おすすめアイテムライフスタイル

【ユニットシェルフと相性◎】無印っぽい便利なキッチン家電4つ

kitchenおすすめアイテム

我が家の食器棚は、無印良品のユニットシェルフで作っています。

ほんとうは家電も無印で揃えたいなと思ったのですが、求める機能や予算などを考えて断念しました。

そこで、自分たちの欲しい機能を持ったシンプルで「無印っぽい」家電を購入し、使っています(笑)

今回は我が家の無印っぽいキッチン家電4つの紹介です!

こちらの動画で実際に4つの家電を使って朝食と昼食を作る様子を紹介しています、よろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

白くて無印っぽい

「無印っぽい」家電を探すときに、まずは「白い」ことと「無駄な装飾がない」ことを重要視して選びました。

がんばって探すと、意外と見つかります(笑)

すべての家電がお気に入りです。

早速ひとつずつ紹介していきます。

TWINBIRDの電子レンジ

キッチン家電の中で利用頻度がかなり高い、電子レンジは【TWINBIRD】のものにしました。

手前に開く扉で、網目まで白いデザインが特徴です。

機能は、ごく一般的な電子レンジという感じで「あたため」「オーブン」「グリル」などが備わっています。

わたしはあまり料理が得意ではないので、これくらいの機能があれば十分!

グリル機能でパンも焼けますし、飲み物やご飯はボタンひとつであたためできます。

なぜ無印にしなかったかというと、たてに開く扉が良かったからです。※約2年ほど前

以前、よこ開きのレンジを使っていて、置く場所が限られてしまったり何かと不便だったため「たて開き」は必須でした。

しかし、無印にはよこ開きのレンジしか取り扱いがなく、断念…

そして見つけたTWINBIRDのレンジは、なんと網まで白くてとっても無印っぽいです。

さらに、レンジ内がフラットなため掃除もしやすくてとっても便利。

ちなみに現在は、無印にも同じような白い電子レンジが販売されているようです。

三菱電機の炊飯器

炊飯器は【三菱電機】の炭炊釜を使っています。

シンプルな四角いデザインで、5.5合炊きです。

また、白米だけでなく玄米や発芽玄米が炊けたり、お粥や炊き込みごはんといったメニューも豊富です。

芳醇炊きという、甘みを引き出して炊く機能もあり、毎日のご飯をより楽しむことができます。※発芽玄米・玄米には使用できません

そして、もうひとつ重要な点が掃除のしやすさです。

購入時に家電量販店でいろいろな炊飯器を比較した感じでは、取り外した内蓋を洗うのが割と楽なタイプだったので購入を決めました。

無印の炊飯器はとてもかわいいですが、3合炊きだったのでNG。

あまりお米を食べない家庭や、一人暮らしの場合には無印の炊飯器もありだと思います。

YAMAZEN(山善)のケトル

以前も紹介しました【YAMAZEN(山善)】の電気ケトル。

温度調整機能(60度〜100度)や保温機能がついていて、大変便利です。

また、注ぎ口が細いため飛び跳ねにくかったり、ドリップコーヒーも入れやすい!

こちらの記事で詳しく紹介しています↓

我が家では、コーヒーマシンを手放す際にケトルを新調したので、細口のケトルを探しました。

そして出会ったこのYAMAZENのケトルは、ほんとうにお気に入りです(笑)

無印のケトルは細口ではないため購入しませんでしたが、見た目が丸くてとてもかわいい!

女性が好きなデザインだと思います。

YAMAMOTOのミキサー

4つ目の無印っぽいキッチン家電は【YAMAMOTO(山本電気)】のミキサーです。

なんと1台で「きざむ」「ひく」「くだく」「おろす」「する」「こねる」「まぜる」「泡立てる」の8役!!

しかも食材を入れるボウルはステンレスなので、熱い料理も冷たい氷といったさまざまなものが入れられます。

本体購入時に、ブレードとグレーター・スパチュラ・2種類のパッキンが付属。

何よりも、大容量で一度にミキサーできる量が多いのが重要でした。

我が家では「すりごま」を大量に使うので、粒ごまを買って自宅ですります。

一度になるべくたくさんの量がすれるようにするには、無印のものだとちょっと足りません。

大容量なだけでなく、YAMAMOTOのミキサーはほんとうに使い勝手がいいので、おすすめできます!

なによりステンレスボウルというのがとても便利で、かっこいいです(笑)

本体のロゴは派手ではありませんが、茶色と青色で書かれており、すこし青色が目立ちます。

ちなみに、我が家のものとはすこし仕様が異なりますが、同じくYAMAMOTO製のミキサーで「道場六三郎モデル」というものを発見!

そちらだと、ロゴもシンプルでオールシルバーの素敵な色があります!

無印っぽいキッチンは無印以外でも叶う

今回紹介したように、頑張って探せば「無印っぽい家電」は意外と見つかります(笑)

無印良品っぽいキッチンを作るためには、必ずしも無印の家電を買わないといけないわけではありません。

自分の希望する機能や予算の中で、理想の家電を探してみてはいかがでしょうか。