ファッション通販

梅雨以外も使える!ぬれた靴をはやく乾かす4つの方法

rainファッション通販

雨が降っていちばんつらいことは「靴がびしょびしょになること」ではないでしょうか。

濡れたままの靴で歩くのは、ほんとうに気持ちが悪いですよね。

また、革靴が濡れてしまうと傷む原因にもなります。

そして何より「この靴、明日も履きたいのにどうしよう…!」というときにすごく困ります。

今回は、雨に濡れた靴をなるべくはやく乾かす方法の紹介です。

スポンサーリンク

靴をはやく乾かすには紙と風

わたしの経験上、明日も履かなければいけない靴を乾かすためにすべきことは4つあります。

  • 洗濯機やタオルで脱水
  • 新聞紙をつめる
  • ドライヤーの風を当てる
  • 布団乾燥機

洗濯機やタオルで脱水

洗濯機やタオルで脱水

まず、びしょびしょにぬれた靴を脱水します。

脱水しないまま乾かす作業をしても、ただ時間がかかるだけだからです。

ベランダなどで靴を傾け、出せるだけ水を出すようにします。

もし布地のスニーカーだったら、手で絞ってもいいでしょう。

その後、パンプスや革靴など水洗いできないものはタオルで脱水し、布地のスニーカーなどは洗濯機で短めに脱水します。

洗濯機で脱水する場合には、その前に靴を洗うと洗濯機を汚さずに済みますね。

もし時間がなくて洗えない場合にも、洗濯機が故障する原因になるため、靴底についている小石や泥は落としてください。

新聞紙をつめる

新聞紙をつめる

脱水が終わったら、靴の中に新聞紙をつめます。

新聞紙ってほんとうに便利なんですが、我が家はもう新聞をとっていません。

もし我が家と同じように新聞紙が家にないという人は、キッチンペーパーでも代用できますので安心してください。

ポイントは、とにかくぎゅうぎゅうにつめることです。

しっかり新聞紙をつめて、靴の内側の水分を吸収させます。

ドライヤーの風を当てる

ドライヤーの風を当てる

次はドライヤーを当てましょう。

紙をつめた状態でドライヤーを当てると、水を吸った紙も乾かすことができるので、紙に水を吸わせ続けながら靴の外側も乾かすことが可能です。

髪の毛を乾かすときにタオルで髪を挟んで乾かすとはやく乾くことと同じですね。

もし乾かす靴が天然皮革などの熱に弱い素材のものだったら、ドライヤーは冷たい風にしてください。

靴の素材がわからない場合も、念のため冷たい風で乾かすようにしてください。

布団乾燥機を使って乾かす

布団乾燥機を使って乾かす

布団乾燥機とは、布団が干せない環境で布団の湿気をとって布団を乾かしてくれる機械です。

我が家はマンションで布団を干すスペースがないので、布団乾燥機に依存しています。

この乾燥機、操作も簡単でとても便利なのでおすすめです。

そして我が家の布団乾燥機には、靴を乾かすためのノズルがもともとついています。

この乾燥機を使えば、靴もしっかり乾くのでほんとうにおすすめです。

朝まで新聞紙を入れたままにする

朝まで新聞紙を入れたままにする

ドライヤーや布団乾燥機で乾かしたあとは、もういちど新しい新聞紙やキッチンペーパーを入れましょう。

理由は、温めて乾かしたものは熱が冷めるときにまた水蒸気で湿ってしまうからです。

乾燥機を使って乾かした洋服をそのまま乾燥機に入れっぱなしにしておくと、また洋服が湿ってしまうことと同じですね。

せっかく乾かした靴が再び湿ることを防ぐために、しっかりと新聞紙をつめこんでから寝ましょう。

梅雨の時期にすべきこと

雨にぬれたくつを早く乾かす方法はありますが、できれば雨にぬれないようにしたいと思いますよね。

そこで、梅雨の時期など雨予報のときにすべきことをお伝えします。

雨靴を履く

雨靴を履く

いちばん簡単にできることは「雨靴を履く」ことです。

最近は長靴だけではなくて、普段使いできる雨靴がたくさんあります。

特に女性らしさを兼ね備えた、フラットシューズがおすすめです。

↓このような、完全防水ではないけど雨上がりの水たまりや小雨は防げるようなバレエシューズは、普段使いしやすいのでおすすめ。

また、このように↓すべて塩化ビニールでできていて大雨でも気にしないで過ごせるような靴もあります。

ショートブーツのようなレインシューズ↓これもすごくかわいいです。

靴カバーを取り付ける

しかしながら、レインシューズは「ぬれても靴の中はぬれない」というものですよね。

だから足が出ている部分はそのまま雨にぬれてしまいます。

さらに言えば、レインシューズとは言え、横なぐりの雨にふられて靴の中に雨が入ることもあるでしょうし、そもそも靴の表面は拭かねばなりません。

何よりも、雨の日はレインシューズしか履けないとなると、おしゃれな格好ができないこともあります。

「靴を気にせずに洋服を選ぶのはなかなか難しい」という人におすすめなのが、シューズカバーです↓

このビニール素材のカバーで足元を隠すことで、足元がぬれるのを完全に防ぐことができます。

この方法だと台風の日でも可愛い靴を履いて出かけることができますし、建物の中に入った後で靴を拭いたりする手間もありません。

問題は、決してかわいくはないということ(笑)

目的地に着くまでの移動中は仕方ないと割り切って考えられる人は、試してみて欲しいです。

スコールなどのときにも役に立つと思います。

梅雨は常に防水スプレー

梅雨は常に防水スプレー

雨予報のときや梅雨の時期に出かけるときは、1時間前にかならず防水スプレーをするようにしましょう。

防水スプレーは、かけてから30分以上しっかりと乾かさないと防水効果が得られません。

そのため出かける直前ではなく、かわかす時間を考えて1時間前には防水スプレーをすべきです。

また、防水スプレーの効果はずっと継続するわけではありませんので、2〜3日に1回はスプレーをする必要があります。

あまり頻繁に履く靴でなければ、履くたびに防水スプレーしましょう。

いずれにせよ、梅雨の時期には念のため出かける前にスプレーするようにすると安心ですね。

ビーチサンダルで移動する

夏しかできない方法ですが、雨の日の移動はビーチサンダルを履くという方法があります。

そして、替えの靴を持ち歩くといいでしょう。

ビーチサンダルはぬれても大丈夫な素材ですし、シンプルなデザインならどんな洋服でも合わせることが可能です。

肌が見える部分が多いので足もサンダルもびしょ濡れですが、後で拭いて替えの靴を履けば問題はありません。

デメリットは荷物が増えることと足を拭く手間がかかることです。

雨の日はしっかり対策を

雨の日はしっかり対策を

雨だからといってオシャレを諦めるのではなく、かわいい靴を履いた上でどう防水するかを考えましょう。

ちなみにスニーカーでは↓この記事で紹介したHI-TECのスニーカーが、かわいくて歩きやすいのに防水で最高でした!

参考にしてみてください。

ちなみに靴さがしは、自宅で自由に試着ができるAmazonプライムワードローブがおすすめです。

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし