ジャケット・コートファッション

スプリングコートは「要る?要らない?」3つの買ってよかった理由

springcoatジャケット・コート

スプリングコートは要るのか、要らないのか。

答えは「要る」です!

わたしは2年ほど前にスプリングコートを購入し「買ってよかった」と感じています。

しかし、購入するまではずっと「買わなくてもなんとかなるよな」と買うかどうか悩んでいました。

今回はわたしと同じように「欲しいけどなくてもいい気がする」と思っている人に向けて、買ってよかったと思う理由を紹介します。

スポンサーリンク

スプリングコートを買う理由

わたしが購入したスプリングコートは↓コチラです。

購入したコート表
購入したコート裏

中は取り外して単体で着られます。

そして、この3つ↓がスプリングコートを買ってよかった理由です。

  • 軽い
  • 季節感を統一できる
  • 華奢に見える

軽い

スプリングコート最大のメリットは「軽い」こと!

冬に着るウールのコートは暖かさがいちばん大切なことで、軽さは二の次になっています。

そのため、春が近づき暖かくなってくれば、暖かさが劣っても軽いコートを選ぶ理由は十分です。

いくら軽くてもダウンのように保温効果が高すぎると、春先には暑くてとても着られません。

コートの中の洋服で暖かさを調整しながら着ることができる、軽いスプリングコートは便利です。

季節感を統一できる

2月になると、洋服屋で売られている服もすでに春物ばかりになります。

まだ寒いにも関わらず、ついつい春物を買ってしまうなんてこともあるでしょう。

そして、買った春物はすぐに着たくなるのが人の心理です(笑)

しかし、春物の明るい色とウールのコートは季節感がちぐはぐしてしまい、統一感を出すのが難しくなります。

その点スプリングコートは名前の通り「春用のコート」なので、統一感を出すのが簡単です。

華奢に見える

スプリングコートは生地が薄くて女性らしい形のものが多いため、華奢に見えます。

冬物のコートはどうしても生地に厚みがあって、自分の体よりもひと回り大きなシルエットに見えていました。

冬物の分厚いコートからスプリングコートにコートを変えただけで、少し痩せて見えることもあります!

冬の間に太ってしまったという人は、スプリングコートの購入を積極的に考えてもいいかもしれません(笑)

おすすめのスプリングコート

わたしは自分が購入したスプリングコートに大変満足しています。

そこで、わたしのスプリングコートを元にして、買うべきスプリングコートの形状についてお伝えしていきます。

ライナーがついている

ライナーがついている

スプリングコートには暖かさを増すために、取り外し可能な「ライナー」つきのものが多く売られています。

この「ライナー」は絶対についているもののほうがいいです。

わたしが購入したコートにもついていて、その便利さを感じています。

たとえばちょっと寒い日はもちろん、1日中室内に居る予定などコートの中の服を薄着にしたいときにもライナーつきコートが便利です。

早めに買ってしまった薄手の春服を着るときにも、ライナーつきコートが役に立ちますね。

ライナーのボタン
↑こんな感じでボタンでライナーを取り外します

ただし、わたしのライナーは重くてコートにつけるとスプリングコートの「軽さ」がなくなってしまうのが欠点です。

できる限りライナーも軽いものを選ぶと後悔しません!

スタンダードな色

スタンダードな色

スプリングコートは、ベージュや紺などスタンダードな色が正解だと思います。

なぜなら、スタンダードな色のコートは使いやすく、また長く着ることができるからです。

実際に紺のスプリングコートはどんな服でも合うので、とても使いやすくて重宝しています。

3ヶ月ほど着る冬のコートと比べて、スプリングコートは1ヶ月ちょっとしか着ないことが多いですよね。

そのため、2〜3年着られるものを選ぶと「ぜんぜん着られなかった」と思いながら手放すことにはならずに済みます。

わたしの紺のコートも2年前に買いましたが、手放すことはなく、今年もまた着る予定です。

前が閉まる

前が閉まる

コートは、絶対に前が閉まるもののほうが防寒になります。

だから前を開けて着るコーデが多いスプリングコートでも、前が閉まる作りのほうがおすすです。

春とは言えまだまだ寒いことも多いので、寒いときに前を閉められるコートのほうが安心できます。

わたしの買ったスプリングコートは、ホック型の留め具がひとつだけついているタイプです。

そんな簡易的なものでも、風が強いときなどは「前が留められてほんとうによかった」と思いました。

ただし、ホックよりもボタンがついている方がよりしっかり留まるので、理想はボタンがついているコートです。

丈が長い

丈が長い

わたしが持っているコートの中で、スプリングコートの丈は約110cmといちばん長さがあります。

買ったときは特に丈の長さを意識したわけではありません。

しかし、スプリングコートを着て過ごしてみると「丈は長くて正解だった」と強く感じました。

理由は、やっぱり防寒になるからです。

特にスカートを履くときに、丈の長いスプリングコートは助かります。

春になると、冬の間寒くてあまり履いていなかったスカートを履きたくなりますよね。

そして構造上スカートはパンツよりも風が入って寒いですし、パンツの中には厚手のスパッツが履けますがスカートの場合はストッキングなど薄手のものになってしまいます。

だからこそ下半身まで隠れる長さのスプリングコートを着ることで、スカートのときでも暖かさを手に入れられるわけです!

買うべきスプリングコートの特徴

買うべきスプリングコート

改めて、買うべきスプリングコートについてまとめると以下のようになります。

  • ライナーがついている(できる限り軽いもの)
  • スタンダードな色
  • 前が閉まる(理想はボタン)
  • 丈が長い

この4つの点に気をつけていれば、スプリングコートの購入で失敗することはないでしょう。

そして、スプリングコートを買うときには「数年着られるものか」をよく考えて購入を決めてください!

スプリングコートでコーデ

最後にちょっと寒い時期と、暖かくなってきた時期のコーデを比較しながら紹介します。

【ライナーあり】ちょっと寒い時期

コート:greenlabelrelaxing/トップス:無印/パンツ:SLOBEIENA/靴:DIANA

まだちょっと寒いときには、暖かいウールのパンツにマフラーを巻いた防寒をメインにした洋服でコーデ。

そんな厚着のコーデにも、スプリングコートは問題なく合います。

ライナー付きで着ていますが、着ぶくれ感もあまりありません。

【ライナーなし】暖かくなってきた時期

コート:greenlabelrelaxing/トップス:BEAMS/パンツ:GU/靴:CONVERSE

ちょっと暖かくなってきたら、ライナーを外して着ます。

春に着たくなるボーダー柄のとの相性も◎

ライナーがあってもさほど着ぶくれ感はありませんでしたが、やはりライナーを外したほうが華奢に見えます。

また重さがぜんぜん違うので、どちらかと言うとライナーを外して軽くした状態のほうが使う頻度が高いです。

スプリングコートを買うときは、ライナーはあくまでもオマケとして考えて、ライナーを外して使うことを意識して選ぶのがおすすめ。

スプリングコートは要る!

「要るのか要らないのか」と迷って、ついつい買い時を逃してしまうスプリングコートですが、個人的には絶対に「要る」です。

春になってもまだまだ寒い、朝と夜を過ごすためにスプリングコートが役に立ちます。

また、コートはロングカーディガンと違い、フォーマルな場所に着ていっても恥ずかしくありません。

カジュアルな場所とフォーマルな場所のどちらでも使えるスプリングコート、買って損はないです!(笑)

季節ごとに「何を買うか」と悩みたくないなら、ファッションレンタルもおすすめ。

▷airClosetを試してみる ▷EDIST. CLOSETを試してみる

わたしがシューズ選びで失敗しない理由

わたしは今まで、シューズを買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(シューズだけでなく、洋服やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

パンプスだけでなく、スニーカーなど靴全般の購入には「PrimeWardrobe」を利用するのがおすすめです。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

Amazonプライム会員とは? 
無料お試し期間【30日間】
※無料体験期間中は本会員とまったく同じサービスが利用可能
おもな会員特典①「お急ぎ便・お届け日時指定便が無料」

②「Prime Video」
対象の映画やTV番組が見放題

③「Prime Music」
100万曲以上の楽曲が聴き放題

④「PrimeWardrobe」
洋服・シューズなどを自宅で自由に試着できる

⑤「プライム限定価格」
対象商品がお得な割引価格で買える

※他にもお得な特典アリ!
▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし