洋服の買い方・コツ

服を買いすぎて貧乏に…。あなたも今スグ実践できる5つの解決策

洋服の買い方・コツ

買い物に行けば、何か買わずにはいられない…

そんな散財ばかりしていたわたしも、最近は散財しないコツも覚え成長しております。

しかし、散財生活していたときは給料日までどう乗り切るのか悩んだことも多々。

そこで今回は「服を買いすぎたがために貧乏生活を送ることになった」ときの解決策と、ならないための対策を考察します。

スポンサーリンク

最終手段は使いたくない

とにもかくにも、服を買いすぎればお金はなくなってしまうわけです。

その後、どうすればいいのかという解決策と、ならないためにはどうすればいいのかを紹介します。

まずは解決策から。

仮病をつかってでも、とりあえず外出しない

仮病をつかってでも、とりあえず外出しない

お金がないから…出かけられやしないと思うかもしれませんが…意外と難しい。

そもそも社会人になったら土日しか遊べません。

そのため「お金がないから」といって出かけないのはなかなか難しいです。

しかし、服の買い過ぎでお金がなくなってしまったのなら、仮病をつかってでも外出は控えるべき!

なぜならば、出かければ確実にお金を使ってしまうから!

ランチをお店で食べたら4桁いきます…家ならカップ麺100円ということだってできるのに…

ましてや夕食を外で食べれば、とても1,000円では足りません。

頑張って何も買わなかったとしても、電車賃やガソリン代はかかりますし!

すべて自分の散財のせいです。

誘ってくれる友達には申し訳ないですが、金欠の時はお断りしましょう。

金欠ということを素直に言える友人関係だといいですよね…(笑)

クローゼットを見直して服を売る

クローゼットを見直して服を売る

服を買ってお金がなくなってしまうという方は、過去にも同じように服を買いすぎてしまった経験があるはず。

わたしなんかは、毎月懲りもせず服の買いすぎばっかりやってました。

結果クローゼットには、着ていない服がものすごくたくさん!

そしてそのクローゼットの着ていない服は、気が向いたときに破棄するというサイクル。

売るのも面倒だったので、ただただ破棄していました。

もったいない!

とは言え、破棄すること自体は、大賛成です。

クローゼットにしまいっぱなしの洋服があるならまず一度改めて着てみましょう。

そして、もう似合わなくなっているようならば、クローゼットからはなくすべきです。

ボロボロなら捨ててもいいですし、人にあげてもいいでしょう。

しかし、まだ着れる洋服をただ捨てるなんてもったいなすぎる!

多少手間でもやっぱり、売るべきです!

売る方法はざっくり3つ。

自分で価格設定。メルカリなどのフリマアプリ

自分で価格設定。メルカリなどのフリマアプリ

メルカリを使ったことはなくても、耳にしたことはあるでしょう。

ざっくり言うとメルカリとは、スマホ1つで自分の要らなくなったモノを売却できるサービスです。

メルカリで売るメリットは、自分で価格の設定ができることや郵送方法によっては売った相手に住所を知らせなくても済むこと

逆にデメリットは、写真や説明文を自分で作らないといけないこと値下げなどの交渉を忘れずに行わなければいけないことです。

めんどくさがりだと、ちょっと大変な作業…

この面倒な作業をしてでも、自分の思い通りの値段で売りたい方は、メルカリなどのフリマアプリで売却すべきです。

すぐに現金がほしいなら。古着屋やリサイクルショップに持ち込む

すぐに現金がほしいなら。古着屋やリサイクルショップに持ち込む

古着屋やリサイクルショップで売ることのメリットは、すぐ現金になること評価方法が目に見えること

デメリットはというと、持ち込むのに手間がかかることとあとはとにかく価格が安くなりがちなこと

リサイクルショップは、買取価格が本当に安いですよね。

以前は、何かを売るとなったらリサイクルショップの一択だったので持ち込んで売っていました。

でも大変な思いをしたのに、価格は安いなんてよく考えたら最悪です。

すぐに現金になるのは魅力的なのですがね。

「いくらでもいいからすぐに売却したい」という方は、古着屋やリサイクルショップに持ち込んで売りましょう!

個人的にはあまりオススメではありません。

嫌ならキャンセルも可。ネット買取で売る

嫌ならキャンセルも可。ネット買取で売る

もし時間はかかってもいいけど、自分で持ち込むのが面倒という方は、ネットで売却するという方法もあります。

ネットでの売却メリットは、持ち込まず郵送するだけでしっかり査定をしてもらえること、そして古着屋などで直接売るよりも価格が高いことが多い!

価値のあるものだったら、きちんとした古着屋の方が高く買い取ってくれる可能性もありますが、基本的に大量生産の服を売るならネットのほうが高く売れるでしょう。

なんせ人件費がかかっていませんからね。

ネットでの売却なら、自分で商品の説明を書く必要もないですし、実店舗に持ち込むの必要もありませんし、実店舗よりも高く売れることが多いです。

査定後、価格に納得ができなければキャンセルすることもできます。

急がないけど、自分で説明を書いて売るのは面倒だという方はネット売却がオススメです。

【古着買取王国】

絶対に使いたくない最終手段…家族に泣きつく

絶対に使いたくない最終手段…家族に泣きつく

この最終手段…使いたくありませんね。

親は血の繋がりをいいことに、容赦なく文句を言ってきます。

もし万が一「お金がない」と言ったら…想像を絶するお叱りの言葉を浴びせられるのを想像するのは非常にカンタンです。

でも、本当に生きるか死ぬかという状況になれば使わざるを得ません。

親が了承してくれるかどうかという問題もありますが…

「こうはなりたくない」という気持ちを持てば、逆に節約に目覚められそうです。

現金で支払う。ポイントも諦める

現金で支払う。ポイントも諦める

続いて解決策ではなく、服を買いすぎない対策です。

まず、服を買うときの支払いは現金でしましょう。

ポイントも何もつかないから嫌だし、そもそも現金は持ち歩かないという方も多いと思います。

しかし、お金がなくなっていることを実感するのであれば、現金がいちばん!

なぜなら現実問題として、お財布から厚みが消えていきますし、お金をおろすときに必ず通帳の残高を確認するからです。

自分で家計簿アプリを使うなどして、収支の管理ができている方ならカードで買ってもいいと思います。

しかし、なかなかできる方は少ないでしょう。

だから服を買いすぎてしまうという方は嫌でも自分の現状が把握できるように、現金で服を購入するべきです!

それでもポイントがもったいないという気持ちが捨てられないという方はポイントよりも「着ない服があるのはもったいない」というように変換して現金を使いましょう。

給料から天引で貯金しておく

給料から天引で貯金しておく

次の服を買いすぎないようにする対策は、給料天引き式の貯金をすること。

「服を買いすぎる=使えるお金があるだけ服を買ってしまう」と置き換えることもできます。

ゆえに、最初から使えるお金を減らしてしまおうという作戦です。

こうして給料から先に引いてしまうと、実際にもらっているお給料の金額自体は忘れてしまいます。

やる前は絶対に無理だと思っていても、意外に貯金を差し引いた金額でしっかりとやりくりができてしまうもの。

そして気がついたときには「あれ?こんなにお金貯まってる!」という嬉しい状況になっているかもしれません。

この方法は、自分の将来のためにもやる価値はあるでしょう。

服が少ない喜びを感じる

余裕

以上のような対策でなんとか無駄遣いを我慢できたとしても、一時的なもので終わってしまう可能性があります。

つまり一過性のものではなく、常に服の買いすぎを抑える方法を考えないといけません。

ショッピングはストレス解消にもなりますし、全く買い物するななんてことは無理な話。

しかし、服を買いすぎていいことはありません。

例えば、お金がなくなる・収納スペースがなくなる・服を選ぶ時間がかかるなどなど。

そのデメリットをデメリットと思えないから、どんどん服を買ってしまうわけですが…

そうなると、いかに服が少ないことにはメリットがあるのかを実感する必要があります。

服が少ないメリットについては、コチラ↓の記事で紹介しました。

服が少ないことの最大のメリットは、ズバリ「余裕がうまれること」です。

クローゼットにはスペースの「余裕」が、服選びが短縮できるため時間にも「余裕」がうまれ、結果として心に「余裕」ができます!

心の余裕とは無縁のわたしですが、引っ越しを機に心の余裕の片鱗に触れました。

それは、引っ越して食器棚を新調し、食器を入れたときのこと。

以前の家は収納力が乏しく、保有する食器は決して多くありませんでしたので、新しい食器棚にはものすごいスペースの余裕が!!

するとびっくりするくらい食器取りやすくて、日々の食事がとてもラクです。

「こういうことか!」と思いました。

何かモノを減らすと、日々の生活がラクになる。

だから、みんなミニマリストを目指すんですね。

大分違う方向に話が進んでしまいましたが、服を買いすぎてしまうという方は一度服の少ない生活を送ってみるのもおすすめです。

服を減らすことに成功すると、また違ったオシャレの選択肢も出てきます。

服の無駄遣いが減れば、1着にかけられるお金を上げることが可能。

だから着回しがきいて何年でも着られるような高い服を1着買ってみたり、オーダーメイドで服を作ってみるなんてことも!

そうして作った服は大切にしますし、便利な服が1着あれば買い物することも減ります。

ただ、どうしても定番の着回しがきく服を何度も着るのではなく、旬な洋服を着たいという気持ちもあるでしょう。

そういう方には、ファッションレンタルがオススメ!

ファッションレンタルとは、月額料金でファッションをレンタルするサービスです。

月に一定数の服を借りることができ、借りた服を返してまた新しい服をレンタルすることができます。

中には借り放題の会社も!!

ファッションレンタルの月額料金は、おおむね1万円以下。

過去の散財の出費を考えると、ファッションレンタルは試してみる価値ありです。