コーディネートコーディネート術

もう迷わない!私服をパターン化して毎日をラクに過ごそう

moumayowanaiコーディネート

「今日は久しぶりに友達と小洒落た街へ行く日、それなのに…服が決まらない!!」なんてこと、ありませんか?

わたしは、まぁ〜しょっちゅうありました。

なんせ、服大好き、買い物大好きな浪費家だったからです。

しかも会社ではスーツだったので、私服を着るのは多くて週2回。

それなのに…どんどん私服用の服ばっかりを買っていました。

結果、買ってから一度も着ていないような服が家にあふれる…

そして「なんで買ったのに着てないんだ、もったいない」というストレス…

それなのにまた同じように服を買ってしまい、イライラする…なんていう負のスパイラルに陥っていました。

しかし、最近では「どうしよう…まだ服も決まってない…もう絶対に間に合わない…」なんとことを減らすことに成功。

決してなくなったとは言えないのですが…でも服選びは2時間以上が当たり前だったわたし的には、とても大きな進化を遂げています。

「服が決まらなくて時間がない」を回避できるようになった理由は、私服をパターン化したこと。

パターン化の実践前は、そんなことゼッタイできないと思っていました。

でも意外とできました!

というか、けっこう楽しかったです。

そして今回はパターン化してみたコツを、紹介していきます。

スポンサーリンク

捨てることに快楽を覚えるまで我慢

パターン化するに、コツなんかあるのかよという気もしますよね。

おっしゃる通り!(笑)

だからコツと言いますか、わたしが私服のパターン化に成功した方法と心持ちなどをお伝えします!

ちなみに、パターン化すると、コーデが決まらなくてイライラすることもなくなるんです。

服が決まらないときのイライラ解消法については以下の記事で解説しました。

【服が決まらないイライラを解消!】即断即決で洋服が決まる4つのコツ
服が決まらなくてイライラすること、誰しも経験したことがあると思います。そんなイライラとは、もうオサラバしたい方に読んでほしい!服選びの時間を少なくする方法4つの紹介です。

これがものをいう…私服パターン化の準備

コーディネートを固定化する

何事も準備を怠るべからず。

準備をサボるときちんとした成果を感じられないのは、私服のパターン化でも同じです。

だから、手を抜かずにやりましょう。

そしてわたしが考える私服のパターン化の下準備は、二段階あります。

ひとつずつ紹介。

①オススメは骨格診断!自分に似合う服を見極める

骨格診断をする

まずは、私服パターン化の第一段階。

とりあえず、自分の似合う服と似合わない服を確認してみましょう!

もちろん自分で着て観察してみるのも、家族や友達に見てもらうでもなんでもOKです。

ただ、やっぱり客観性というのが大切だと思います。

そこで、わたしのオススメは骨格診断

骨格診断とは、その名の通り自分の”骨格タイプ”を診断すること。

骨格は太っていたり、痩せていたりということが関係なくいつでも同じです。

だから、骨格から考えると自分の似合う服は基本的に変わりません。

そして、その骨格タイプごとに似合う服や柄などを教えてくれます。

一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会などで診断することが可能です。

この骨格診断によって「似合わないかもな…でも着たい服だからいいや」と思っていた服に見切りをつけることができます。

骨格診断により、自分のお気に入り服に”似合わない判定”が出たとしても真摯に受けとめましょう。

どんな方法でも構いませんが、この自分の似合う服を確認することが第一段階です。

ちなみに知識やスキルを売り買いするフリーマーケットサイト【ココナラ】では骨格診断やパーソナルカラー診断、顔タイプ診断なども依頼できます。

プロの診断を、圧倒的なお得価格で受けることも可能です。

一般的な意見ではなく自分個人について診断してもらいたい場合は活用してみるのもアリ。

②たとえ買ったばかりでも、似合わない服を処分する

②たとえ買ったばかりでも、似合わない服を処分する

第二弾階はというと、確認した似合う服以外は破棄すること!

勇気のいる行動です。

傷んでもいない服を捨てるのは、ハードルが高いんですよね。

いくら似合わないとわかっていても、どうにかして着ることができるんじゃないかと思ってしまう…

でも、そんな方法ありません。

あったとしても、なんか高度な方法すぎて実践できないです。

だから、似合わないものは頑張って捨てましょう!

同時に、例えば以下に該当するものは捨てましょう。

  • 最近は着ていないけど、昔よく着ていたお気に入りの服
  • サイズが合わなくなった服
  • サイズが合わない靴(可愛くて買った高い靴・試着は大丈夫だったのに長く履いたら合わなかった靴など)
  • どう考えても、年齢的に似合わないデザイン

まず「最近は着ていないけど、昔よく着ていたお気に入りの服」を捨てる理由は、一昔前のアイテムを着こなすにはセンスが必要です。

いくら流行はまた回ってくるというのが真実だとしても、わたしの感覚では再流行したアイテムは以前のものと若干かたちが異なっていて昔のアイテムを着ると変なファッションになります。

それは、古着をカッコよく着こなすのが難しいという事実からも明白。

また「サイズが合わない服」を着ていると野暮ったかったりダサく見えるので、サイズが合わない服も捨てましょう。

ちなみに服だけでなく「サイズが合わない靴」を捨てるのも忘れないように!

靴というか足は、大事です。

サイズがおかしい靴を履き続けていると、指や爪が変形してしまったりと大きな問題が生じます。

だから、とにかくどストライクで衝動買いした高い靴や試着した時は普通だったのに長時間歩いたら全然合わないことが判明した靴などは破棄!

最後に「どう考えても、年齢的に似合わないデザイン」の服です。

なかなか自分だと判断がつかないので、家族に聞きましょう「コレ着てて大丈夫?」と。

友人だと優しいので、似合わないと言われても捨てる決断が鈍ってしまう可能性があります。

だから家族、その中でも特に辛辣に意見してくれる人を選んで確認しましょう。

でないと、恥をかくのは自分です。

似合わないより、サイズが合っていないより、何よりも「その服、どう考えても年に合ってない」がいちばん残念だから!

こんなことを言うと怒られそうですが、たまに明らか「その服はあなたの年齢には不釣り合いですよ〜」という方を見かけます。

もちろん、年齢なんか関係なくなんでも似合う方がいらっしゃるのも事実。

それに「着たい服着てるだけだし、文句言われる筋合いない」という意見があることも承知しています。

でもわたしは、自分に似合う服が着たい!

なぜなら、周りの目を気にしてしまうからです。

人一倍「どう見られているのか」を気にしてしまうわたしは、年甲斐もないと思われるような格好はしたくありません。

自分自身、年齢に見合わない服を着ている方を見かけると「無理してんな〜」と思ってしまう。

だから、やっぱりわたしは自分の着たい服より似合う服を着た方がいいという考えです。

売るようにすれば、意外と大丈夫

とはいえ、どうしたって捨てるのが苦手だという方は多いでしょう。

今レンタル倉庫が人気になっているもの、モノを捨てられない人が多い裏付けになります。

だからといって、似合わない服は持っていてもいいことないので、きっぱり手放すべきです。

そのまま捨てるのが苦手な方は、メルカリなどで販売してみるといいと思います。

販売するのは面倒ですが、ただ捨てるよりも現金化されるので精神的には断然捨てやすいです。

ただただ捨てるしかないと思っていたのに、少し手でもお金が手に入るなんてことになればけっこうあっさり手放せます。

というか、なによりお金になるって素晴らしい!(笑)

今まで要らないものは今まで捨てるか、頑張ってリサイクルショップに持っていくかでした。

リサイクルショップって、ほんとうに安いです。

どんなにたくさんのモノを持っていっても、小銭しかもらえない…持ち込みするのすごく大変なのに。

しかし、今ではメルカリやラクマといったフリマアプリやインターネットで申込みができる買取業者がたくさんあります!

対面で売るより高く売れるのが、ネットの特徴です。

フリマアプリは自分で値段を決めることができますし、ネットの買取業者の場合も自分でやる作業が多い分、買取価格も高くなります。

しかも、自分で持ち運ばなくてもいいから楽チン!

基本的には、ネット申し込みのあとに売りたい服を箱に詰めて郵送するだけでOK!

査定後のキャンセルもできちゃいます。

【古着買取王国】

いざ実践!パターン化の方法

さていよいよパターン化の実践です。

上記の記事でも簡単に紹介したように、わたしの推奨するコーデ固定化の方法は以下のとおりです。

  1. ボトムをひとつ床にひろげる
  2. そのボトムに合わせるトップスをいくつか選ぶ
  3. 一度着て試し、気にいるものを2〜3つ選ぶ
  4. 選んだ3つのトップスに合わせて、靴と上着を選ぶ

以上!

上の1〜4を繰り返すことで、私服パターン化作業は終了です。

コーデが決まれば、それでOK。

パターン化したものの着る順番まで考えていると、自由がきかなくなって苦しむことになりますので、順番までは考えないほうがオススメです。

ちなみにボトムの数については、オールシーズンで多くても10着程度だと服が増えすぎなくていいかなと思います。

このときにボトムがまだ多い場合は、ひとまずパターン化してみてコーデが気に入ったボトムを残しましょう。

そして、すべて選び終えたら破棄の時間です。

選ばなかった服は破棄しましょう。

コーデが決まってもいないのにただあるだけの服というのは、自分を惑わす存在になってしまいます。

またクローゼットに少しでも空きができれば、急な来客時に見られたくないモノを隠したりすることもできるかもしれません(笑)

二度見厳禁!

二度見厳禁!

コツと言うか、意識の面で覚えてもらいたいことがあります。

それは、捨てることに快楽を覚えるまでは我慢すること!

服に限らず、壊れていないまだ使えるモノを捨てるのは勇気が必要です。

今回のテーマ「私服のパターン化」などを行う場合には、不要となった服がいくつもでてくる可能性があります。

その最初の1着を捨てるのには、とてつもなく勇気が必要です。

しかし、最初の1着…また1着と捨てていくと、だんだん気持ちが良くなってきます。

どんどん減っていく服。

反対に空いていくクローゼット。

中毒みたいな感じになって「これも捨てていっか」と思うようになります。

そうなったらこっちのもんです!

自分に似合わない服は、どんどん捨てていきましょう。

だから、この捨ての境地とでもいう状況になるまでは、ただただ我慢です。

頑張って頑張って捨てましょう。

そして、最後にやってはいけないことがあります。

それは、捨てるものを見返すこと。

絶対にダメです!

一度ゾーンに入ってせっかく捨てられたものでも、もう一度確認してよく考えたら「やっぱ必要かも」って思ってしまうんですよ。

だから、絶対に見直しはしてはいけません!

すべては時短のために!捨てるまではやる

時短

いかがでしょうか。

私服のパターン化は難しいと思ってる方が多いかもしれません。

でも、実はカンタン!

そして楽しいです!

しかもクローゼットを見返すいい機会になるので、忘れていた掘り出し物が見つかるという可能性もあります。

だから、ぜひやってみてほしいです。

もし、パターン化するのがどうしてもできないという方は、せめて「パターン化の準備」でお伝えした①似合う服を見つける②似合わない服を捨てるの2つだけでもやってみてください。

私服パターン化の最大のメリットは、時短です。

服選びに悩む時間を減らすことができれば、その分睡眠や化粧、またはリラックスタイムに当てることが可能!

つまり、パターン化が難しい、パターン化を考える時間がないという方はひとまず服だけ減らしておけば私服選びの選択肢が減ることになります。

つまり、服が減ることで今までよりも考えられるコーディネート数も減り、悩む時間は減るはずです。

しかも手元に残っているのは、自分に似合うと判断した服ばかりなのでヘンテコなコーデにはなる可能性は低い。

以上のように似合う服だけ残すという作業によって、私服のパターン化によって得られる大きなメリットを受けられます。

だから忙しくて時間がない方でも、なんとか頑張って似合わない服の処理までは行いましょう。

捨てたらこっちのもん

捨てたらこっちのもん

時短のために、捨てるまではやるべきだとお伝えしました。

また、時短以外に精神的にもプラスがあります。

それは服を捨てることで、モノを減らすことへの情熱が湧いてくること。

クローゼットに余裕がある生活を送ってみると、使いやすさから「このスペースを保ち続けたい」と思うんです!

だから、服が欲しいという気持ちを減らしてくれます。

買い物へ行くと「ほしいな」と思う半面「またクローゼットにものが増えてしまう」という危機感が!

もちろん、たまに危機感そっちのけで服を買ってしまうこともあるとは思いますが…

服を減らすことで、確実に衝動買いは減らせる!

服を捨てるのは勇気が必要です。

しかし、破棄が完了したあとの達成感やクローゼットの余裕を目の当たりにする快感はすさまじいものがあります!

ぜひ味わってみてください!

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし