洋服のお手入れ・洗濯

洗濯物の「干し方が汚い」と言われないために実践していること3つ

laundry洋服のお手入れ・洗濯

洗濯物を干すのって、けっこう面倒ですよね。

かといって、サボると後悔します。

なかなかないことですが、家族に「干し方が汚い」なんて怒られた日には…たぶん泣いて逆ギレする(笑)

そんなことで泣くことがないように、私が実践している「最低限洗濯物をきれいに干すためにやっていること」を紹介します。

スポンサーリンク

できるだけ楽をする

干し方のポイントは「可能な限り楽をする」ことです。

毎日やることは、自分の負担になってしまうと絶対に続きません。

必ず自分が毎日続けられる範囲でやりましょう!

洗濯物をきれいに干すコツ
  • タオルは乾燥機
  • ハンガーに干した洗濯物をそのままクローゼットにしまう
  • 強い振りと手アイロン

タオルは乾燥機

タオルは、干すのではなく乾燥機がオススメです。

理由は、乾燥機で乾かすと干すよりもタオルのふわふわ加減がグンと上がります。

そもそもタオルを干す何よりの欠点は「面倒なこと」です。

他の洗濯物よりも数が多いし、ちょっとでも油断すると汚くなってしまいます。

タオル干しは「はさむ位置がバラバラ」やら「洗濯バサミよりもタオルの数が多かった」場合に干した時のバランスが悪くなり、汚くなりがちです。

このような理由からもタオルは乾燥機がオススメです。

ハンガーに干した洗濯物をそのままクローゼットにしまう

ハンガーに干した洗濯物をそのままクローゼットにしまうことで「クローゼットに入れたときの状態」が想像しやすく、どう干しておけば楽なのか考えてることができます。

  • 表に返して干す
  • シワを伸ばす
  • 人別に分けて干す

「ハンガーに干した洗濯物をそのままクローゼットにしまう」という流れをつくることで、最初から上記の作業を意識しやすくなるので非常に楽です。

あくまでも意識の問題ではありますが、クローゼットと同じハンガーを使うだけで「慎重に洗濯物を干そう」という気持ちが強くなります。

洗濯用のハンガーとクローゼット用のハンガーを分けていた頃は、どうせまたクローゼット用のハンガーにかけ直すからと洗濯物を干すのが雑になってしまいました。

しかし、干した洗濯物をそのままクローゼットにしまうようにすると「最初からきれいに干さないとクローゼットも汚くなる」という考えがはたらき、きれいに干すことに成功しやすくなります。

そして同じハンガーにすることは、取り込んだ後の作業を減らすことも有効です。

クローゼットに直接入れるハンガーを汚さないように、物干し竿だけはきれいに拭いておかないといけませんが、他は良いことづくめ。

強い振りと手アイロン

手アイロンとは、わたしが洗濯物のシワを伸ばすためにやっている作業に勝手につけた名前です。

シャツやブラウスなどのシワを伸ばしたい衣類は、干すときにしっかりシワ伸ばし作業をします。

まずは洗濯機から出したシャツを強く振り、その後手アイロンという作業手順です。

シャツの肩部分を持って、かなり力強く振ること3回。

こうして
こう!(笑)

その後、手で上下左右に引っ張って更にシワを伸ばします。

最後はこのように↓手のひらでシャツを挟み、手を押し合うようにしてシワを伸ばす、これが手アイロンです。

手アイロンを含む、シワ伸ばし作業をするとしないでは乾いた後のシワのつき方がぜんぜん違います。

シワシワの状態のまま干していると「汚い」発言リスクが高まるため「強い振り」と「手アイロン」だけでもするのがオススメです。

ちなみにもっとパリッとシワを伸ばしたい場合は、脱水が終わったら一度アイロンをかけてから干すとよりシワが伸びます。

アイロンのかけ方など、洋服のお手入れ方法について書いたコチラ↓の記事も参考にしてください。

洗濯表示で学ぶ干し方

毎日の洗濯で、洗濯表示を気にしながら干すのは面倒くさいです。

洗濯表示を気にするのは大切な洗濯物だけの方が多いと信じていますが、洗濯表示の意味を知っておくのは悪いことではありません。

ということで、洗濯表示の意味をお伝えします。

まず、日本の洗濯表示は2016年の12月に世界共通マークに変更されました。

そのため、1着を長く着る人の場合は旧洗濯表示の洋服がついている可能性があります。

新洗濯表示の方が1つ多い

  • 旧洗濯表示の干し方は洋服のマーク↓
  • 新洗濯表示の干し方は四角の中に線(縦か横)が入っているマーク↓

この2つは同じ意味で「日陰で平干し」となります。

  • 新洗濯表示のドラム式洗濯機のような四角に丸が描かれたマークは「乾燥」に関するもの↓

この意味は「タンブル乾燥禁止」です。

縦線だと「吊り干し」

↑このように「ドラム式洗濯機マーク」に×がついているのは「タンブル乾燥禁止」の意味。

また「四角の中に縦線」が入っているのはハンガーにかけて干す「吊り干し」の意味です。

このマークの左上に入っている斜めの線は「日陰」を指します。

つまり、この洋服はハンガーなどにかけて「日陰で吊り干し」できるが「乾燥は禁止」ということ。

平行な線は「平干し」

↑ちなみに干し方のマークが、このように「四角の中に横線」が入っていると「平干し」の意味にです。

わたしは平行な線の「平」と覚えています。

コチラの洋服は「日陰で平干し」できるが「乾燥は禁止」です。

タンブル乾燥OKは稀

↑この洋服は珍しく、ドラム式洗濯機マークの円に「点」がついており「タンブル乾燥機OK」になっています。

タンブル乾燥は、ユニクロのヒートテックもNGになっているのでOKなのは本当に珍しい!

もしこのドラム式マークの円の中につけられた点が2つの場合は「80度までの温度で」点が1つの場合は「60度までの温度で」乾燥機OKです。

そしてまたまた珍しいことに、干し方についての注意書きも特にありません。

つまりこの洋服は「どうとでも干せる」し「60度までの低め温度なら乾燥機もOK」となります。

ちなみに三角のマークは漂白剤についての説明ですが、白いマークと黒いマークで違いはないです。

三角にバツがついている場合は「漂白剤NG」となります。

自宅洗い不可は干し方が書かれていない

↑このような桶の洗濯表示は「洗い方」を表すのですが、このマークに×がついていると「自宅で洗えない」洋服です。

このマークがついていると、基本的に干し方のマークはついていません。

自宅で洗えないのだから表示がないことにもうなずけますが、ついつい自宅で洗ってしまうこともありますよね。

そんな時は、とりあえず日陰で平干ししておけばOK。

「自宅で洗えない=デリケート服」という方程式が成り立つからです。

特にニットなどの「水を含むと重くなって伸びてしまう服」は吊り干し絶対NG。

ただし、わたしが洗濯表示を確認しもせずに洗濯機で普通に洗ってハンガーにかけて干した洋服は意外と普通でした(笑)

あまり高価な洋服以外については、洗濯表示を無視しても大変な事態に陥ることはないでしょう。

しかし、実際に洗濯表示を守って丁寧に洗濯するとかなりきれいに仕上がります。

面倒でないときは洗濯表示通りに洗って干すと、乾いてからのお手入れは楽です。

洗濯物を「汚い干し方」にしないコツ

わたしはかなり面倒くさがりで、細かいところまで気にして洗濯物を干すことはできません。

そのため、最低限きれいに干すためにやるようにしていること「シワを伸ばす」と「洗濯物同士のすき間をあける」の2つです。

この2つだけは絶対にやるということを意識し、あとは先ほどお伝えした3つの干し方を実践するだけ。

この方法で今まで「汚い」とは言われずに済んでいます(笑)

ちなみに、朝干すのが時間がなくて汚くなってしまう場合は「夜に干す」なども有効です。

洗濯物は干すのも取り込むのも大変な作業なので、クローゼットにそのまま入れられるようにするうのは、ほんとうにオススメ!

ただ、あくまでこの方法はわたしに合っていた方法なので「自分がいかに楽をしながら最低限きれいに干せるのか」を考えて干してみてください。

わたしが宅配クリーニングを使い続ける2つの理由

わたしがクリーニングを利用するときには、必ず宅配クリーニングを使っています。

宅配クリーニングを使うのは、2つのメリットがあるからです。

  • 「量が多くても簡単にクリーニングに出せる」
  • 「シミ抜きが無料」

特におすすめなのが宅配クリーニングのリネットです。

リネットは、クリーニングに出す洋服を自宅まで無料で取りに来てくれます。

そして、クリーニング後のきれいになった洋服も自宅まで無料で届けてくれます。

しかも、ネットから24時間申し込みできるので非常に助かっています。

もう一つ、わたしが個人的に気に入っているポイントがあります。

それは、普通のクリーニング店では追加料金がかかることの多い「シミ抜き」が無料というところです。

以下の項目に1つでも当てはまる人は、試しに宅配クリーニングリネットで相談してみることをおすすめします。

  • クリーニング屋さんに行くのが面倒な人
  • 落ちないシミ汚れに悩んでいる人
  • 忙しくてクリーニング屋さんに行く時間がない人

おすすめの宅配クリーニング比較 
サービス名リネット
リネット
会員費通常会員:無料
プレミアム会員(月):
429円/月(税込)
プレミアム会員(年):
5,148/年(税込)
参考価格(セーター)649円(税込)
納期目安7日〜
※プレミアム会員は
最短2日後
送料無料条件10,000円以上で送料無料
※プレミアム会員は
1,900円(税抜)以上で送料無料
特徴・価格が安い
・プレミアム会員は
毛玉取り無料などの
サービスが充実
公式サイトリネット

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし