スーツファッション

「クリーニングで落ちのるか?」スーツのカビ編

moldスーツ

オフィスカジュアルOKな会社であっても、スーツを着なくてはいけない日があるかと思います。

保管していたスーツが、いざ着ようという時にカビがはえていた。こんなとき、真っ先に思い浮かぶのが「クリーニングに出してみる」という方法です。

スーツにできたカビは「クリーニングで落としてもらえるものなのか」を検証していきます。

スポンサーリンク

カビの種類による

結論からお伝えすると、クリーニング可能です。

ただし、「カビの種類よっては」という条件付きになります。

衣服につきやすいカビは「白カビ」と「黒カビ」の2種類に分けることが可能です。

この2種類のカビはただ色が違うだけではなく、クリーニングでの対応も異なってきます。

白カビなら除去可能

白カビは、衣服につく代表的なカビです。

そしてこの白いカビであれば、クリーニング屋さんで除去してもらうことができます。

また、軽度なものであれば自分で応急処置することも可能です。

やり方は以下の通り。

  1. マスクをつける
  2. 家の外でカビをはたく
  3. 40度近くのお湯を浸したタオルまたはエタノールで叩くように落とす※こすらない
  4. しっかり乾かす(天日干し・ドライヤーなど)

どうしてもカビに気がついたその日にスーツを着なくてはいけない場合は、この方法で応急処置をすることができます。

しかし、スーツなど何度も着る大切な衣類はその後クリーニングに出すべきです。

カビには根があるため、クリーニングでしっかり根を落としてもらわないとまた同じところにカビができてしまう可能性があります。

黒カビは特殊

黒カビといえば、お風呂場やら台所、寝室などどこでも見かけることがある一般的なカビ。

しかし、しつこさは規格外!

カビには根があり、白カビの根はクリーニング屋さんで除去できるのですが、黒カビは根まで除去できない場合も多いのです。

そのため、クリーニング屋さんへ持っていっても断られてしまうケースもあります。

お店によっては「条件付き」で対応してくれるところもありますが、カビの程度に関わらず「黒カビ」というだけで断られる可能性が高いと認識しておくべきです。

黒カビに対応してくれるクリーニング店は「特殊なしみ抜き」ができる店舗となります。

また、そんなカビに対応できるプロでも完全に除去できないかもしれないのが黒カビです。

安い服の場合は、黒カビができてしまった時点で捨てて新しい洋服を買った方が安上がりの可能性もあります。

どうしても諦められない洋服のある人は、まずは一度クリーニング屋さんに相談してみるといいでしょう。

スーツのカビ取り価格は?

白カビを除去するためには、通常のドライクリーニングに出せばOKのため値段はあまり高くありません。

おおむねスーツ上下で1,000円〜2,000円程度です。

ただし白カビの場合でも、かなり重度な場合には追加料金がかかってくる可能性もあります。

高額請求に泣かないためにも、申し込み時に「カビ取り」の依頼だということを伝え「いくらかかるのか」について確認しましょう。

一方で、黒カビはそもそも高額請求になることが多いです。

黒カビの場合は基本的に「特殊なしみ抜き」を依頼することとなります。

そのため、価格は数千円〜1万円以上かかることも!

カビの状態や範囲、服の種類・ブランドなどによって料金は変わります。

もちろん黒カビ除去を安くやってくれるクリーニング店もありますが、高い請求が送られてくる心構えを作っておいた方がいいです。

そして何度も言いますが、黒カビはクリーニング店でも確実にすべてを除去できるわけではありません!

黒カビがついてしまったスーツは、ほんとうにカビ取りを依頼する価値があるのかをよく考えてから依頼しましょう。

カビの発生する原因

梅雨の時期などに衣服のカビが発生してしまうことは、比較的よくあります。

湿度と温度が高くなったクローゼット、特に掃除を怠っていてホコリが多い場合はカビの発生リスクが高いです。

カビは「気温20度以上・湿度60%以上」という環境で活発に動きます。

除湿機もオススメ

そのため、クローゼットの風通しを良くすることが大切です。

クローゼットは窓が付いていることが少なく、湿気がこもりがちのため意識してドアを開けて空気の入れ替えをする必要があります。

また、洋服をパンパンに収納しないこともポイント。

洋服が多ければ多いほど衣服同士接する可能性が増え、空気の通りも悪くなります。

ミニマリストのように服を減らせないとしても、服と服の間はもう1着服が入るくらいの隙間があると安心です。

ちなみに我が家はマンションのため、定期的にクローゼットを除湿機で乾燥させています。

↑除湿機

そのおかげか、今のところはカビは目にしていません。

コートやデニムの取り扱いにも注意を

また、もうひとつ重要なのが掃除です。

カビの餌になるのはホコリや汚れ。

そのため、まずは定期的にクローゼットの掃除をすることが大切です。

そして、コートなど一度着ただけで洗わない衣服にはブラシをかけて、なるべく汚れを落としてからクローゼットに入れるようにしましょう。

衣替えでしまうオフシーズンの洋服も洗濯後、しっかり乾燥させてからしまうようにすることも大切です。

普段は自分で「手洗い」や「洗濯機のドライ機能」で洋服を洗っている人も、衣替えのときには「クリーニングへ出す」と、よりカビの心配が減るでしょう。

気をつけていてもカビが付いてしまったら

いくらカビがつかないように気をつけていたとしても、湿度が高い時期やしまっていたオフシーズンの洋服にカビがついてしまうことはあります。

そんなカビがついた洋服を発見したら一刻も早く隔離し、他の衣類やクローゼットの被害を確認します。

念の為、マスクやあればメガネを装着してから作業しましょう。

他に被害がなければ、その洋服だけビニールに入れてクリーニング屋さんへGO。

クリーニングに出す服は、早ければ早い方がきれいにしてもらえる可能性が高くなります。

そして白カビ・黒カビに関わらず、クリーニング屋さんにきちんとカビ取り依頼である旨を伝え、先に料金を確認しましょう。

もし料金がカビ取りを依頼するスーツと見合わない金額だった場合はそこでキャンセルし、自分の納得できる価格だったらカビ取り作業を依頼すればOK。

しかしながらカビ取りがNGのクリーニング屋さんも多いので、ダメ元で相談しましょう。

事前相談がおすすめ

カビ取りにいくらかかるのか不安な場合、事前に詳しく相談したいですよね。

持ち込むのが一番早いですが、「せっかく洋服を運んだのに結局キャンセル」というのは疲れます。

そんなときは、宅配クリーニングに依頼するのがおすすめです。

宅配クリーニングの場合は顧客の相談窓口があるため、申し込む前に衣服の状態や価格について相談することができます。

また宅配クリーニングはしみ抜き無料の会社もあり、中でも大手のリネット血液などのタンパク質のシミやカビのしみ抜きも無料です!

  • 高い服ではないが、思い入れのある服がカビてしまった人
  • 一度にたくさんの洋服がカビてしまった人
  • ダメ元でカビ取りを依頼したい人

リネットに依頼

現在リネットなら、プレミアム会員の初回利用特典として30%OFFかつ初回送料無料と、かなりお得です。

個人的におすすめなのはリネットです。料金も安く、納期も早いので、スーツのカビを取りたいならひとまずリネットにお願いしておけば失敗はありません。

わたしがシューズ選びで失敗しない理由

わたしは今まで、シューズを買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(シューズだけでなく、洋服やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

パンプスだけでなく、スニーカーなど靴全般の購入には「PrimeWardrobe」を利用するのがおすすめです。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

Amazonプライム会員とは? 
無料お試し期間【30日間】
※無料体験期間中は本会員とまったく同じサービスが利用可能
おもな会員特典①「お急ぎ便・お届け日時指定便が無料」

②「Prime Video」
対象の映画やTV番組が見放題

③「Prime Music」
100万曲以上の楽曲が聴き放題

④「PrimeWardrobe」
洋服・シューズなどを自宅で自由に試着できる

⑤「プライム限定価格」
対象商品がお得な割引価格で買える

※他にもお得な特典アリ!
▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし