ヘアケア・ヘアメイク美容・ヘルス

女性が「急に髪型を変える」のに大した理由はない!

hairchangeヘアケア・ヘアメイク

わたしは飽きっぽいです。

そのため、髪型は飽きたら別のものに変えます。

特にショートにするとだんだんロングにしたくなりますし、ロングでいると髪を切りたくなるので、だいたい大幅なイメチェンになってしまうわけです。

そんな風に大きく髪型を変えていると「何かあった?」と聞かれることもしばしば。

しかし、期待されているような大それた理由は一切ありません。

今回は、女性が急に髪型を変える理由についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

女性が急に髪型を変える理由

女性が急に髪型を変える理由
  • ただの気分
  • 行事が済んだから
  • 仕事の都合
  • 季節によって変える
  • 恋愛に基づく理由

ただの気分

わたしが髪型を変えるいちばんの理由です。

そして、多くの女性が大きく髪型を変える理由でもあります。

実際、周りの友人に聞いても、大きく髪型を変える理由はほぼすべてが「そういう気分」という答えでした。

わたしのように「飽きた」という理由や「好きな芸能人が髪型を変えた」「街でおしゃれな人を見かけた」なども髪型を変えたい気分になります。

行事が済んだから

女性ならではの理由で多いものが「行事が済んだから」です。

わたしもそうでしたが、女性は「結婚式(自他ともに)」や「成人式」などに向けて、髪型を調整します。

特に自分の結婚式や成人式では、自分の髪の毛だけで髪のセットをしたいという人が多く、その行事前にロングにしている人が多いです。

そして、いざ行事が終わると開放感からバッサリと髪を切ってしまうことが多いため、大きく髪型を変える理由になります。

仕事の都合

就職や転職などをした場合にも、会社に合わせて髪型を大きく変える場合がありますね。

たとえば、今まではとても服装に厳しい環境だったが、転職でその枷が外れた場合は、大きく髪型を変えこともあります。

今までの抑圧から開放され、自由に髪型を選べるからです。

黒髪だった人がカラーをするだけでも大きく印象が変わりますし、パーマをかけることでもガラッと印象が変わります。

そのため、転職や就職は髪型が急に変わる理由になるでしょう。

季節によって変える

これは女性だけでなく男性でもいると思いますが、自分の髪質によって季節ごとに髪型を変えなくてはいけないこともあります。

たとえば、湿気のせいで髪がうねるので、梅雨の時期は強めにパーマを当ててごまかすなど。

季節の変わり目で大きく髪型を変えた女性は、髪質を理由に季節によって髪型を変える人かもしれません。

恋愛に基づく理由

昔はよく「失恋したら髪を切る」なんて言われていましたよね(笑)

これもあながち迷信ではありません。

要は、失恋した気分を変えたいので髪を切るということがあると思いますし、好きな人の好みに合わせて髪型を変えるということもあるでしょう。

ただし、わたしの周りには恋愛を理由にして髪を切った友人はおらず、他の理由に比べて恋愛に基づいた理由は少ないと思われます。

急な髪型の変化に気がついたときの一言は?

女性が急に髪型を変えたことに気がついたら「似合ってるね」が正解!

もちろんその女性とすごく仲がいい場合には、もっと踏み込んだことを言ってもOKです。

しかし、ただの会社の同僚など関係の薄い人の場合には「似合ってるね」以外は面倒くさいと思われます。

大して仲良くもない人に「何かあったの?」などと聞かれると「何もないよ!」と思ってイラっとしてしまうのです。

髪型を変えた女性とあまり関わりがなければ、そもそも髪型の変化に触れなくてもいいでしょう。

もし話さなくてはいけない状況になったら、たとえ感情がともなっていなくても「似合ってるね」と言えば、丸く収まりますよ、たぶん(笑)

わたしが髪型を変えた理由

コチラの記事↓で書きましたが、わたしも今回かなり大きく髪型を変えました。

「ストレート・長めの前髪をながす」という髪型から「グリングリンパーマ・眉上の前髪」に変え、自分でもかなりの変化だと思っています。

もちろんこのように髪型を変えた理由は「気分」です。

わたしの場合は特に気分が理由で大きく髪型を変えるのですが、他の女性にも概ね当てはまります。

そのため、たとえば恋人が髪型を変えたからといって「何が理由なのだろうか…」などと考えるだけ無駄です。

大した理由はありません。

髪型を変えた理由が気になって「なんで?」と質問したところで「なんとなく」「雑誌で見て」という回答が返ってきます。

そんな無駄な会話をするくらいなら、ただただ「似合ってる」と言ってあげる方が、よっぽど関係を良好にすることができますよ(笑)

大きく髪型を変えるときにすべきこと

大きく髪型を変えるときにすべきこと

ここまで読んでみて「自分も髪型を大きく変えようかな」と思う人もいるでしょう。

しかし、大きく髪型を変えた理由を知りたかったという人は、おそらく自分自身は髪型を大きく変えるようなことをしてこなかったはずです。

そんな今までやったことのないことをやろうと思ったら、事前にやっておいた方がいいこともあります。

たとえば、以下のようなことです。

  • したい髪型を複数探す
  • 信頼できる人に似合うか相談する
  • 自分の生活習慣に取り入れられるか考える

したい髪型を複数探す

なにはともあれまずは、どんな髪型にしたいのか考えましょう。

長さ・色・パーマの有無、かかり方・前髪などを細かく想像します。

そして、自分の理想に近い髪型を画像で用意してください。

画像を探す理由は2つあります。

ひとつは、改めて自分の理想とする髪型を細部まで認識できること。

もうひとつは、美容師さんに言葉だけで説明するよりも写真を見せるほうが情報量が多いことが理由です。

画像を見せた上で補足説明をした方が、しっかりとしたい髪型が美容師さんに伝わります。

また髪型を選ぶときは、かならず複数の候補を選んでおくことが大切です。

複数選んでおくことで、人に相談するのが簡単になります。

もし理想の髪型を明確に探せたとしても、同じような髪型で若干違うというような画像を用意するのがおすすめです。

髪質によっては向かない形があったりするので、第一候補・第二候補…という感じでいくつかの画像を用意しましょう。

信頼できる人に似合うか相談する

自分で髪型を決めて、そのまま美容師さんに相談するというだけでも悪くはありません。

しかし、大きく髪型を変える場合には事前に相談したほうが安心です。

もちろん相談する人は、信頼できる人にしてください。

たとえば家族・友人のなかで「この人と買物に行けば失敗しない」という人に相談すると、安心して髪型を変えられます。

自分の生活習慣に取り入れられるか考える

髪型を変えた後、自分でその形をキープできるのか考えておくことも大切です。

たとえばわたし場合は、グリングリンのパーマをかけたので出かける前に「パーマを出す」という作業が必要になります。

パーマを出すには「髪を濡らしてムースをつけること」が必要で、その作業は15分ほどの時間が必要です。

新しい髪型にするときは、毎日の生活で「髪のセットにかかる時間が取れるのか」「ドライヤーやコテをうまく扱えるか」などについてもシミュレーションしておくと後悔しません。

朝起きる時間を早める必要があるなど、自分の生活習慣が変える必要があるのか、もし変える必要があるならば、現実的に変えられるのかについても考えておきましょう。

急に髪型を変える理由は気にしない

急に髪型を変える理由は気にしない

今回は、急に女性が髪型を変える理由について紹介してきました。

結論をもういちど言うと、急に髪型を変えることに大した理由はありません!

そのため、自分の身近な人が髪型を大きく変えたからといって、その理由を気にする必要もないです。

理由を詮索することで、余計な溝がうまれることがあります。

女性が急に髪型を変えたときは、髪型を変えた理由を気にするよりも褒めてくださいね(笑)

思い立ったらすぐに予約しよう

美容院の予約を取りそびれてしまって、「失敗した…」と感じることってありませんか?

私は以前まで、以下のような失敗を繰り返していました。

  • 「白髪が気になる」と思った時点で美容院の予約をしなかったため、白髪を隠すためのヘアスタイリングに時間がかかる
  • 友達の結婚式があるのに、早めに美容院の予約をしていなかったせいで、良い美容院が見つからない
  • 「伸びたな」と思ったものを放置してしまい、いつのまにか前髪がとんでもない長さになっている

だから、美容院の予約は思い立った時、スグに取るべきです。

とはいえ、美容院に電話をかけるのって意外とハードルが高いですよね。

夜に「美容院の予約しなくちゃ」と思っても、営業時間外でつながらないということも多々あります。

そんな失敗を経験して、わたしは美容院の予約をHot Pepper Beautyに一本化しました。いわゆる、ネット予約です。

24時間いつでも美容院の予約ができますし、ヘアカタログも載っているので予約した後すぐに理想のヘアスタイルを探すこともできます。

また、クーポンを使ってお得な料金で予約することもできます。

通常よりも安い料金でカット&カラーができたりするので、ぜひ使ってみて欲しいです。

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし