ライフスタイル

【収納の決め方】我が家の簡単ルール5つ

ruleライフスタイル

我々夫婦は、わがままでものぐさです(笑)

たとえば収納は、スムーズに必要な物が取り出せないとイライラするため、取り出しやすさや見やすさを重視しています。

しかし一方で、あまりにもキッチリした収納だと、しまうときにストレスを感じてしまうのです…

今回は、わがままな我々の「収納の決め方」及び「5つのルール」を紹介します!

コチラの動画でも紹介しています、よろしければご覧ください↓

スポンサーリンク

我が家の収納ルール

  1. 出し入れしやすいようにする
  2. 使う場所の近くに収納する
  3. 掃除しやすい状態にしておく
  4. 夫婦2人が納得した収納にする
  5. 使いにくければ、スグに見直す

1.出し入れしやすいようにする

まずひとつ目のルールは、出し入れしやすくすること!

当たり前ではありますが…自分たちが出し入れしやすい収納を見つけるのは意外と難しいです。

1.出し入れしやすいようにする
現在の薬収納

たとえば薬の収納は、現在このようになっていますが、以前は100円ショップダイソーの引出しを使っていました。

引出し
以前の薬収納、現在はあまり使わない文房具などを入れています

引出しに入れてラベリングすることで、薬が探しやすくなると思いましたが、いざ使ってみたら出し入れが面倒…

そのため、現在は3連クリアケースを使った収納にしています。

この収納にしてから、出し入れのストレスをほとんど感じなくなりました!

見やすくすると取り出しやすくはなりますが、ものぐさなので…あまりキッチリしていると、しまうときにストレスを感じることもあります。

現在の薬棚も、ざっくりとした場所は決めていますが、ラベリングはしていません。

理由は、引出しのようにラベリング通りに入れなくても、見れば必要な薬が取り出せるからです。

そのため、すこし入れ間違いがあってもOKということにしています。

キッチリしまわなくても問題ない方法にしたことで、ストレスが減りました!

2.使う場所の近くに収納する

これまた当たり前のことですが、収納するモノを「よく使う場所」にしまうようにしています。

先ほどの薬棚も、キッチンに近い収納棚に作ることで、水と一緒に服用する薬をのむときもラクです。

また、料理中に使う調味料は、コンロの横や下にある収納、もしくはコンロの後ろにある冷蔵庫の中に収納しています。

リビング隣に移動

最近の変化だと、毛玉取り器などの服やカバンの手入れ道具を、わたしのクローゼットからリビング隣の部屋に変更しました!

平らなところで使用する毛玉取りやカバンのブラッシングなどは、リビングやベランダで行っており、クローゼットに置いておくよりもラクです。

リビングで使う

手入れをするときに、服と手入れする道具を両方持ってリビングまで移動しなくてもいいよう、手入れ道具の保管場所を変えました。

まだ変えたばかりなので、不便を感じたら、違う場所を検討したいと思います!

3.掃除しやすい状態にしておく

掃除が苦手なので、なるべく掃除がしやすい収納になるよう心がけています。

たとえば、床には可能な限りモノを置かないようにしたり、移動しやすくすると、掃除機がかけやすくてラクです。

そもそも頻繁に掃除する人間ではないので「掃除するぞ!」と思ったときに、面倒だと感じてしまうとせっかくのやる気がなくなってしまうため、掃除しやすい収納はかなり重要!

ケースに入れる

キッチンツールを入れている引出しは、2つの収納ケースを入れて仕切っていますが、正直なところ取り出しやすさは、そこそこです(笑)

掃除しやすい

しかしケースに入れることで、引出しの中を掃除するときに中身を出しやすくなり、掃除がラクになります。

4.夫婦2人が納得した収納にする

続いてのルールは、収納を決めるときに必ず2人で相談することです。

身長や面倒だと感じることがお互い違うため、置く場所や置き方などを話し合いながら決定します。

今まででいちばんたくさん相談したのは、洗面所の鏡裏にある収納です。

下段の様子

真ん中の鏡の一番下段に何を置くか、どう置くかで若干モメましたが(わたしがモノを増やすことが多いため…笑)旦那さんの「付属ストッパーを外す」というアイデアで解決!

ストッパーを外したことで、毎日使う細々したモノを入れるケペン立てを縦向きで置くことができるようになりました。

ストッパーがあると縦向きに入らない
ストッパーがあると、現在の縦向きに入りません

ペン立ての向きを変えたことでスペースが増えて、夫婦2人が納得した収納を作れています。

我が家では、何度も話し合うことで、いいアイデアが生まれることが多いです!

5.使いにくければ、スグに見直す

今まで4つのルールを紹介する中ですこし触れていますが、収納を変更して数日間は「お試し期間」として扱っています。

もし数日使って不便を感じるようであれば、スグに収納の見直しが必要です!

使いにくい収納を見直さないまま使っていると、その収納周辺が散らかってしまうため…!

現在の形

たとえば、わたしのクローゼットは細かい修正を何度も繰り返し、現在の形に落ち着いています。

この形になるまで細かい修正も入れれば10回ほど手直ししており、引っ越し当初は、使いにくいまま放置することもありました。

失敗例
失敗例(収納ケースを床に並べて置いていたが、使いにくかった…)

放置というか「慣れる!」と信じて使い続けたりしましたが、結局慣れない…

さらに、使いにくいためにどんどん汚くなっていくクローゼットを見てイライラするという負の連鎖でした…

そんな経験から、使いにくい収納はスグに直さないといけないと学んだわけです(笑)

リビングや洗面所など、旦那さんと共同で使う場所の収納についても、どちらかが「使いにくい」と感じたらスグに見直すようにしています!

収納ルールは大したことない

収納ルールは大したことない

こうして収納ルールについて紹介してきましたが、ぜんぜん大したことないルールでした(笑)

ただ、このように簡単なルールでも決めておくと、見直しが必要になったときにラクだと思います。

たとえば、持ち物や自分自身の好みが変わったりするので、その都度見直しが必要です。

そういった定期的な見直しのときにルールが決まっていないと、面倒になって見直しを先延ばしにする可能性もあります。

合わない収納で家を散らかす前に、収納の決め方・ルールを決めておきましょう!(笑)