minneファッション通販

【minneの買い方&感想】実際のところ「写真と実物はちがうのか?」

minneminne

ハンドメイドマーケット【minne】を使ったことがありますか?

minneとは、手作り作品をアプリまたはWEBサイトからカンタンに買ったり売ったりできるサービスです。

以前テレビでCMも流れていましたし、知っている方がほとんどだと思います。

ほんと今更ながら、初めて利用してみました。

石のようなピアスがどうしても欲しくて、色々探し回った結果minneで発見!

またピアス買ってんのかよという感じですが(笑)

ということで今回は「実際に届いた製品と写真とちがうのか」といった感想と「minneでの買い物方法」を紹介します。

スポンサーリンク

写真と違うの?

ネット通販全般に言えることですが、写真と実物の違いはどうなのか心配ですよね。

特にminneはハンドメイド作品なので、既製品よりも心配になってしまいます。

結論から言うと、作品による!

写真通りの作品もあれば、ぜんぜん違うという口コミもあります。

ちなみに今回わたしが購入したピアスは、写真通り!

参考までに、紹介します。

買ったピアスを実物とminneの写真で比較

ということで、実際に届いた作品と写真を比較してみることに!

minneに掲載されている一枚目の写真は、おしゃれな光が入った写真でちょっと印象が違いました。

しかし2枚目以降の写真はほぼ実物通り。

実際に届いたピアス
minneに掲載されていた写真

形や色、ほぼ同じ!

わたしが撮った実物の写真はちょっと暗いので光沢がないように見えますが、本当はプラスチックの光沢があります。

つまり、作家さんが載せているminneの写真の方が実物に近い!

もちろんminneで販売されている作品全てが、写真通りとはいかないかもしれません。

しかし、きちんと明るい場所で撮影されている写真は信用できる!

また、複数の写真が掲載されている方がより安心できます。

最初の1枚はちょっとおしゃれな写真にしているケースが多いのですが、2枚目以降は実物に近い写真が載っているからです。

写真と購入者の口コミを一緒に確認することで、どれくらい写真が実物に近いかを確認することもできます。

作家さんの「写真の腕」による

やはりこちらも作家さんの写真の方が実物に近い

結局のところ作家さんの撮る写真次第で、写真と実物に差は生まれてしまいます。

そもそもminneは素人の方でも販売ができるというサービスで、ハンドメイドは好きでも写真の腕まで持っているとは限りません。

だから差ができてしまうのは、仕方のないことです。

しかし、それ以上に「人とは違ったものを持てる」という優越感を感じます(笑)

わたしもずっと探していた、石のようなデザインのピアスを発見できて本当に嬉しいです。

お値段も店で買うより安いので、好きなデザインがあるかだけでも調べてみるのはオススメ!

「購入方法は?」探すのも買うのもすごくカンタン!

ではどうやって購入するのか、その方法についての説明です。

※アプリでの説明です、ご注意ください。

画像1

まずアプリを開くと↑「画像1」のような画面になりますので、赤く囲った【会員登録・ログインする】をタップ。

画像2

すると↑「画像2」の移動しますので、上の方にある赤い四角で囲ったオレンジ色の部分で【会員登録】【ログイン】を選んでください。

すでに会員登録している方は【ログイン】を選び、アドレスとパスワードを入力。

まだ登録していない方は【会員登録】を選び【アドレス・ユーザーID・パスワード】を入力します。

入力後は【利用規約に同意して会員登録】をタップ。

ちなみにユーザーIDは、実際に取引する前までのニックネームのこと。

取引の際は、作家さんが配送の手配をするので実名での取引です。

画像3

会員登録とログインそれぞれが終了すると↑「画像3」左のように最初の画面に戻ります。

ここでオススメランキングやminneの特集している作品をチェックしたり、検索したりすることが可能です。

今回わたしは石のようなピアスがほしかったので、検索することに。

↑「画像3」の上に赤く囲った虫眼鏡マークのところに検索したい物を入力します。

ちなみに、ピアスやコート、ネイルチップなど細かいカテゴリーを絞って検索することも可能です。

画像4

今回は↑「画像4」のようにイヤリング(ピアス)に絞って検索します。

画像5

↑「画像5」のように#でも検索可能です。

気に入った作品があれば、タップして↑「画像5」右のような商品詳細ページに移動。

画像6

ちなみにminneの作品は、最大5枚まで写真が掲載されています。

↑「画像6」左画像の真ん中にある白い点(小さい赤の四角)を左右にスライドして複数の写真を見ることが可能です。

写真と大きさ・送料などの情報をしっかりチェックして買いたい作品を探しましょう。

買いたいものが決まったら↑「画像6」左の【カートに入れる】もしくは【ApplePayで購入】をタップ。

今回は【カートに入れる】に進みます。

すると↑「画像6」右の画像に切り換わるので、もう買い物を終了する場合は【カートへすすむ】をタップ。

もし、まだ買い物を続ける場合は【買い物を続ける】をタップしましょう。

たくさん買うと後悔するので、【カートへすすむ】にします。

画像7

↑「画像7」の左画像で、自分がカートに入れた作品に間違いないか確認し【購入手続きへ】移動。

移動したら↑「画像7」右画面の赤い四角で囲った部分【配送方法・備考(色/サイズなど)・クーポン・ポイント】を入力し【次へすすむ】か【ApplePayで購入】を選びます。

今回はクレジットカードでの購入なので【次へすすむ】をタップ。

画像8

↑「画像8」になるので、配送先と決済方法を確認します。

もし住所が変わっている場合は↑「画像8」右の画像で赤い丸をつけた三角印のところから変更可能です。

配送先と決済方法のどちらも入力が終わったら【注文の確認】をタップします。

画像9

改めて、今まで入力した情報に誤りがないかチェックし【注文を確定する】をタップ。

最後に↑「画像10」の画面が出ればOKです。

ちなみに、注文の確認は↓「画像11」のように【ホーム画面左上の三本線マーク⇒買ったもの】で見ることができます。

画像11

便利なサービス

続いてminneについて改めて説明します。

GMOペパボ株式会社が運営する、ハンドメイド作品のネット通販です。

HPには以下のように説明されています。

minneは、ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。パソコンやスマートフォンを使って、作家さんから作品を直接購入することができます

minneについて

つまり「趣味で作ってい物を販売してみたい人」や「作家として活動しているが販売経路がない人」という売りたい人にとっては販売場所を提供。

「なかなかないデザインのものを買いたい人」や「まだ人気になっていない作家さんを応援したい人」という買いたい人にとっては購入場所を提供。

上記のような希望を持った売りたい人買いたい人それぞれにとって、最適な場所を提供してくれるのがminneです。

しかも、売るのも買うもの楽チン!

売るのがカンタンということもあって、素人さんだけではなくてプロ作家として活動されている方の作品も結構あります。

そしてそれはお店で買うより安いものも多い!

minneで人気の商品は再販売されているケースが多いです。

失敗したくない人は、再販買の回数を確認すれば安心して買えるでしょう。

ネット通販で失敗したくないなら

ここまでハンドメイド作品が手軽に購入できる、minneについて紹介してきました。

しかし、やっぱり既製品が安心という方もいるでしょう。

もしくは、実物が見られないファッション通販は不安だという意見もあります。

そんな方は「PrimeWardrobe」というAmazonの試着サービスをぜひ試してほしいです!

コチラ↓でくわしく紹介しています。

AmazonPrime本会員限定のサービスで、送料も返送料も無料で購入前に商品を試すことができます。

1度に試すことができるのは最大で6つのアイテム。

もちろんついているタグなどは外したりせず、大切に扱わなければなりません。

それでも、購入前に試着ができるネット通販ってすごすぎる!

ネット通販で失敗したくない方はぜひAmazonの「PrimeWardrobe」を試してみてください!

▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし