AmazonWardrobeファッション通販

【感想・レビュー】Amazonの「PrimeWardrobe」で洋服を試着&購入してみた!

amazonwrAmazonWardrobe

最近のゴミ捨て場では、Amazonのニッコリマークダンボールを見ない日はありません。

それだけ浸透してきたAmazonというネット通販。

私はAmazonの無料配送を利用してしばらく経ちますが、いまやこれなしでは生活できないくらい使い倒しています。

じつは、Amazonにはプライム会員だけができる「PrimeWardrobe」というサービスがあります。

「PrimeWardrobe」とは、服や靴などを一度”自宅で”試着してから購入できるサービス

最高かよAmazon!

実際に試してみて、ほんとうに最高のサービスでだと実感しました!

ということで今回は、Amazonの試着サービスPrimeWardrobe手続き方法と感想・レビューをお伝えします!

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる
スポンサーリンク

改めて感じるAmazonの凄まじさ

改めて感じるAmazonの凄まじさ

ほんとうに「今、世の中でいちばん影響力があるのってAmazonだな」と感じざるを得ないです。

PrimeWardrobeという服の試着サービスがこれから拡大していくようなら、実店舗には行かなくなりますね。

そんなことを考えると、ちょっと怖かったりもします…

でも、ものすごく便利だからPrimeWardrobeは拡大して欲しい!(笑)

そんなわけでPrimeWardrobeについて紹介していきます。

なにはともあれ選んだ靴とご対面!

とりあえず、実際に届いて試着した様子と感想・レビューです!

わたしが今回頼んだ靴は↓画像「HI-TEC1」の5足!

選んだ靴
HI-TEC1

ブランドは全て「HI-TEC」というもの。

HI-TEC(ハイテック)は、1974年にイギリスで誕生したアウトドアブランド

HI-TEC

今回わたしはこのブランドの靴が好みだったので、全て同じブランドで頼んでいます。

しかしもちろん、別ブランドの商品もしくは”靴と洋服”といった別ジャンルの商品を一緒に頼むことも可能です。

靴と対面してみた感想は「やべーどれも欲しい」というもの(笑)

注文の段階で好みでしたが、実物が想像を超えてきました!

さっそく試着。

ハイキングシューズ HT HKU11アオラギWPパープル/イエロー

ハイキングシューズ HT HKU11アオラギWPパープル/イエロー
HI-TEC2

まずは、ハイキングシューズから。

赤と黄色の派手スニーカー、結構ゴツめです。

かわいい。

重いですが、その分かなり足を守られている感じが強いです。

アウトドアスニーカー透湿防水機能 HT HKU11アオラギWPグレイ

アウトドアスニーカー透湿防水機能 HT HKU11アオラギWPグレイ
HI-TEC3

そして先ほどのハイキングシューズと、かなり似たデザインのグレースニーカー。

製品紹介が若干違うのですが、たぶん色違いのはず(笑)

頼む段階ではこれがいちばんの候補で、届いたのを見るとやっぱりかわいい!

でも、わたしが持っているパンツとはあまり合わずでした…残念。

全天候型スニーカーローカットアウトドア防滑ソール AMACRO OXカーキ

全天候型スニーカーローカットアウトドア防滑ソール AMACRO OXカーキ
HI-TEC4

続いて、全天候型スニーカーというタイプ。

見た目はコンバースにも似た雰囲気の日常使いに長けた1足です。

ただソールの部分は、アウトドア感が出るのでソールの色と本体の色が違うカーキはちょっと微妙。

しかしながら、履き心地最高です!

ふわふわした中敷きのおかげで、長時間歩いても疲れない靴です!

全天候型スニーカーローカットアウトドア防滑ソール AMACRO OXブラック

全天候型スニーカーローカットアウトドア防滑ソール AMACRO OXブラック
HI-TEC5

今度はほんとうの色違いです。

この色違いとサイズ違いで頼めるところが、PrimeWardrobeのいいところ!

そして黒は、めっちゃいい感じです!

普段使えるし、ソール目立たないし、やっぱり履いていて気持ちがいい!

サンダル KAWAZ FLEX グレイ

サンダル KAWAZ FLEX グレイ
HI-TEC6

最後はスニーカーではなく、サンダルです。

別の記事でも紹介しますが、わたしは今回旅行に行く靴を求めて雨に強い靴を探していました。

だから、サンダルの方が楽かもしれないなと思い選んだ1足。

すごいよかったです!

履き心地も最高ですし、なによりもベルト部分がカチッとなるバックルなのが最高!

わたしは「剥がれそうで剥がれない」という感じがするので、マジックテープが苦手です。

意識しなければ平気なのですが、意識してしまうとなんだかイライラというかゾワゾワというか目をつぶらずにはいられなくなります(笑)

そのため、マジックテープが使われる事が多いアウトドアサンダルは買うのを諦めていました。

しかし、このバックルベルトなら履ける!

バックルの方がマジックテープよりも着脱は楽ですし、耐久性も高いのではないでしょうか。

とりあえず、最高でした。

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

「PrimeWardrobe」のサービス内容は?

靴の紹介が終わったところで、改めて「PrimeWardrobe」のサービス内容を説明します。

先ほどから説明しているようにPrimeWardrobeとは、ネット通販にもかかわらず試着ができちゃうという神サービス。

具体的にはどのようなものなのでしょうか。

Amazonの公式WEBサイトにはPrimeWardrobeについて以下のように説明されています。

メンズ、キッズ服、シューズ、バッグ、腕時計、ジュエリーなどを取り寄せ、試着後に、購入を決定した商品のみ代金をお支払いいただくサービスです。最低2点、最大で6点までの商品を配送が完了した翌日から最長で7日間、試着いただけるため、気になる商品のサイズ違い、色違いなどをまとめて取り寄せていただくことができます。

Amazon

少し補足をしながらサービスについて説明すると、以下のような感じです。

  • 対象は、洋服・靴・バッグ・時計を含むジュエリーなど
  • 気になるものを取り寄せて、自宅で自由に試着できる
  • 購入を決めたものは返送せずにお金を払う(※購入しないものは7日以内に返送すれば、料金は発生しない
  • 送料・返送無料(商品が届いたダンボールで返送)

多くの方がAmazonのPrime会員になる理由は「送料が無料」になるから。

そして、PrimeWardrobeももちろん送料無料!

しかもこのPrimeWardrobeは、たとえ買わなくても返送料も無料なんです!

本当にありがたい!

では、そんなありがたいサービスの申し込み方について見ていきましょう。

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

「PrimeWardrobe」の 流れは?

「PrimeWardrobe」の 流れは?

PrimeWardrobeの流れは【試着したいものを選ぶ⇒申し込む⇒試着⇒返却する】です。

試着の申し込み方法①選び方

まずは、自分が試着したい洋服・靴などを探しましょう。

携帯アプリもしくはWEBサイトから、検索。

ブランドや商品名が決まっていれば、それをそのまま検索してください。

もしカテゴリしか決まっていないのであれば、カテゴリを入力してPrimeWardrobe絞り込みすると楽チンです。

カテゴリとは例えば「撥水加工の靴」や「ロングワンピース」など。

やり方は以下↓「画像1・2」の通り【絞り込み⇒PrimeWardrobe⇒PrimeWardrobe対象にチェックを入れる】です。

PrimeWardrobe
画像1
絞り込み
画像2

他に条件が何も決まっていなければ、あとは気になるものを選んでいけばOK。

ただし、靴のサイズや洋服の素材・着丈といった他の条件も決まっているようなら↑「画像1・2」と同様の絞り込み画面から絞り込み検索をしておきましょう。

なぜならばAmazonの在庫状況によって、サイズや色の違いだけでもPrimeWardrobeの対象にならない場合もあるからです。

サイズや色
画像3

例えば↑「画像3」のように今回選んだ靴の23.5cmはPrimeWardrobe対象外…

いざ気に入った商品があっても、サイズや色によっては「在庫がなくて試せない」という悲劇が起こりえます。

このときの虚しさは、レストランで散々迷った末に頼んだものが売り切れだったときのような感覚。

だから、サイズや色・長さなどすでに決まっている条件は先に絞って検索する方がオススメです!

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

試着の申し込み方法②申込み手順

申込み方法は、すごくカンタン!

試したい商品が決まったら(希望のサイズ・カラーの在庫があると確認したら)その商品を通常の購入手続き同様に選びます。

すると↓「画像4」にあるように【試す】というボタンが、購入ボタンの上に出てきますのでポチッとしてください。

試す
画像4

その後↑「画像4」にある【PrimeWardrobeカートに追加】という黄色いボタンを押すと↓「画像5」のような表示になります。

PrimeWardrobeカートに追加
画像5

商品が1つしか選択されていないと↑「画像5」の赤く囲ったところにある文章が。

この【赤く囲まれた文章(水色の背景)のところ】をタップすると、また移動します。

次は↓「画像6」のような【PrimeWardrobe検索画面】です。

PrimeWardrobe検索画面
画像6

ここで自由にPrimeWardrobe内を検索できるので、同じ商品の色違いやまったく違う洋服・ジュエリーなどを選ぶことができます。

そして、商品を2つ以上選ぶと↓「画像7」の画面へ。

商品を2つ
画像7

2つ商品を選ぶと、もう発送することもできるのでボタンが2つに分かれます。

まだ商品を追加したい場合

「画像7」の【発送しますか?または、商品をさらに追加しますか?】赤く囲まれたところ)をタップ

もう発送したい場合⇒

「画像7」の【カート内の商品を表示または発送】という黄色いボタン(青く囲まれたところ)をタップ

ちなみに赤いところ)をタップすると↑「画像6」の検索画面に飛びますので、そこから同じように商品を追加します。

※試着は最大6つまで、追加し終えたら↓「画像8」以降の作業をしてください。

そして青いところ)をタップすると↓「画像8」の画面に移動するので、頼む商品が間違っていないかなどチェックを。

を選んで商品の追加が終了した後の作業は↓「画像8」からになります。

発送に進む
画像8

チェックが済んだら↑「画像8」の赤で囲った【発送に進む】という黄色いボタンをタップして↓「画像9」へ。

最終確認ページ
画像9

ここが最終確認ページです。

通常のお買い物のように住所やお届け日、頼む商品などをもう一度念入りにチェックしてください。

確認が終わったら↑「画像9」の赤で囲った【PrimeWardrobe注文を確定する】という黄色いボタンをタップ。

ちなみに↑「画像9」の赤い矢印で指してあるようにPrimeWardrobeは、この段階での支払いは一切ありません。

試着の期限である7日が終了した時点で「購入手続きが完了している」もしくは「返送されていない」商品の支払いが行われます。

申込み終了
画像10

さて、これにて申込み終了です。

↑「画像10」にあるように注文完了画面注文履歴から配達予定日が分かります。

これであとは届くのを待つだけです!

どんな箱で届くのか?

Amazonですから、やっぱりあのニッコリマークダンボールで届くのだろうと思っていました。

届いたダンボールは↓「画像11」のような感じ。

ダンボール
画像11

いつのもダンボールと大きな違いはないものの、PrimeWardrobe専用に作られたダンボールでした。

中を開けると↓「画像12」のように、商品とガイドが入っています。

商品とガイド
画像12

ガイドを開くと↓「画像13」のように、伝票返却時に必要な注文商品や返送先が書かれたレシートのような紙が入っています。

伝票
画像13

はさまっていた伝票とレシートのような紙は、返却時に必要ですので絶対になくさないように注意してください!

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

返却するにはどうするのか?

手続きについて最後の説明は、返却方法についてです。

自宅で自分の持つ洋服と合わせて、試着を思いっきり楽しんだらあとは返却するだけ。

改めての説明ですが、PrimeWardrobeは試着の期限である7日が終了した時点で「購入手続きが完了している」もしくは「返送されていない」商品の支払いが行われます。

そのため、期限内に必ず返却しましょう!

返却はものすごくカンタンなので、面倒くさがりでも大丈夫!

返却の流れは【PrimeWardrobe注文画面から購入・返却手続きを行う⇒返す商品を箱につめる⇒蓋をする⇒伝票を貼る⇒ヤマトに出す】

返却手続き①注文画面の操作方法

返却のためにまずは、Amazonの注文履歴↓「画像14」を開きます。

Amazonの注文履歴
画像14

PrimeWardrobeの注文をタップすると↓「画像15」の画面に移動するので、赤で囲った【購入・返送手続き】という黄色いボタンをタップ。

購入・返送手続き
画像15

すると↓「画像16」の左画像になるので、試着を頼んだ商品1つずつ【購入】か【返送】選んでいきます※右画像。

【購入】か【返送】
画像16

すべての試着アイテム【購入】か【返送】を選び終えたら、手続きは完了。

返送完了
画像17

↑「画像17」の画面が表示されたら、あとは実際にダンボールで返送します。

返却手続き②ダンボールの送り方

注文画面での操作が終わったら、PrimeWardrobeをダンボールで送り返しましょう。

PrimeWardrobeでは、商品が届いたダンボールで買わない商品を返送するため↓「画像18」のような作りになっています。

ダンボールの作り
画像18

↑「画像18」にあるように、伝票を貼る位置を指定してくれていたりテープまでついています。

だから、もう基本は詰めるだけでOKです。

↓「画像19」のように返却する商品と、ガイドに挟んであった返送先が書かれたレシートのような紙をダンボールにつめます。

返却する商品
画像19

返送する商品を入れたら↓「画像20」のように、ダンボールについているテープで閉じて同梱されていた着払い伝票を貼っておしまいです。

ちなみに着払い伝票に送り先は印字されていますが、依頼主は空欄なので自分の住所名前などをしっかりと記入しましょう。

※もし伝票の送り先にも何も印字がない場合には、ガイドに挟んであったレシートのような紙に返送先が記載されていますので、書き写してください。

返却作業終了
画像20

以上!!

ガムテープも不要で、めちゃくちゃカンタンです!

あとはヤマトに出せば、返却作業終了。

ちなみに、いくら注文画面からの返却手続きをしていたとしても、期日を過ぎて商品を送り返さなければいずれ引き落としされてしまうと思います。

わたしは怖くてやっていませんので、何日後がリミットなのかはわかりませんが…

うっかり忘れないためにも、返却手続きは早め早めに行いましょう!

返却が完了するとメールが来ます

完了メール
画像21

Amazon側で商品の返却が確認されると↑「画像21」のようなメールが届きます。

これにて完了です。

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

レビューとしては星5つ!!

レビューとしては星5つ!!

実際にPrimeWardrobeを体験してみて、実にすばらしかったです!

もしPrimeWardrobeというサービスに対してレビューを書くとしたら、完全に星5つにします!

ただ、やっぱり改善して欲しいと思うマイナス面もありました。

わたしが感じた、PrimeWardrobeのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  1. 自分の持っている洋服すべてと合わせることができる
  2. 店員さんを気にせずに試着できる
  3. 送料・返送料がかからない
  4. 試着可能な期間が7日間もある

1.自分の持っている洋服すべてと合わせることができる

1.自分の持っている洋服すべてと合わせることができる

家で試着できる最大のメリットは、コレです!

わたしも実際に、パンツを3着試してみました。

実店舗だと、買い物に行った日に着ている洋服しか合わせられません。

しかし、このPrimeWardrobeなら自分のクローゼットにある全てのアイテムと合わせることも可能です!

2.店員さんを気にせずに試着できる

2.店員さんを気にせずに試着できる

実店舗で試着をすると断るのが忍びなかったり、いたたまれなくなってしまうのはわたしだけでしょうか。

いや、たぶんたくさん同じような方が居るに違いない!

その憂いから開放してもらえるのが、このPrimeWardrobeと言っても過言ではありません!

お店の人を気にしなくて済みますし、家族への意見も聞きやすい。

3.送料・返送料がかからない

3.送料・返送料がかからない

Prime会員だとついつい「送料無料」に慣れてしまっています。

でも、ネット通販なんて送料無料な方が当たり前です。

まぁ会費は払っているわけですが。

それでも、買うかもわからない商品の配送料や返送料がタダというのは、素晴らしいことです!

しかも、試着サービス専用のダンボールもあって返送手続きも楽チン。

4.試着できる期間が7日間もある

4.試着できる期間が7日間もある

実店舗での試着は1日しかできません。

できないことはないけれど、翌日もう一度試着しに行って「売り切れ」なんてこともあります。

でもPrimeWardrobeなら手元にずっと商品があるから、最大7日間いつでも試着できちゃう!

細かいことを言えば、返送手続きのこともあるので6日が限界かもしれませんが。

わたしの経験上、試着して購入したものでもいざ家で試すと「なんか違う」と思うものも結構多いです。

だから時間が経っても「似合う」「好き」と思えるかどうかを確認できるというのは、かなり大きなメリット!

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

デメリット

  1. 対象商品が少ない(サイズ・ブランド)
  2. 頼める数が6つ
  3. Prime家族会員はサービスを利用できない(本会員のみ)
  4. ついつい買う気になってしまう

1.対象商品が少ない(特にサイズ)

1.対象商品が少ない(特にサイズ)

仕方のないことですが、例えば雑誌で紹介されるような洋服のブランドすべてが対象になっているわけではありません。

ただ、調べてみた感じは対象のブランドが意外と多いという印象を受けました。

例えば「ワンピース・レディース・PrimeWardrobe対象」で調べると[ミラオーウェン]や[フレイアイディー][ロペピクニック]など結構幅広いブランドが対象。

このようにブランドに関しては、想像しているよりもたくさんあります。

ただ、サイズが…本当に…切実な問題です。

今回わたしが靴を頼むときに、5足は諦めています。

このサイズがないためにPrimeWardrobeの対象にならないというのは、本当に切ないのでなんとかして欲しいです!

2.頼める数が6つ

2.頼める数が6つ

最初は6つで十分だと思いました。

でも、いざ頼んでみると意外と少ない!

特に靴の場合は1足につき、2サイズ試したい!

そう考えると、6つの試着=3足×2サイズということになります。

少ないです…

せめて1度で5足×2サイズ=10足を試せるようになることを望みます。

3.Prime家族会員はサービスを利用できない(本会員のみ)

3.Prime家族会員はサービスを利用できない(本会員のみ)

ショックな事実。

わたしは、旦那さんの家族会員でAmazonPrimeを堪能していました。

※AmazonPrimeの家族会員とは、Prime本会員の方と同居している家族2人までが配送無料サービスを利用できるというもの。

でも、それではPrimeWardrobeは利用できない!

いつかこのような「本会員限定」という壁にぶち当たるとは思っていましたが、PrimeWardrobeがそうだというのは想像以上に悔しい!

旦那さんに知られたくない買い物は頼めませんから、ことによっては本会員になることも検討せねばなりません。

4.ついつい買う気になってしまう

4.ついつい買う気になってしまう

これは、実店舗で試着した後とあまり変わらないかもしれません。

実際に試すとつい欲しくなります…(笑)

ネットでの試着が広がると、お財布の口も広がりそうでちょっと怖いです。

怖いけど、広まってほしい

怖いけど、広まってほしい

正直なところ、洋服をAmazonで買ったことはありません。

しかし、靴はほんとうに助かります!

洋服の試着をしないという方でも、靴は絶対に試着しないと買えない人が多い!

いくらいつも履いているサイズがあると言っても、靴によって若干サイズが異なります。

また不思議なもので、成長しきった大人でも年齢とともにサイズが変わりますしね。

だからこのPrimeWardrobeは、ほんとうに神サービス!!

Amazonには、実店舗の靴屋さんでは置いていない靴がたくさんあるのもポイント。

もしここまでの種類を実店舗で見ようと思ったら、何店舗もはしごしないと見れません。

これから、どんどんサービスの対象商品が増えていってくれることを願います!

サービス発展のためにも、ぜひPrime会員になってPrimeWardrobeを体験してください!(笑)

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし