おすすめアイテムライフスタイル

【買いました】大きな植木鉢を移動するのに超便利!キャスター付き受け皿

planterおすすめアイテム

家の中に観葉植物を置くと、なんだか気分がよくなります。

ちなみにわたしは、できるだけ大きな観葉植物を置きたい派です。

実際リビングには、大きな鉢を2つ置いています。

しかし、移動がものすごく大変…

水をあげすぎてベランダに出す必要があるときや、掃除のときなどに持ち上げなくてはいけない場面では、ほんとうに重くてしんどいです。

年齢も年齢なので、ギックリ腰になるんじゃないかとハラハラしながら移動していました。

不安を解消すべく、キャスター付きの受け皿を購入したところ、超便利!

今回は、大きな観葉植物でもスムーズに動かせる「キャスター付き受け皿」について紹介します。

動画だとキャスターの動きも見ていただけます、よろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

足でも簡単に動かせる

我が家の受け皿

我が家の受け皿はこちらです↑

乗せた状態

実際に植木鉢(10号〜11号)を乗せるとこんな感じ↑

とてもスムーズに動かせます。

特に便利なのは、片手で掃除機をかけながらもう一方の手で植木の位置をずらせることです。

以前は、一度掃除機を止めてから両手を使わないと動かせず、かなり面倒でした。

今では、とても楽に掃除機がけできています。

もし両手がふさがっていたら、足でも簡単に動かせますよ(笑)

足でも簡単に動かせます

この水受け皿の耐荷重は40kgなので、かなり大きめな植木鉢でも大丈夫です。

我が家のいちばん大きな植木鉢は、10〜11号鉢(直径:約32cm/高さ:約29.5cm)ですが、片手でもスムーズに移動できます。

ちなみに、いちばん大きな木の高さは約110cmです。※植木鉢に埋まってる部分は除いて計測

いつもより植木が長持ちしているのも、この受け皿のおかげかもしれません。

キャスターが見えない

キャスターが見えない

では改めて、この受け皿についてくわしく紹介します。

まずは、形状や大きさなどはこんな感じ↓

【形状・特徴】

  • 正方形
  • あまり深くない
  • キャスターが隠されている(数:4つ)
  • 3色展開

【大きさ】

幅(全体):32cm

幅(真ん中の下がった部分):約26.4cm

低い幅
↑幅(真ん中の下がった部分)

高さ(床に置いた状態):5.7cm

高さ(本体側面のみ):約4.8cm

高さ(本体側面のみ)
↑高さ(本体側面のみ)

キャスターの直径:約3.1cm

まず、正方形で大きめサイズなのが使いやすいです。

そのまま水受け皿として使えます。

水受け皿のふちのせり上がりは緩やかであまり深くないため、植木鉢を乗せたり降ろしたりしやすいです。

ちなみに我が家では、植木鉢付属の水受け皿の所在に困るので、水受け皿としては使っていません。

そして、この受け皿を選んだ最大の理由は「キャスターが見えないこと」です!

キャスターが見えないもののほうがスッキリして見えると思ったので、この点が最重要でした。

おかげで、リビングが片付いて見える!(笑)

リビングでは白を使っていますが、自室の観葉植物はブラウンに置いています。

白茶

白色は「真っ白」でわりと光沢のある感じです。

ブラウンは「薄めのこげ茶色」で、こげ茶に白を混ぜたような柔らかな色合いになっています。

黒は購入していませんが、3色どれもシンプルないろなのでどれを選んでも大きな失敗はないはずです。

大きな植木鉢は軽いほうがいい

大きな植木鉢は軽いほうがいい

せっかくなので、我が家の植木鉢を紹介!

土を入れると重くなるので、大きな植木鉢は軽めのプラスチック素材を選んでいます。

薄いグレーの植木鉢が、いちばんのお気に入りです。

ずいぶん前にカインズホームで購入したもので、色や形、素材すべてがちょうどよかったのですが、今はもう売っていないよう…残念。

もうひとつの大きな植木鉢は、アートストーンというもので、色はグレーを買いました。

わたしは雑貨屋さんで見つけて購入しましたが、ネット上で見るとけっこう色が薄く見えます。

もちろん個体差はありますが、店頭に置いてあったものはだいたいこれくらいの暗いグレーだったので、薄いグレーがいい人は要注意です!

アートストーンのサイズ展開は、LL・L・M・S・SS・SSSとかなり豊富です。

我が家で使っている鉢は、LとMの2サイズ。

形違いで、もっと背の高いものや八角形のものもあります。

カラーは4種類で、グレーの他はブラック・ブラウン・ネイビーの3色。

先ほど紹介した、キャスター付き水受け皿の白とブラウンにアートストーンの植木鉢を乗せると、こんな感じです↓

アートストーン
左(白いトレーに乗っているの)がLサイズのアートストーン/右(ブラウンのトレーに乗っているの)がMサイズのアートストーン

ちなみに我が家の鉢の直径は、カインズ:約30.8cm/アートストーンL:32cm/アートストーンM:26.5cmとなっています。

鉢のサイズで言うと、カインズとアートストーンのLが10号〜11号サイズで、アートストーンのMが8〜9号サイズです。

※鉢のサイズは、1号が直径約3cmとされています。

どんな植木鉢でも軽々移動

どんな植木鉢でも軽々移動

今回紹介した水受け皿は、重い植木鉢がかなりスムーズに動かせるようになるので、とってもおすすめです!

特に、マンションの場合は日差しが望めるのはリビングだけということも多いと思います。

そのため、日中だけ観葉植物をリビングに移動したりする場合にも、とても便利です。

キャスター付きの水受け皿はさまざまな種類がありますが、わたしはこの商品を買ってよかったと思っています。

重い鉢をラクに動かしたい人の参考になれば、幸いです!