お気に入りアイテムライフスタイル

「オイルヒーターは暖かくならないのか?」使ってみた感想【アイリスオーヤマPOH-S1208M】

Oilheaterお気に入りアイテム

昨年、部屋の状況などを考えて、オイルヒーターを購入してみました。

実際に買ってみて、好みが分かれるモノだと感じています。

我が家では「わりといいかな」という感じです(笑)

買う前まで謎の多い機械だったので、今回くわしくレビューします!

こちらの動画でも紹介しています、よろしければご覧ください↓

スポンサーリンク

オイルヒーターとは?

まず、オイルヒーターの特徴は、以下の通りです。

  1. 暖まるのが遅い
  2. 静か
  3. 安全
  4. 乾燥しにくい
  5. 電気代が高め

オイルヒーターの仕組みは、機械の中に入っているオイルを電気で温めて、そのオイルがフィンの中を回ることで、最終的にフィンから熱が放出され、部屋全体が暖まるようになっています。

※フィンとは、オイルが入っているパネルのことで、我が家のヒーターだとこの部分のこと↓

フィン
黄色い四角で囲った部分がフィン

このような仕組みのため、エアコンの暖房やストーブなどと比較して、あたたまるまでに時間がかかる機械です。

我が家のオイルヒーターで6畳の部屋をあたためたとき、20〜25分時間がかかりました。※室温は体感

一方、電気でゆっくり暖めるため稼働音が静かだったり、表面温度が約60度と、ストーブなどと比べて接触したときに火傷する可能性が低く、安全性に優れています。

またオイルヒーターは、熱を放出しているだけで風が出ないため、乾燥しにくい点も特徴です。

一般的に、他の暖房器具よりも電気代が高いと言われています。

機種によって異なりますが8~10畳タイプの場合、1時間あたり1200wで最大約32円かかります

https://www.irisplaza.co.jp/media/A13956381720

製品によって形に差があるので、一概には言えませんが、エアコンやストープよりもラクに掃除できるものが多いです。

オイルヒーターはどんな人に向いているか

以上のような特徴を踏まえて、オイルヒーターおすすめできる人は以下のようになります↓

オイルヒーターが向いている人

逆にオイルヒーターをおすすめできないのはこのような人です↓

オイルヒーターが合わない人

※あくまでも個人の意見です、ご了承ください!

実際に買ったオイルヒーター

我が家のオイルヒーター

ここからは、我が家で購入したオイルヒーターについてくわしく紹介していきます!

購入したのは、アイリスオーヤマの8畳用オイルヒーターで、色はホワイトを選びました。※木目ダーク・木目ナチュラル・ホワイトの3色展開

操作は、タッチパネルに触れて操作します。

操作パネル

温度は5度〜35度まで1度ずつ調整でき、指定した温度をキープ

ヒーターの強さは弱・中・強の3段階です。

エコモードタイマー機能チャイルドロックもあります。

そして、なにかの拍子で本体が倒れた場合に、自動で電源OFFしてくれるのも嬉しいです。

大きさ・重さは以下の通りで、すごく場所を取るようなサイズではありません。

幅(操作パネルのある面):25.5cm

奥行(一番大きい面):43cm

高さ:63.5cm

コード長さ:1.6m

重さ:10.5kg

キャスターと取手が付いているので、比較的移動しやすくなっています。

実際に使ってみて感じたメリット・デメリットはこんな感じです↓

  • エコモードで効率的にあたためられること
  • 比較的お買い得価格なこと
  • デザインがシンプルなこと
  • キャスターの動きがにぶいこと
  • コードの長さが短いこと
  • ボタンの音が大きいこと

メリット

エコモードで効率的にあたためられること

ひとつ目のメリットは、エコモードが付いていて、効率よくあたためられることです。

タッチパネルの「エコ」のボタンを押すと、エコモードでの運転に切り替わり、電源マークの横に葉っぱのマークが表示されます。

エコモードでは、強10分と弱30分が繰り返して運転され、省エネです。

室温が25度になると自動で運転が止まり、温度が下がるとまた自動で暖房が入ります。

通常運転で使っていると、うっかり強レベルでずっと運転させてしまうことがありますが、エコモードを使えば自動で弱と強を入れ替えてくれるのでラクです。

また、25度という低めの温度をキープしてくれるので、部屋があたたまりすぎてボーッとすることもありません。

比較的お買い得価格なこと

アイリスオーヤマ

我が家で購入したのは、アイリスオーヤマのオイルヒーターです。

そして、アイリスオーヤマと言えば、良心的な価格なモノが多い!(笑)

実際にこのオイルヒーターの価格は10,980円(※編集時点のAmazon価格)と、他の会社の似たような機能が付いている製品より安いです。

オイルヒーターは他の暖房器具と比較して電気代が高いので、本体価格をすこしでも抑えたい人にはアイリスオーヤマがおすすめできます。

デザインがシンプルなこと

デザインがシンプルなこと

見た目がシンプルなことも気に入っているポイントです。

タッチパネルのボタンがスマートですし、フィンの形はS字なので視界にはいっても気になりません。

インテリアに馴染みやすいデザインだと思います。

デメリット

キャスターの動きがにぶいこと

キャスターの動きがにぶいこと

このオイルヒーターには、キャスターと取手が付いていて、移動しやすいようになっています。

しかし、ちょっとキャスターの動きがにぶいです…

ずっとではありませんが、キャスターの回転が遅くてなめらかに動いてくれないことがあります。

もうすこし動きがスムーズだと、より便利だと思いました!

コードの長さが短いこと

コードの長さが短いこと

このオイルヒーターのコードは1.6mです。

個人的には、もうすこし長さがあるといいなと思います…

設置したい場所によっては延長コードが必要です。

また、オイルヒーターのコードは、操作パネルの下に付いていることが多く、家具の配置など部屋の環境によってはコードの長さがないと不便だと感じます。

延長コードなしで暖房を使いたい人には不向きかもしれません。

ボタンの音が大きいこと

オイルヒーターのいいところのひとつに、稼働音が小さいことがあります。

本体に耳をかなり近づけてもほとんど聞こえないので、本当に優秀です。

しかし…このオイルヒーターはボタンの音が大きい!(笑)

どのボタンを押しても、割と高いピッという音が鳴ります…

そして、音を消すことができないので、電子音が苦手な人にはおすすめできません。

暖かくなるまで時間はかかる

あたたまるまで時間がかかる

オイルヒーターは、部屋があたたまらないことはありません。

ただ、あたたまるまで時間がかかったり、あたたまり方も他の暖房器具よりも弱かったりするので、苦手な人も居ると思います。

しかし逆に、ゆっくりじんわりあたたまるオイルヒーターがいちばん好みという人も多いはずです!

わたし個人としては、部屋があたたまりすぎると集中が切れてしまうので、読書やパソコン作業をするときに重宝しています。

好みは分かれる機械だと思いますが、エアコンやストーブが苦手だという人には、オイルヒーターがおすすめです!