ライフスタイル

我が家の「吊り下げ収納」アイデア・アイテムまとめ

Hanging storageライフスタイル

わたしは掃除が苦手です。

とにかくものぐさで「ちゃんとやろう!」と思わないと、部屋の角まで掃除機をかけたりもしません…(笑)

また、やる気になっても簡単に掃除できないと、すぐに嫌になってしまいます。

こんな性格なので、我が家では床に置くものを少なくするため「吊り下げ収納」が多いです。

今回は、我が家の吊り下げ収納をまとめて紹介します!

↓コチラの動画でもご覧いただけます、よろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

3つの吊り下げ収納アイテム

我が家で「吊り下げ収納」のために使っているアイテムは、大きく分けて「マグネット」「両面テープ」「画鋲(ピン)・ホチキス」の3種類です。

早速、アイテムごとに紹介していきます!

マグネット

マグネットを活用している場所は、浴室・キッチン(冷蔵庫)・玄関です。

付けられる場所には限りがありますが、マグネットの大きさや強さによっては、かなりしっかりと取り付けられます。

浴室

ディスペンサーホルダー

我が家の浴室では、シャンプー・リンス・ボディソープをすべてマグネットで浮かせています。

使っているのは、山崎実業の「マグネットバスルームディスペンサーホルダー」です。

山崎実業のマグネット系商品は、とにかくマグネットの範囲が大きくて、強力なのが素晴らしい!

しかも、ラバーマグネットが使われているモノが多いため、水回りで使うときにも安心です。

以前は、山崎実業の「マグネットディスペンサーボトル」を使っていたのですが、入替えのときに落として壊していました…

そのため、もともと2つ持っていたマグネットディスペンサーホルダーを買い足し、使っています。

もうひとつ使っているマグネットが、マーナの「お風呂のマグネットフック」です。

マーナのフックもラバーマグネットが使われていて、錆びる部分がありません。

無駄な凹凸がないシンプルな形で、フック自体も洗いやすいです。

キッチン(冷蔵庫)

キッチン(冷蔵庫)

冷蔵庫の側面は、よく使うモノをたくさん浮かせています。

たとえば、掃除に使うスプレーボトルやキッチンペーパー・ティッシュ・鍋敷などです。

ほとんど毎日使うので、取りやすい高さに置くため、マグネットを活用しています。

スプレーボトルを引っ掛けているのは、無印良品の「アルミフック・マグネットタイプ・大(2個入)」

キッチンペーパーは、山崎実業の「マグネットタオルハンガー」を縦にして使っています。

いちばん工夫しているのは、ティッシュです。

ティッシュ

100円ショップで買ったシンプルなティッシュケースの底にマグネットを貼り付けて、吊り下げ収納にしました!

ティッシュを浮かせて取りやすい位置に置くと、うっかり食材を落としたときなどに床を拭くのがラクです!

玄関

玄関

忘れっぽいわたしは、玄関ドアに鍵を取り付けています。

使っているのは、無印良品の「アルミフック・マグネット・小(3個入)」です。

冷蔵庫では大きいフックを使っていましたが、鍵はもっと軽いので小さいものにしています。

玄関扉に鍵を設置したことで、出かける前に鍵を忘れて、部屋まで取りに戻るということがなくなりました!

最近では、印鑑が必要な荷物もだいぶなくなりましたが、たまにあるので印鑑も玄関扉に取り付けています。

100円ショップのトレーにマグネットを取り付けて、そこに印鑑を置いています。

もともとマグネットが付いていたのですが、真ん中1箇所だったので自分たちで左右にマグネットを取り付けました。

両面テープ

両面テープは、もともとフックに付属しているモノと、フック単体に自分たちで両面テープを付けたモノの2種類あります。

自分たちで両面テープを付けるときに使っているのは、この両面テープです。※壁紙などには使えないタイプ

洗面所

洗面所でいちばん浮かせてよかったと思うものは、ゴミ箱です。

洗面所ゴミ箱

両面テープで貼り付けた100円ショップのフックに、穴を開けたゴミ箱を引っ掛けて、洗面台下にある扉の内側に設置しました。

ゴミ箱を床や洗面台に置くと、掃除が面倒ですし、捨てにくいです。

捨てやすい

しかし、このように設置するとかがまず立ったままでゴミが捨てられますし、掃除もラク!

ちなみに、わたしの部屋の机でも同じように、両面テープを貼ったフックを使ってゴミ箱を浮かせています。

洗面所2つ目の両面テープを使った収納は、洗濯機の横に取り付けたファイルケースです。

中には、洗濯ネットを収納しています。

ファイルケースは、深さがあるので洗濯ネットをたくさん入れられます。

また、洗濯機の横にあると、使うときもしまうときもサッと出し入れできてラクです。

鏡扇風機

最後に、鏡に両面テープでフックを取り付けて、小さい扇風機を引っ掛けています。

入浴後の洗面所はとにかく暑いので、顔に風が当たるように鏡に設置しました。

扇風機のおかげで、入浴後につけた化粧水が汗で台無しになるということも、ほぼありません!

キッチン

わたしは掃除が苦手なので、キッチンの拭き掃除がすこしでもしやすいように、なるべくモノを置かないようにしています。

まな板

そのために、付属の両面テープが付いたフックを3つ使って、まな板を浮かせました!※フックはペンチですこし広げています

まな板を吊下げたおかげで、拭き掃除がラクです!

クローゼット

クローゼットでは、両面テープを使った吊り下げ収納は1つだけです。

クローゼットフック

それは、扉に取り付けたフック!

わたしは服が多いので、クローゼットのポールにかける洋服をすこしでも減らすために、このフックを活用しています。

我が家のクローゼットのドアは、上部にストッパーが付いており、ドアに引っ掛けるタイプのフックが使えません。

そのため、両面テープのフックを使っています。

以前は、ホームセンターで購入したフックを両面テープでドアに貼り付けていました。

しかし、使っているうちに剥がれてしまうことも多く、現在は両面テープが付属した強力なフックを使っています!

耐荷重6kgなので、ウールのコートも掛けられるのではないかと期待しています!(笑)

玄関

下駄箱

靴箱の扉の内側に、両面テープが付属したフックを使って梱包テープを切る道具を設置しました。

最近はほんとうに宅配を頼むことが多いため、玄関でスグに開けたり・潰したりできるようにしています。

ちなみに、このアイテムはカッターよりも安全でしっかりとテープが切れるので、おすすめです!

画鋲(ピン)・ホチキス

画鋲やピンはなるべく細いものを選んで、壁に開く穴が小さくなるようにしています!

洗面所

我が家の洗面所はせまいです。

洗濯機の上に突っ張り棒

そのため、洗濯かごを置かなくても済むよう、洗濯機の上に突っ張り棒を設置し、ハンガーを引っ掛けるようにしました。

洗濯が終わった服をその場で干せるようになり、とても便利です!

この突っ張り棒は、回転させて伸縮する一般的な突っ張り棒ですが、実はそのまま使っているわけではありません。

掛けるハンガーの数が多いので、突っ張り棒が落ちてこないように「突っ張り棒が落ちない君・大」に突っ張り棒を載せています(笑)

名前こそそのまますぎて笑ってしまいますが、約7ヶ月使っていて、一度も突っ張り棒が落ちそうになったことはありません!

落ちない君

しかもこの「突っ張り棒が落ちない君」は、一般的なホチキスを使って取り付けるので、穴が小さくて済みます。※針を25本使うので、数は多いです

そして洗面所では、もうひとつ浮かせた扇風機を使用中です。

扇風機フック

壁に3本のピンで固定するフックを取り付け、そこに扇風機を引っ掛けています。※使っている扇風機の説明書には、壁面設置は非推奨となっていましたが、自己責任で取り付けています!(笑)

画鋲と同じくらいの細さのピンを3本使って、フックを固定する作りのフックです。

ピンを挿し込んだら、白いフタを付けてピンを隠すことができるので、景観を損ねる心配もありません。

玄関

そして、洗面所の扇風機を吊り下げているフックと同じモノを使って、玄関に鏡を浮かせています!

浮かせている鏡は脚を開いて使う置型のモノで、少々重いです。

しかし、使い初めてから約1年落ちることなく使えています。

鏡を移動するのは重くて面倒なので、鏡の下だけ汚れが溜まっているということもありましたが、浮かせたことで、しっかりと掃除できるようになりました!

吊り下げ便利アイテム

最後に、吊り下げ収納をするときにとても便利だと思うアイテムをいくつか紹介します。

無印良品「壁に付けられる家具・フック」

無印良品「壁に付けられる家具・フック」
オーク材を利用しています。

我が家は「壁に付けられる家具・フック」と出会ったことで、かなり快適になりました(笑)

実際に、玄関・クローゼット・自室と多くの場所で使っています。

木のフックを、壁に固定した金具に引っ掛けて使う道具で、壁に金具を固定するピンが細めなのも嬉しいです。

耐荷重は2kgと、わりと重いものでも引っ掛けられることと、インテリアに馴染む木のフックなので、たくさんの場所で使っています。

ダルトン「タオルホルダー」

ダルトン「タオルホルダー」

洗面所とキッチンで使っているふきん掛けです。

真ん中に切り込みの入ったゴムが付いている形で、付属の両面テープでしっかりと取り付けることができます。

サッとふきんを引っ掛けることができてラクですし、ふきんを乾かしながら保管できるので便利です。

Hongmeru「吊り下げバッグ収納」

吊り下げバッグ収納

最後は、上部がハンガーになっていて、たくさんのバッグをまとめて吊り下げられるアイテム。

側面はメッシュで、通気性がよくなっています。

サッとバッグを出し入れできますし、あまり場所も取らないので、便利です。

わたしは4段のタイプを使っていますが、2段・3段など収納の数が違うものや、幅や高さが違うものなど、さまざまな種類の収納があります。

吊り下げ収納でラクする

我が家で吊り下げ収納が多い理由は、ラクできるからです。

たとえば、風呂掃除をラクにするためだったり、ゴミを捨てる動作をより簡単にするために「浮かせる収納」を活用しています。

収納は実際に試してみないと、自分が使いやすいか判断できないとは思いますが、日常での面倒を減らしたい方の参考になれば幸いです!