洋服の買い方・コツ

【こんなに高いとは…!】なぜ人は高い服を買うのか?その心理を調べてみた

high洋服の買い方・コツ

ファストファッションで買いものをしますか?

わたしはイエスです。

というか、最近はファストファッションでしか服を買っていないと言っても過言ではありません。

わたしのように安い服を買うことを好む方もいれば、一方で高い服しか買わないという方もいると思います。

東京にあるオシャレセレクトショップにうっかり入ろうものなら「え?桁間違えてる?」と思うようなお値段の服がたくさん!

次元が違う…確かにほんとうにオシャレで、他にはないデザインだなと思います。

しかし、安い服ばかりを買っているわたしには、高い服しか買わない人の気持ちが全然わかりません。

ファストファッションは簡単に流行を取り入れられますし、お店によっては生地もしっかりしていて高そうに見えるからです。

決して高い服に興味がないわけではなく、オシャレな服に対する単純な憧れや「高い服を買えば、優越感に浸れそうだな」と思ったりはします…(笑)

今回は、高い服を買う人の心理について見ていきましょう。

スポンサーリンク

自分の意志だけではない…

DIAMONDonlineによれば、人がモノを買う理由は3つあります。

ヒトは、「痛みから逃れたいがため」にモノを買う

ヒトは、「快楽を得たいがため」にモノを買う

ヒトは「時間を短縮したいがため」にモノを買う

確かに!

きっと皆さんが買い物をする理由も、どれかに当てはまるはずです!

そして当然、高い服を買う理由も上の3つに当てはまります。

例えば「痛みから逃れたいがため」というのは、ストレスから逃れるために高い服を買ったりすること。

そして「快楽を得たいがため」は、有名ブランドの服を着る喜びを味わうために高い服を買うことなどが当てはまるでしょう。

また、生地のしっかりした高い服を買う理由は、長く着ることができ、買い物にかかる「時間を短縮したいがため」ではないでしょうか。

このように、自分の事情で高い服を買っている方がほとんどです。

しかし、人が高い洋服を買うのには他にも大きな理由があります。

それは「行動心理学」によるものです。

さまざまなマーケティング戦略によって、わたし達は”誘導されている”とは気が付かないまま服を買うように仕向けられているのです。

高い服を買う心理① カクテルパーティー効果

高い服を買う心理① カクテルパーティー効果

カクテルパーティー効果とは「大人数のパーティーといった騒がしい中でも、自分と話している相手の言葉や興味のある話、自分の名前などは聞き取れる」という現象のことです。

マーケティングでは、たくさんある情報の中から自分に都合のいい情報をだけを見分けるという意味合いで広告などに利用されています。

例えば「気になるお腹周りをしっかりカバー」「ランニングを始めるなら、まずは可愛いウエアから」などのうたい文句や店員さんの言葉によって服を買ってしまったことはありませんか?

そして、その時は大事な”値段”が頭からすっぽり抜け落ちているんです。

自分にとって都合のいい情報だけ集めて「これは買っても良いんだ」と思うようにしている!

これよくありますよね…

「最近太ったから、お腹の目立たない服を買わなくちゃいけない」「今年こそは運動しようと思っている」というような理由だけで、高いけど欲しいと思っている服を買ってしまう。

そんな都合のいい情報しか入らない思考回路になった時点で、自分も本当は「買ってはいけない」と考えている証拠だと思いますが…(笑)

でもそんな人間の頭の作りで、高い買い物をしてしまうのも事実です。

高い服を買う心理② スノッブ効果

高い服を買う心理② スノッブ効果

他の人とは違うものがほしいという心理により、限定商品や希少性の高い商品が価値を持つことを言います。

「期間限定」「数量限定」「のこりわずか」などのセールスによってつい高いものを買ってしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。

そして高級ブランドの商品は、この希少性によって価値をより高めています。

無意識に「なかなか手に入らないから」「みんな高くて買えないものだから」高級ブランドのバッグが欲しいと思わされているんです。

お正月の福袋も、本来は”売れ残り商品”のはずなのに、福袋という希少性によっての価値を高めていると思われます。

ただ最近の福袋には、売れ残りではない商品が入ったものも多い!

中には、中身をすべて公開していてサイズを選ぶだけという売り方をしているところもあります。

やっぱり、福袋そのものは需要が減っていろのでしょうか。

しかしながら思うことは、福袋って何が入っているかわからないのが良かったんじゃないのかなということ。

”お正月に運試し”ということだけでは売れなくなっているのでしょうか。

なんて脱線して福袋に想いをはせてしまいましたが、とりあえず人間は希少性に弱い生き物です。

高い服を買う心理③ ハロー効果

高い服を買う心理③ ハロー効果

本来は、評価する対象の人物が持つ目立ちやすい特徴に引っぱられる事により、ちがう部分の評価も歪んでしまうことを言います。

例えば、学歴という目立つ評価対象に引っ張られて、意見の捉え方が変わってしまったりします。

一流大学出身の方と学歴のない方がまったく同じ意見を述べたとしても、一流大学出身の方が言ったほうが評価が高くなってしまうということなどです。

コレがどのように買い物に影響を及ぼしているのかというと、ズバリ芸能人の力で買ってしまうこと!

「俳優の○○さんが着ていた」や「ドラマ○○で着用された服」というもの。

または「雑誌で紹介されました」というポップと一緒に雑誌が飾ってあるなんていうのもよく見かけます。

好きな俳優さんが着ていたなどど紹介されると、つい買いたくなってしまいますよね!

しかも、芸能人の方が着ているなんて「高くて当然!」と思っている部分もあるので値段を気にせず買ってしまうことが多いと思います。

高い服を買う心理④ 松竹梅の法則

高い服を買う心理④ 松竹梅の法則

似たような商品が並んでいたときに、真ん中の金額のものを選んでしまうこと。

これも…大いに経験アリです。

お洋服屋さんに入って、似たようなワンピースが何着かあると…真ん中の値段のものを買ってしまったりします。

そういう時は、しっかり値段を確認しているにもかかわらず、まぁまぁ高くても買ってしまう!

なぜ真ん中の値段を選んでしまうかというと、まず安すぎないから安心。

そして、もっと高いものは我慢しているという意識があります。

服を買っている時点で、我慢なんてしちゃあいないのに…我慢錯覚に陥るんです!

ちなみに自分で勝手に値札を見ているだけではなく、お店の方によって真ん中買いしてしまうこともあります。

服を買うか迷っていると、お店の方が似たような洋服を持ってきてくれますよね。

大体3つくらいは持ってきてくれるので、そういうときはつい真ん中の値段の服を買ってしまう。

店員さんが服を持ってきてくれると、自分では気がついていない似たような服を教えてくれるので嬉しいです。

しかし…こういうカラクリがあってのことなのかもしれないと思うと…注意しないといけませんね。

高い服を買う心理⑤ テンション・リダクション効果

高い服を買う心理⑤ テンション・リダクション効果

ちなみに、高価な洋服を買った後には以下のようなことにも気をつけなくてはいけません。

それは、高価な買い物をしたあとの気の緩みでつい要らないものまで買ってしまうテンション・リダクション効果というもの。

お店で買うものを持ってレジに行って「あと3,000円分買うとノベルティプレゼントしてますが、いかがなさいますか?」的なことを言われると、つい買ってしまう…!

あとは「今、2点以上の購入で10%引きです」とか!

買ってしまうんですよ…大して欲しくもないのに。

コレ…ほんとうにただ買わなきゃ良いだけなんですよね!

だってノベルティなんか大したことないのは、身をもって知っているし…それなのに…悔しいです!(笑)

ただ、高い買い物をしたあとは気が緩んでしまうのは本当だと思うので「これ以上は絶対にもう何も買わない!」という強い気持ちを持つようにしないといけません。


高い服を買ってしまうのは、もちろん自分がほしいということは前提としてあります。

しかし、一方で知らない間に買う気を高められているということも大いに考えられるでしょう。

うっかり高いものを買ってしまったときは、人間の脳のはたらきや錯覚をたくみに刺激されたためということも充分に考えられます。

もう高い服をなんとなくで買いたくない!対処法は?

自分の意志だけではなく、誰かの意図で高い服を買ってしまっている可能性もあるなんて言われたら「自分で解決なんかできないじゃないか」とお思いの方もいるでしょう。

大丈夫です。

要は気の持ちよう。

そうです、行動心理学とはただ背中を押しているだけ。

つまり、自分の買いたいという意識を強く抑えることができれば、高い服を我慢できます!

問題はどう買いたい気持ちを抑えるのか…それができれば本当に苦労しないよという感じですが…

対処法を考えてみましょう。

心の余裕があるときに買い物へ行く

余裕

まずは高いモノを見に行くときは、自分の心に余裕があるときにすることです。

心に余裕が無いと、冷静な判断ができません。

余裕がないために説明があまり耳に残らなかったり、たくさんのモノを見て買うのではなくパパっと買うものを決めてしまったりするかもしれません。

余裕がないと何をしていてもせかせかしてしまったり、集中力にも欠けます。

わたしの場合は、余裕のないときに行った買い物ほど「せっかく来たんだから買わなきゃ」という気持ちが強くなる傾向があり、散財。

しかも、家に帰ったらあんまり良くなかったなんてことも多々ありました。

実体験をもとに考えて、必ず余裕があるときに見に行くべきだと思います。

自分の暴走を確実に止めてくれる信頼できる誰かと行く

自分の暴走を確実に止めてくれる信頼できる誰かと行く

もしどうしても”今”買わなくてはいけない高い買い物があるならば、心の余裕が生まれるまで待てませんよね。

例えば、週末にひかえた結婚式のドレスや諸事情ですぐに買わなくてはいけなくなったスーツなど。

そんな緊急のときこそ、絶対にひとりで行くのは止めましょう。

焦る中でいいものが買えるとはとうてい思えません。

焦っていると、普段よりも店員さんの言葉に頼ってしまったり、早く買わないとという気持ちから見る数が少なくなってしまったりする可能性があります。

さらに、高い買い物かつ急いだ買い物のため、買ったときの安心感はかなり大きいでしょう。

そうすると、テンション・リダクション効果がより強くはたらく可能性もあります。

ようやく買えたスーツの安心感から、なぜか買わなくてもいいベルトや靴も一緒に買ってしまった…なんてことがあるかもしれません。

そして、家に着いてから「なんで?」となる…避けたいです!

コレを避けるためには、絶対に自分の暴走を止めてくれる人と一緒に行くこと!

1店舗しか見ないで即決しようとすれば、別の店を見るように助言してくれたり。

買うと決めていたもの以外に余分なものを買おうとしたら、止めてくれたり。

そういうことを、多少厳しめでもちゃんとやってくれるという安心できる人と買い物に行きましょう。

そして無事に散財せずに済んだら、その人に何かお礼をしましょう(笑)

欲しいものはとにかく具体的に描く

欲しいものを具体的に決めていく

わたしが衝動買いから開放された方法は、とにかく欲しいものを具体的に思い描くこと!

これは、想像以上に効果がでます!

例えばシャツを買うなら、襟の大きさや丈の長さ、色と袖の感じや生地までしっかりと想像してから買い物へGO。

そうすると、理想と違うところを認識できて欲しい服が見つからなくなります。

また「今日はこの服を探す」という目的意識も強くなるので、探しているアイテム以外はあまり目に入らない!

たとえ違うアイテムが目に入っても、自分で「今日はちがう!」と気付けます。

このおかげで、どれだけの衝動買いを遠ざけることができたか!

あとは、理想の服に出会えたら必ず試着すること。

着てみて違うということはよくあります。

だから、どんなに時間がなくても、値段がいくらでも必ず試着すること!

特に高い服であれば、質はいいだろうと油断して試着せずに買う気になってしまうかもしれません。

でも絶対に試着せずに買うのはダメです。

時間がなくて試着できないなら、またの機会にするくらいの余裕を持たないと衝動買いからは開放されません。

わたしは、この具体的に考える方式を繰り返すことで次第に買い物に行って、何も買わずに帰るということが増えました。

昔では考えられないことです。

もちろんすべての人に効果があるのかと言えば、そんなことはないでしょう。

でも、カンタンにできることなので一度くらい試してみてはいかがでしょうか?

ほんとうにオススメです!

ファッションレンタルを試してみる

レンタル

具体的に想像してみても効果がなく「どうしても何か買わないと気がすまない」や「そもそも具体的に想像するのが難しい」なんて方は、別の対処法が必要。

たとえば、ほとんど買い物には行かないなどの極端な方法を取る必要があります。

もし、買い物に行かないようにしたいなら”ファッションレンタル”もオススメです。

ファッションレンタルとは、服をレンタルできるサービス。

だいたいのファッションレンタルサービスは月額制で、月に決まった数の服をレンタルすることが可能です。

会社によっては、借り放題ができるところもあります。

ただし、借り放題であっても1度に借りられる服の数は限られており、借りている服を返してから新しい服を借りる仕組みです。

だから、クローゼットの服は一定数しか増えません。

しかも新しい服を常にレンタルできるので、まるで買い物に行ったような錯覚に陥ります。

だから、自ら買い物へ行くことを減らせるはずです。

ファッションレンタルを利用するときには「服を気に入るか」や「サービスが自分に合っているか」ということがやはり大切だと思います。

一度試してみて「自分にはどの会社が合っているのか」や「そもそもファッションレンタルサービスが向いているのか」を確かめてみましょう。

向いていれば、利用することで確実に無駄な出費は抑えられると思います!

ちなみにわたしが以前ファッションレンタルを試してみた感想は「ナメててごめんなさい」です!(笑)

生地もしっかりしていましたし、何よりも断然オシャレ!

ほんとうに良かったので、継続するか悩み中です。

とは言っても好みは人それぞれなので、まずは一度試してみてください。

わたしがシューズ選びで失敗しない理由

わたしは今まで、シューズを買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(シューズだけでなく、洋服やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

パンプスだけでなく、スニーカーなど靴全般の購入には「PrimeWardrobe」を利用するのがおすすめです。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

Amazonプライム会員とは? 
無料お試し期間【30日間】
※無料体験期間中は本会員とまったく同じサービスが利用可能
おもな会員特典①「お急ぎ便・お届け日時指定便が無料」

②「Prime Video」
対象の映画やTV番組が見放題

③「Prime Music」
100万曲以上の楽曲が聴き放題

④「PrimeWardrobe」
洋服・シューズなどを自宅で自由に試着できる

⑤「プライム限定価格」
対象商品がお得な割引価格で買える

※他にもお得な特典アリ!
▷ 無料でAmazonプライム会員を試してみる

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし