EDIST.CLOSETファッションレンタル

【超絶カンタン!】EDIST.CLOSETの返却方法

EDIST.CLOSET

わたしは先日、返却料がタダのEDIST.CLOSETで初めてレンタルファッションを試しました。

レンタルファッションとは、レンタルクローゼットと呼ばれることもあるサービスです。

内容はそのまま、ファッション(服・コーディネート)をレンタルするサービス。

ほとんどのファッションレンタルは、月額制で一度に決められた数の洋服を借りることができます。

ファッションレンタル各社の違いは、借りられる服の数や取り扱いブランド、借り放題ができる会社もあったりと細かなもので大きな仕組みに違いはないようです。

そのため、どのファッションレンタルサービスを選ぶかの基準も人それぞれ。

どんな服を取り扱っているかやレンタルのサイクル、レンタル数などが重要視されそうでしょうか。

わたしはとりあえず色々試したかったため、サイトの見やすさからEDIST.CLOSETに決めました(笑)

しかしながら、EDIST.CLOSETよかったです!

↓詳しい感想はコチラで書いています↓

EDIST.CLOSETでは、1ヶ月で4着服を借りることができます。

そして、EDIST.CLOSETの基本的なレンタル方法は2通りあります。

スタリストさんが選んだコーディネートをセットで借りるか、自分で4着借りたい服を選んで借りるかです。

ちなみにEDIST.CLOSETのプランと料金は以下のようになっています。

1ヶ月のトライアルプラン10,120円/月(税込)
3ヶ月間のレギュラープラン9,460円/月(税込)
6ヶ月間のゴールドプラン8,690/月(税込)
12ヶ月のプラチナプラン8,360円/月(税込)

わたしが頼んだのは、1ヶ月のトライアルプランでした。

洋服そのものはすごく良かったです。

でも、トライアルプランはだめ…

トライアルプランは、自分で洋服もサイズも選べないおまかせになってしまうからです。

ちなみにサイズはMサイズになります。

届いた洋服は生地やデザインもよく、ポケットもあったりと機能性も優れたものでした。

しかし、1着だけとんでもなく似合わない服がありました。

やっぱりおまかせだとこういうことが起こってしまうんですね…レギュラープランにしておけばよかったです。

レギュラープランのほうがトライアルプランよりも価格が安い上に、借りたいセットを選べますし、自分で4着服を選んでレンタルする借り方もできます。

だから、トライアルプラン以外を選ぶほうがオススメです。

つまり、わたしの初レンタルファッションはちょっぴり失敗。

さて、1着分だけ残念だったわたしの1ヶ月レンタルが終了を迎えました。

いざ迎えたEDIST.CLOSETの返却。

これほどカンタンだとは!!

実際にレンタルする前から、カンタンだと感じてはいましたが…ここまでとは

驚きです!

今回は、超絶カンタンなEDIST.CLOSETの返却方法について紹介します。

[⇒EDIST.CLOSETはコチラ]

スポンサーリンク

2分で終わる!

ハンガーは返却しなくてよかった…

EDIST.CLOSETの返却方法は、ものすごく簡単です。

なぜなら、返却用の袋と着払い伝票が入った状態で洋服が届くから。

着払い伝票には、返送先の住所や名前(EDIST.CLOSET)はもちろん送り主(借りた人)の住所・名前も印字されています。

だから自分の名前すら書く必要もなく、ほんとうにただ貼って出すだけ。

めちゃめちゃ楽チンです!!

↑返却する服と返却袋

この洋服を返却袋に入れ、伝票を貼ればあとは出すだけ!

↑服を入れて伝票を貼るとこんな感じ

ちなみに袋に入れるときは、洋服を四つ折りにしないとはいりませんでした。

↑三つ折りだとこんな感じ

上の写真のように、三つ折りだとハンガーの引っ掛ける部分が入りません。

ハンガーは返すべきなのか、悩みました…

でも小心者のわたしは「返さなくて、ハンガーだけ送り返すことになったら嫌だな」と思い、返すことに。

よくサイトを確認したら…ハンガーは返却不要の旨書かれてました!

返しちゃった…すみません…

ハンガーがない状態なら、三つ折りでも入ります!

もし万が一袋をなくしてしまった場合は、4着がまるまる丈夫な袋に入れて返却すればOK。

※2着ずつで2袋など、袋を分けて返却することは認められていません!

気をつけなければいけないのは、ダンボールでは受け付けてもらえないこと!

EDIST.CLOSETの推奨は、洋服屋さんのショップ袋のようです。

そして、万が一着払い伝票をなくしてしまったら…元払いで送らなければいけない!!

まぁせっかくつけてくれた伝票をなくしているんだから、当たり前ですよね。

だからこそ、伝票だけは絶対になくしてはいけません!

冷静に考えれば、4着まるまる入る大きさの袋なんてあんまりないので袋もなくさないに越したことはないですね。

クリーニングの心配

レンタルファッションを利用する人が誰しも悩む、クリーニング問題!

わたしは、クリーニングも洗濯もせずに返却しました。

※クリーニングや洗濯は、洋服のタグを見て正しい選択方法ならしてもいいみたいです。

似合わなかったワンピース以外の洋服を、家と近所の外出に何回か着ました。

そんなに汚れるようなこともなかったので、そのまま返却。

もし返却後に「臭すぎます」と怒られしまったら、素直に謝ろうと思いました。

でも来たのは「返却かくにん」という感じのメールのみ。

一安心!(笑)

ほんとうにクリーニングはしなくてOKのようです。

煙もくもくの飲食店などで着てしまうとさすがに匂いが強烈そうなので、クリーニングした方がいいかもしれませんが…

ちなみに、レンタルで一番こわいこと…「借りた服を汚してしまった」というときは、どうすれば良いのでしょうか。

EDIST.CLOSETのWEBサイトには、以下のように書かれています。

「汚してしまった!」と気がついたら、すぐにEDIST.CLOSETに連絡します。

そして汚した服が次のレンタル希望者の方が使えないほどの状況なら、弁償もあり得るということですね。

レンタルファッションの最大のデメリットは、この”いつも服に気を使わないければいけない”というところだと思います。

対処法は、汚れるかもしれないところには着ていかないということくらいでしょうか。

EDIST.CLOSETの洋服はオシャレなので、ショッピングなどのお出かけやオフィスなどの汚れる心配のないお出かけに向いているかもしれませんね。

あまりないことですが、盗難にあっても同じように弁償となってしまう場合があるので、注意が必要です。

返却のことを考えれば、EDIST.CLOSET

今回はEDIST.CLOSETのレンタル終了後、洋服の返却についてお伝えしました。

簡単すぎて、紹介記事もあっという間に終了です(笑)

これだけカンタンに返却できるEDIST.CLOSET、これからファッションレンタルを始めようかなと考えている方にオススメ!

わたしもはじめてのファッションレンタルを、EDIST.CLOSETにしてよかったと思っています。

手続きはとてもカンタンだったし、服のクオリティも高かったです。

ただし、EDIST.CLOSETの服はすべてオリジナルデザインなので、服が好きかどうかはすごく大切なことだと思います。

わたしは事前にWEBサイトやインスタを見て「このデザインなら借りたいな」と思ったので、EDIST.CLOSETでファッションレンタルをすることに決めました。

もしEDIST.CLOSETを利用しようかな思っている方は、一度WEBサイトなどで洋服のラインナップを確認してみてください!

[⇒EDIST.CLOSETはコチラ]

おすすめの「ファンションレンタル」
サービス名EDIST. CLOSETairCloset
airCloset
アイテム数・ひと月で4着・1度で3着
料金・8,360円/月(税込)〜
※1年契約プラン
・7,480円/月(税込)
※月1回交換プラン
返却料・返却無料・返却1回につき330円
おすすめ度4.54.0
良いところ⭕返却料無料
⭕自分で服を選べる
※トライアルには制限有
⭕ブランド品
⭕借り放題できる
※ライトには制限有
悪いところ❌借り放題できない❌返却料がかかる
公式サイトEDIST. CLOSETairCloset
この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし