ収納してしまうのでいつの間にかぐちゃぐちゃ。

そもそも服をたたむという作業が面倒!

そんな悩みが、すべての服をハンガーにかけるようにしたら解消しました!

ハンガーにかかっていれば、洋服がパッと見て分かります。

「このコーデをしよう」と思ったときすぐに着る洋服が探せるようになり、時間の短縮になりました。

洗濯物を干すハンガーと収納するハンガーを同じものにすれば、ハンガーにかけ直す必要もないので、とても楽チンです。

洋服は種類別に並べる

ハンガーにかけた後は、このように↑洋服を種類ごとに並べるようにしています。

そうすれば、より服が探しやすくなる上にクローゼットに統一感が出て片付いて見える!

Tシャツやカーディガン、ワンピースなど種類ごとに分けていくだけなのでとても簡単にできます。

種類ごとに並べておけば、面倒なときに1着だけ違う場所にかけてしまってもすぐに気がついて直すことも可能です。

引き出しに入れていたときよりも確実に簡単に仕分けできて、ストレスが減りました。

同様に引き出しの中のインナーも種類ごとにケースに入れて収納し、引き出しもわかりやすく進化!

タオルと靴下が多いためまだ若干使いにくさが残りますが、これからは年1回の見直しで減らしていきたいと思います!

すぐに洗わない服を置くゾーンを作る

ホームセンターで買ったカラーボックス(3段)

デニムやちょっとスーパーまで行っただけの服などを、わたしはすぐに洗いません。

そして今まではその服の処理に悩んでいました。

「洗いたくはないが、きれいな服と一緒にしたくもない」という面倒くさい考えがあり、それはそれはスペースを取るものになっていたからです。

そのため、新たにすぐに洗わない洋服ゾーンを作ることにした結果、大満足!

この着た服ゾーンがあるおかげで、いつもスペースを取っていたデニムやらご近所着をしっかりと置くことができました。

確実にイライラが減りますので、一度着ただけでは洗わない服がある方にオススメです!

服を減らす

秋のクローゼット

減らしました、一応、自分なりに。

まだ多いのは置いておいて、とても楽です。

そもそも服を減らさないとハンガーとスペースが足りなかったのですが…本当にやってよかった!

服が減ったことで、ハンガーにかかった洋服同士の間隔を開けて置けるので探しやすい!

そして、服を減らすとともにコーデの固定化も行いました。

この2つをすることは、服選びの時間短縮にも繋がっています。

わたしは、1つのボトムに対して3つまでのトップスを割り当ててコーデを固定化を実践。

固定化することで、1つのアイテムが決まれば着る服がパッと決まるようになりました!

詳しくはコチラ↓の記事で説明しています。

脱線してしまいましたが、クローゼットの整頓をするために服を減らすことは効果的です。

忙しいときにどう片付けているか

わたしの片付け方法についてお伝えしてきましたが、この方法がピッタリと合う人は稀。

最初はいいと思っていても、いざやってみると結局「合わなかった」なんてことも多々あります。

実際にある程度の長い期間片付けたクローゼットを使ってみないと、自分に合っているのかがわからないんです…

わたしも半年ほど試行錯誤してようやく見つかったのが、この収納方法。

時間をかけて、自分が無理をしないで片付けられる方法を探していかないとなりません。

そのためには「具体的に自分がクローゼットを使う姿を想像すること」「過去なぜクローゼットが汚くなってしまったのか」を思い出すことが大切です。

例えば「服を選ぶときにハンガーのまま合わせることが多い」や「洗濯の後にハンガーにかけ直すのが面倒だった」「引き出しに目一杯詰めていてために取り出す度にイライラ」など。

もうひとつ一番重要なのは、忙しいときに自分がどんな行動をしてしまうのかということです。

わたしの場合忙しいと「洋服を綺麗にたたむことや順番を考えてしまうことができない」と分かったので、ハンガーにかけることにしました。

このように、まずは「忙しいときにやってしまいがちな片付け方」を考えることが、クローゼット整頓の第一歩となります。

失敗しない片付け方を見つけるためには、時間がかかるということも理解しておきましょう。

それでもダメなら人に片付けてもらう

何度も何度も失敗して、自分に合う片付け方を見つけるのは大変です。

もっと悪いのは、自分だけではその方法が見つけられない可能性があるということ!

なるべくなら自分で見つけたいでしょうが、挫折してしまっては意味がありません。

もし、何度かやってみて自分で片付け方法が見つけられそうにないという時には、誰かにアドバイスをもらいましょう。

身近に片付けが得意な人やミニマリストの方がいれば、アドバイスをもらうのがいいです。

くれぐれも、自分と同じ悩みを持っている方や片付けに興味ない方には相談しないように!

冷静に考えて、そういった方に相談しても片付けが前に進まない可能性が高いためです。

身近に片付けのスペシャリストがいないという人は、ココナラで頼むのもアリ!

ココナラとは「スキルのフリーマーケット」と呼ばれるサービスで、誰かの特技を買ったり・自分の特技を売ったりすることができます。

例えば、片付けが得意なお母さんが「片付けのアドバイスすること」を売ったり、片付けの資格を取ったが活躍の場がないという方たちが「学んだことを発揮したアドバイス」を売ったり。

そんなアドバイスが、他で頼むよりもとてもお安い!

中には整理・収納アドバイザーなどの資格があるプロに頼むことも可能なんです!

どうしても自分では「合った片付け方」が見つけられない方・試行錯誤などせずに一刻も早く片付けたい方はココナラも検討してみてください!

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし