ヘアケア・ヘアメイク美容・ヘルス

夏に暑くない、楽な髪型は「ロング」と「ショート」のどちらか?

暑くない髪型ヘアケア・ヘアメイク

自分の髪型に定番はありますか。

間違いなく似合う髪型があって、自分も飽きなければずっと同じ髪型にしているだけで「かわいい」ので楽です。

わたしの場合は、いまだ似合う髪型を模索中かつ飽きっぽいため、常に髪型を変えています。

ずっと「ショートにした後、ミディアムかロングにして、また飽きたら切ってショートに戻す」という流れの繰り返しです。

今回は過去の経験をもとに、夏に暑くない髪型は「ロング」か「ショート」かについて解説していきます。

スポンサーリンク

夏は髪をまとめられた方がいい

結論から言うと、夏におすすめなのは「ロング」です!

理由は「髪をまとめることができるから」と「寝癖直しが簡単だから」の2つあります。

さらに言えば、ロングのパーマが望ましいですね。

パーマのほうが寝癖直しをより簡単にできますので、可能であればパーマをかけるのがおすすめです。

ロングの方が暑くない理由

ロングの方が暑くない理由

わたしは今まで夏に「ロング」と「ショート」そして「ベリーショート」にもチャレンジしてきました。

そして、夏にしていて暑くなかった髪型は「ロング」です。

ロングは長さがあるので、頭頂部分に作るお団子ヘアなど、基本的にどんな髪型もすることができますよね。

首に髪の毛が触れる長さのショートヘアだと、太陽で熱せられた髪の毛で首も温められてしまい、暑くて汗をかきます。

また、首に髪の毛が触れることで他に何が嫌かというと「汗で濡れた髪の毛が首にまとわりつくこと」です。

だから夏は首まわりに髪の毛がまとわりつかないように、まとめることができる「ロング」の髪型がおすすめ。

ベリーショートよりもロングが暑くない理由

ベリーショートよりもロングが暑くない理由

首まわりに髪がつかないようにするなら「ベリーショート」のほうがいいのではと思う方もいるでしょう。

確かに夏のベリーショートは涼しいですよね。

しかし、髪はすぐに伸びます。

伸びたらすぐに美容院へ行くマメな人なら問題はありませんが、伸びた髪を放置してしまう人の場合にはベリーショートはNGです。

なぜなら、ベリーショートが伸びるとすぐ首に髪の毛が触れる長さになってしまいます。

しかも、まだゴムでまとめることのできない厄介な長さなんですよね。

さらに言えば、外出前の準備で手間がかかるのは断然「ショート」であると実感しています。

ショートのときは、コテやアイロンを必ず使わないとセットがうまくいかないですし、ワックスのつけ方が難しいです。

そのため、ある程度雑にまとめても様になるロングの方が夏に向いている髪型だと言えます。

ロングのパーマは外出前の準備が楽

ロングのパーマは外出前の準備が楽

そもそも夏の朝、出かける前にコテやアイロンを使うのはものすごく面倒なんですよ。

まず、起きたばかりの部屋は冷えていないことが多いです。

その暑い部屋の中で、200度近い温度まで熱したコテやアイロンを使うだけでも汗をかきます。

わたしは化粧が終わってから髪の毛を処理するので、汗をかくと化粧直しも必要になってくるのでより面倒です。

また、ショートの場合は挟む髪の長さがあまりないので、コテやアイロンだけではうまく寝癖を直すことができません。

結果、朝起きてからシャワーを浴びることことになり、体が温まって汗をかくこともありますし、濡らした髪を乾かすためのドライヤーでも汗をかきます。

一方でロングは、長さに比例して重さもあるので、そもそも寝癖がつきにくいです。

また、髪の長さがある方がコテやアイロンを使いやすいため、ついた寝癖をシャワーに頼らず直すこともできます。

このように、貴重な朝の時間がもったいないので、ショートよりもロングがおすすめ!(笑)

そして最初にお伝えしたように、もし可能であればロングにしてパーマをかけていると、もっと身支度は楽です。

ロングがいくら寝癖直しを簡単にできると言っても、最低限コテを使って直したり毛先だけ巻いたりする必要がありますよね。

そんなときにパーマをかけていれば、水かムースをつけることでパーマが復活します。

パーマが復活したらあとはもう、てきとうに髪をまとめればOK。

準備で汗をかくことが減るという点からも、夏に暑くない髪型は「ロングのパーマ」だと思います。

夏にロングを選ぶデメリット

夏にロングを選ぶデメリット

ただし、夏にロングを選択することにはデメリットもあるんですよね。

それは「ドライヤーに時間がかかること」です。

夏は汗をかくので、どんなに疲れていても毎日髪を洗わないと寝られませんよね。

しかし、ロングの場合はお風呂上がりの「ドライヤー」がしんどいです。

ドライヤーは時間がかかればかかるほど、腕が疲れますし汗をかきます。

当たり前ですが、ショートと比べてロングのドライヤーの時間はものすごく長いです…

だから、夜寝る前はショートよりもロングの方が暑くなってしまいます。

少しでも早く乾くドライヤーを購入するか、ドライヤーはお風呂上がりにしばらく涼んだあとでかけるといいでしょう。

ロングは「夜ドライヤーが暑くて面倒」ですが、それを差し引いても夏に暑くない髪型はロングだと思います。

ちなみに、わたしはお風呂で髪を洗って手で脱水したあとに↓このようなマイクロファイバーの帽子?をかぶることで、ドライヤー時間の短縮に成功しました。

髪を洗ってすぐにマイクロファイバーをかぶることで、湯船につかったり体を洗っている内に髪の毛の水分を吸収してくれます。

「とにかくドライヤーを早く済ませたい」という人は参考にしてください。

パーマを復活させる方法

パーマを復活させる方法

パーマは、寝ると伸びてまっすぐになってしまうことがほとんどです。

しかし、髪を湿らせればパーマが復活します。

水でもいいのですが、個人的には髪をまとめやすくなる「ムース」がおすすめです。

わたしが今まででいちばん使いやすくて好きだと思ったムースは↓コチラ。

やっぱりミルボンの製品(笑)

ムースを揉み込んで使うことでしっかりとパーマが復活することと、つやつやした髪になること、何よりも香りがとても好みでした。

このムースは、時間がないときでも、あっという間にパーマの復活させ、髪をいい香りにしてくれるので、ほんとうにおすすめです。

頭皮の汗を抑えるためにできること

頭皮に汗をかくとせっかく整えた髪が崩れてしまうので、できるだけかきたくありません。

また、頭皮にかいた汗は首に流れていくので、汗で髪の毛が首にはりつく原因になります。

だから、なるべく頭皮の汗を抑えるように努力をしなくてはいけません。

わたしが頭皮の汗を抑えるときに試してみたことは以下の2つです。

  • 首を冷やす
  • 髪をギュウギュウに結ばない

首を冷やす

首を冷やす

首を冷やすと頭の温度も下がると思います。

家なら、保冷剤をタオルやハンカチにくるんで首に巻くのがおすすめです。

出先で冷やすのは、ギャツビーなどの冷感系のボディシートで拭くのが楽ですね。

もしくは家を出る前に冷感系のクリームを首に塗っておくと、しばらくの間は涼しくなります。

髪をギュウギュウに結ばない

髪をギュウギュウに結ばない

あくまでも実感ですが、髪はギュウギュウに結ぶよりも、ゆるっと結んだ方が髪の間を風が通り抜けるので涼しいです。

またゆるっと結んでいた方が、かいた汗が首の方に流れやすく、拭きやすいと思います。

髪を結んでいる状態で頭皮の汗を拭くのは難しいですが、首まで流れてくればすぐに拭くことが可能です。

夏に暑くないのはロング!

わたしの実体験をもとにして、夏におすすめの髪型について紹介してきました。

結論は、ロングのパーマです。

髪の毛をしっかり結んで、首に一切かからないようにするのが夏を快適に過ごす髪型だと言えます。

そして髪の毛を簡単にセットするには、パーマをかけるのがおすすめです。

参考にしてください。

【ホットペッパービューティー】人気のヘアサロン検索

思い立ったらすぐに予約しよう

美容院の予約を取りそびれてしまって、「失敗した…」と感じることってありませんか?

私は以前まで、以下のような失敗を繰り返していました。

  • 「白髪が気になる」と思った時点で美容院の予約をしなかったため、白髪を隠すためのヘアスタイリングに時間がかかる
  • 友達の結婚式があるのに、早めに美容院の予約をしていなかったせいで、良い美容院が見つからない
  • 「伸びたな」と思ったものを放置してしまい、いつのまにか前髪がとんでもない長さになっている

だから、美容院の予約は思い立った時、スグに取るべきです。

とはいえ、美容院に電話をかけるのって意外とハードルが高いですよね。

夜に「美容院の予約しなくちゃ」と思っても、営業時間外でつながらないということも多々あります。

そんな失敗を経験して、わたしは美容院の予約をHot Pepper Beautyに一本化しました。いわゆる、ネット予約です。

24時間いつでも美容院の予約ができますし、ヘアカタログも載っているので予約した後すぐに理想のヘアスタイルを探すこともできます。

また、クーポンを使ってお得な料金で予約することもできます。

通常よりも安い料金でカット&カラーができたりするので、ぜひ使ってみて欲しいです。

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし