おすすめアイテムライフスタイル

【我が家の加湿器】寝室・デスク・車載用などにおすすめな3台

humidifierおすすめアイテム

秋冬になると、空気が乾燥してきますよね。

わたしは喉が弱いため、乾燥すると部屋の中でもマスクをしないとむせるなんてこともあります…

むせること以外にも、肌や爪のカサカサが悪化するため、早めの乾燥対策が必要です。

そのため我が家では、いたるところに加湿器を設置中。

今回は、実際に使ってみておすすめできる3つの加湿器を紹介します。

こちらの動画でも紹介しています、よろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

寝室にはキシマの加湿器

早速ですが、3つのおすすめ加湿器はこちら↓

  1. 株式会社キシマ「超音波加湿器KNA88070」
  2. NAKAKO「ダブルノズル卓上加湿器KQNH0」
  3. HandFan「ダブルノズル卓上加湿器HF503」

大容量で、アロマが使いやすい

大容量で、アロマが使いやすい

まずおすすめしたい加湿器は、株式会社キシマの「超音波加湿器KNA88070」というモデルです。

↓我が家の加湿器と似た製品

大きさは【直径:約19.5cm/高さ:約27cm/コードの長さ:約1.5m】

卓上タイプよりも大きく、水は約4L入ります。

長時間運転ができることや、スリープモードがあること、アロマオイルを水に直接入れられることが寝室利用におすすめするポイントです。

アロマオイルを水に直接入れられる

わたしは睡眠中、常に加湿しておきたいので、たくさん水が入って長時間運転できるこの加湿器はとても便利だと思います。

またスリープモードだと水のタンク本体のライトが光らなくなるため、寝始めに光が気にならなくていいです。

そして、何よりもおすすめするポイントが「アロマオイルを水に直接入れられる」ということ!

寝るときはアロマオイルの香りを嗅ぎながら眠りたいですが、スポンジにオイルを染み込ませたり、別の場所に入れたりするのは面倒だと思ってしまいます…

しかしこの加湿器なら、水を足すとき一緒にアロマオイルを入れるだけでOK!

すごく楽です!

毎日オイルを入れて眠れて、心なしかぐっすり眠れている気がします。

ちなみにわたしは、加湿器の稼働音も気になりません。

給水がしやすく、洗いやすいため、もちろん寝室以外にもおすすめです!

洗いにくい場所
すこし洗いにくい場所でこんな感じです↑

その他の性能など

キシマの加湿器は「超音波式」で、いちばん強いモードで運転した場合の連続加湿時間は約13時間

Low(加湿性能:約100ml/h)Middle(約200ml/h)High(約300ml/h)・スリープ(約100ml/h)」の4種類のモードがあります。

High
Highモードの様子

適用床面積は、木造和室で約5畳、プレハブ洋室で約8畳です。

実際に8畳の我が家の寝室は、バッチリ加湿できています(Lowで使っています)。

↓我が家の加湿器と似た製品

抜群に見た目がいいコンパクト加湿器

抜群に見た目がいいコンパクト加湿器

続いて紹介するのはNAKAKO「ダブルノズル卓上加湿器KQNH0」です。

↓我が家の加湿器と似た製品

とにかく見た目がシンプルでかわいい!

本体に書かれている文字以外、装飾がありません。

また、コードレスで充電式なのですが、充電穴が「USBTypeC」という上下対称な形だということも嬉しいです。

構造は「上部が本体」「下部は水タンク」となっているので、給水や掃除がとても簡単にできます。

噴射穴は上部に2箇所あり、ボタンはひとつだけです。

ボタンを1回押すと、両穴から連続で霧が出ます。

2回押すと、約10秒に1回停止(停止時間:約5秒)し、3回押すと電源OFF

そして、長押しするとライトが点灯します。※ライトだけでも使用可能

噴射される霧はとても細かく、量が多めで威力も強いです。

霧はとても細かく、量が多めで威力も強い

しっかりと加湿ができるので助かっていますが、音は割と大きい…

そして威力があるので、自分に近い場所で使うと寒く感じることもあります。

音に敏感な人や、弱めの霧が好みな人には不向きかもしれません。

ちなみにこちらは、吸水芯を使って水を吸い上げる加湿器です。

そのため、掃除のときは吸水芯やカバーを外して洗いますが、手が入らないので細いブラシが必要になります。

吸水芯やカバー
このカバーを外して洗います

ただ、部品や洗う必要がある部分は少ないので、掃除が大変ということはありません。

その他の性能など

NAKAKOの加湿器も超音波式で、タンクには400mlの水が入り、約10時間連続使用が可能です。

空焚き防止機能もついているので、安心して使えます。

水タンクが半透明なので、基本的には水切れになることは少ないです。

↓我が家の加湿器と似た製品

車載用に便利な機能あり

車載用に便利な機能あり

3つ目は、HandFan「ダブルノズル卓上加湿器HF503」です。

↓我が家の加湿器と似た製品

先ほど紹介したNAKAKOと同じくコードレスで、片手で持てるサイズ。

充電穴はMicroUSBなので、上下の形は気にしないといけません。

NAKAKOの加湿器とあまり変わらない噴射される霧は、とても細かくて量が多く、威力も強いです。

そして、音も静かなのでデスクなどに置いてもあまり気にならないと思います。

吸水芯を使って水を吸い上げ、上部から噴射するのは先ほどの加湿器と同じですが、真上だけでなく斜めにも噴射。

ボタンは上部に1つだけあり、1回押すと真上の穴から連続噴射

2回押すと、真上と斜め両方の穴から連続噴射、3回ボタンを押すと、真上の穴と斜めの穴から交互に噴射されます

長押しすると、電源OFF

両噴射
両穴から噴射した様子

こちらの加湿器は、車載用として使っています。

ボタンを3回押して交互に両穴から霧を出すようにすれば、どこにも水滴がつかないので便利です。

HandFanもライトが点灯するので、いざという時には懐中電灯代わりになるかも。※ダブルタップで点灯

ライトが点灯

吸水芯1つ1つにカバーがついているので、NAKAKOよりも掃除のときの手間はすこしかかります。

ただ「タンク」「吸水芯」「本体」という構造なので、掃除はとても簡単です。

その他の性能など

HandFanも超音波式で、タンクに水は480mlも入る大容量になっています。

空焚き防止機能や、長時間運転し続けた場合に自動で停止する機能付きです。※1つの穴から噴射⇒6時間後/2つの穴から噴射⇒3時間後

コードレスをもう1台買おうと思ったときに、HandFanを買おうかと思ったのですが、残念ながら在庫切れでした…

↓我が家の加湿器と似た製品

加湿器は給水と掃除で選ぶ

わたしが加湿器を選ぶときの基準は「給水」「掃除」の楽さです。

ものすごくめんどくさがりなので、機能や音よりも実際に使うときに手間がないものを選んでいます(笑)

今回紹介した3台はすべて、給水も掃除も簡単です。

特に、キシマの加湿器はほんとうに楽!

すこし大型ではありますが、使い勝手はとてもいいのでぜひ試してみてください!