洋服の整理・収納

【衣替え】のときに気をつけている4つのこと

seasonalchangeofclothing洋服の整理・収納

衣替えは、とても面倒ですよね。

できればなくしたいと思っていますが、まだ洋服が多いわたしには無理な話です…(笑)

今回は、衣替えで「気をつけていること」について紹介したいと思います!

コチラの動画で、衣替えの様子をご覧いただけます、よろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

衣替え4つの注意点

では早速、わたしの考える衣替えにおける注意点はコチラです↓

  1. 洋服の傷み加減を確認する
  2. 出す洋服のコーディネートを確認する
  3. 洗濯機に洋服を詰め込みすぎない
  4. よく乾かして収納する

ちなみに今回は違いますが、夏服をしまったり冬服を出したりして着る服がなくなるので、衣替えは、1日外出しない日にパジャマで行います(笑)

わたしは布団の衣替えをいちばん先にするので、パジャマは外出着の衣替えより遅くにすることが多いです。

1.洋服の傷み加減を確認する

1.しまう洋服の傷み加減を確認する

まずは、しまう洋服の傷みを確認します。

もし、翌年には着られないと思うほど傷んでいるようであれば、この時点でサヨナラです。

たとえば「毛玉取り器で取り切れないほどしつこい毛玉が付いていないか」や「色あせ」「汗ジミ」「伸び」などがひどい服は破棄します。

破棄しておけば、次の衣替えのときに状態を確認する服が減って、すこしラクです。

今回は、虫食いだと思われる…穴の開いたカーディガンのみオサラバしました!

そして、入替える洋服の状態も改めて確認します。

わたしは、手持ちの洋服を翌年に持ち越して着ることが多いため、しまっている間に傷みが悪化していることもあるからです。

2.出す洋服のコーディネートを確認する

2.出す洋服の状態・コーディネートを確認する

次のステップは「新しく出した洋服のコーディネートチェック」です。

主に着るコーディネートは固定化して決めているので、それが変じゃないか、似合わなくなっていないかについて確認します!

ちなみに以前は、洋服をいちど着てコーディネートを確認していましたが、最近は面倒で着ていません…(笑)

だんだん服がすくなくなってきて、コーデがほとんど変わらないということも理由です。

ただ、コーデを床置きで確認したときに「似合わなくなっているかも」と感じた洋服は、着るようにしています!

確認して、流行遅れ感がひどいコーディネートや、あまりにも似合わなくなってしまった洋服は、破棄やパジャマへの降格の対象です。

太って着られないなんて服も手放しますね…

3.洗濯機に洋服を詰め込みすぎない

3.洋服を洗濯する

そして、それぞれ選別した「しまう洋服」「出す洋服」を洗濯し乾かします。

特にしまう洋服は、収納前に汚れを落とさないと、洋服が傷んだり、カビが生えてしまうかもしれないため、しっかりと洗濯

わたしは、実際にカビを目の当たりにしたこともあるので…洗濯・乾燥は、しっかりと実施するようにしています。※直近で洗っている洋服は洗いません。

ほんとうはクリーニングに出して、プロに任せるのがいいのだと思いますが…節約のために自分で洗濯!(笑)

基本的には着たら都度洗うようにしていますが、スーパーに行っただけで汗もかいていないなんていう服は、スグに洗わないこともあります…(笑)

そのような1度着たまま放置している服や、夏用の上着など結局1度も着なかった服などが洗濯の対象です。

また、交換して新しくクローゼットに入れる洋服も洗濯。

ベランダに干して風に当てるだけでも匂いが取れるということもあるようですが、わたしの服?防虫剤?は洗わないと匂いが取れないので洗います…(笑)

洗濯量

ちなみに、洗うときに気をつけているのは「服がしっかり洗える量を洗濯機に入れる」ことです。

今まで、衣替えしたすべての服を洗濯機に一気に詰め込んでしまい、結局ちゃんと洗えず匂いも取れず…洗い直すなんてことがありました。

洗濯機を何度も回すのは面倒ですが、二度洗いはもっと大変なので、ちゃんと洗える量に調整して洗うことにしています。

ちなみに、分けて洗うと乾かない洋服も出てくるので「次の日に着たい洋服を先に洗う」など細かい部分にも気をつかわないといけません。

4.よく乾かして収納する

乾燥

やはりカビ防止のため、しっかしと乾かし、乾燥後すこし時間を置いて洋服の熱を感じなくなってから収納します。

あとは、洗った洋服をクローゼットに収納すれば完了です。

しまう洋服は、ケースに入れてクローゼット上段へ収納。

4.乾いた服をクローゼットに収納する

そして新しく出した洋服は、インナー以外すべてハンガー掛けにして、自分が決めたコーディネート毎にまとめて掛けるようにしています。

コーディネート毎に掛けるようにしてから、服選びに迷わなくなりました!

不思議なもので、コーディネートを固定するようになってから、決めた組合せ以外で着るときも、以前より早く選べるようになっています!

衣替えの反省点

今回衣替えをしたとき、収納ケースに取り付けたネームタグの表記通りに洋服をしまえていなかったため、出したい洋服を探すのに手間取りました。

衣替えのときはだけでなく、急な気温変化で服を出し入れするときにも、ネームタグ通りにケースへしまわないと面倒なことになると学びました!

こういったこともあり、衣替え自体がやっぱり面倒…

どうにかしてラクしたいと常々考え、思いついたのは「通年着られる服を増やす」ということです。

真夏・真冬に着る服は仕方がありませんが、デニムのように通年で着られるアイテムが増えれば、入れ替えるアイテムの数が減ると思います。

実際、バッグと靴は通年使えるアイテムを増やしており、かなりラクです。

ワンピース
工夫次第で通年着られそうな、長袖トップスがセットになったワンピース

そのため、洋服でも通年アイテムを増やしたいと思い↑このワンピースを購入しました(笑)

袖のないタンクトップ状のワンピースに長袖のトップスが付いているワンピースです。

夏は長袖を着ずにTシャツと合わせて着たり、冬は温かいインナーと上着を着れば寒くないと思います。

現状ただただ増やしただけで、どれを見直してというのも考えられていないのですが…(こういうところがミニマリストになれない(笑))今後はこういった通年着られる洋服を増やしていきたいと思っています。

また、9月はまだ売っているニットの種類がすくなかったり、暑い日があるため、衣替えは10月に入ってから行うのがいいと思いました!

来年は失敗せずに衣替えできるよう頑張ります!

おすすめの「ファンションレンタル」
サービス名EDIST. CLOSETairCloset
airCloset
アイテム数・ひと月で4着・1度で3着
料金・8,360円/月(税込)〜
※1年契約プラン
・7,480円/月(税込)
※月1回交換プラン
返却料・返却無料・返却1回につき330円
おすすめ度4.54.0
良いところ⭕返却料無料
⭕自分で服を選べる
※トライアルには制限有
⭕ブランド品
⭕借り放題できる
※ライトには制限有
悪いところ❌借り放題できない❌返却料がかかる
公式サイトEDIST. CLOSETairCloset
この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし