コーディネートコーディネート術

アラサーの「何を着たらいいかわからない」を卒業するための3つの提案

aroundコーディネート

忙しい朝にコーディネートを決めるのは、ほんとうに面倒ですよね。

特に、朝早くからお仕事の方やお母さんの場合は余裕がありません。

裏を返せば、もし洋服が早く決まれば「朝に余裕がうまれる」ということ。

しかしながら、アラサーになると昔よりも着る服に悩みます。

そこで、アラサーのわたしが考えた「何を着たらいいかわからない」を解消する提案を紹介します!

スポンサーリンク

なぜ「何を着たらいいかわからない」と思うのかを確認する

そもそもなぜアラサーになって「何を着たらいいかわからない」と悩んでしまうのか。

理由は2つあると考えられます。

1つは「年齢からイメージされる洋服」と「自分が着たい洋服」に差が出てきているため。

つまり、自分の意思というよりは「いい年して…」という周りの目を気にしてしまうことが理由。

もうひとつは、自分の加齢にともなって今まで着ていた洋服が似合わなくなるため。

こちらは実際に「この服似合わなくなったな」と感じるようになってしまうのが原因です。

「いい年して…」という周りの目を気にしてしまうこと

確かに「アラサー」という単語からは、なんとなく落ち着いた洋服を着ているとイメージしてしまいます。

しかし、このアラサーという言葉は具体的に何歳を示すのか曖昧です。

25〜34歳という意見もあれば、28〜32歳という意見もあったりします。

個人的には、総称として長く使えるので25〜34歳がいいと思ったりして(笑)

仮に25〜34歳だったとして、25歳は4大卒の人で社会人3年目。

自分の社会人3年目を振り返ってみても、服装を変えるほどの余裕や落ち着きはなかったです。

そもそも1歳年齢を重ねたからといって、急に服装を変えなくてはいけないというのもちょっと納得できません。

個人的見解としては、周囲の目を気にして服装を変える必要はない!

なぜなら、最近の30代以上の方のファッションはかなり返っているから。

もちろんかなりのミニスカートやボディラインの出る洋服など「無理している」と見られる可能性のある洋服は避けるのが無難です。

しかし、初対面ですぐ年齢が分かることは稀。

初対面ですぐに「いい年して」と思われることはそうそうありません。

むしろ似合っていれば、若く見られるので万々歳!

周囲の目を極度に気にされる方や立場上そうしなければならない方以外は、アラサーだからという理由で服装を見直す必要はありません。

また、自分が周囲の目を気にしているだけで何も言われていない場合も気にせず今まで通りの服を着ていてOKです。

今まで着ていた洋服が似合わなくなる

一方で自分が「似合わなくなった」と思っている場合は、早急に見直した方がいいです!

なぜなら「似合わない」と感じる洋服や服装は着ても憂鬱だったりして、結局着ない事が多くなります。

また、身近な人(特に家族)から「その服はやめな!」と言われることもありますよね。

その意見は、積極的に受け入れましょう。

近しい人の意見ほど正確なものはありません。

近しい人が「似合わない」と言うことは、自分ではまだ大丈夫だと思っている洋服でも似合わなくなっている可能性が高いです。

「周囲の目を気にする」と判別するのが難しいですが、基本的には親しい人から言われた場合は「似合わない」と認めましょう。

親しい人であれば、ただの意地悪で「似合わない」と言うことはまずないです。

愛のある注意だと思って、しっかり見直してください。

「アラサーになったから」と言って急に服装を変えるのではなく「似合わなくなってしまったから」という理由の場合に服を見直すべき!

アラサーが服選びに迷わなくなる提案

提案1.似合う服を知るために「自己分析」する

「就職活動かよ!」という感じですが、「何を着たらいいかわからない」からの卒業のためには、一番にやるべきことです。

もちろん、いくつになっても「似合う」よりも「好き」の方が重要な方もいるでしょう。

しかし、結局似合ってないとコーデが決まらずに迷走する!

だから「何を着たらいいかわからない」卒業のための1つ目の提案は、まず自分の似合う服を探すことです。

具体的には、以下の2つの方法がオススメ。

①【骨格診断】で骨から似合う服を見つける

骨格診断とは自分の骨格タイプを診断し、そのタイプごとに似合う洋服を知ることができるというものです。

実際わたしは「骨格診断」をしたことで、自分の似合う服が選べるようになりました!

わたしはナチュラルという骨格タイプ。

例えば「骨がしっかりしているので、足の形が出るパンツは似合わない」ということが書かれています。

そこで試しにスキニーデニムをワイドデニムに履き替えたら、似合う!(笑)

似合う服を着ていると、自分がコーデに納得しやすくなり着る洋服も選びやすくなりました!

また骨格診断のオススメポイントは体型と違い、骨格だけは基本的にずっと同じなこと。

「骨」によって常に似合う服がわかるとコーデ決めにもかなりプラスなので、ぜひ試して欲しいです。

知識やスキルを売り買いするフリーマーケットサイト【ココナラ】なら、骨格診断パーソナルカラー診断顔タイプ診断などの依頼が可能です。

他よりも圧倒的に得なお値段で、プロの方に診断をお願いすることができます。

②【パーソナルカラー診断】でボディーカラーから似合う服を見つける

こちらも似合う洋服を調べるためにやってほしいこと。

今度は骨ではなく肌や目・髪など「体の色」で似合う色を知ることができます。

パーソナルカラーの診断結果は「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」4つのタイプ。

美容雑誌などでよく聞く「イエベ」「ブルベ」もパーソナルカラーが元になっています。

イエベとはイエローベースの略で、黄色系の色が似合うボディーカラーのこと。

ブルベはブルーベースの略で、青色系が似合うボディーカラーということです。

ちなみにパーソナルカラー診断の「スプリング」と「オータム」はイエローベースで「サマー」と「ウィンター」はブルーベースになっています。

似合う色の服を身につけるメリットは、自分の肌がより明るく見えたりきれいに見えたりすることです。

パーソナルカラーを知ることで自分に似合う洋服の「色」も選べるようになります。

パーソナルカラーについても「今の自分」について詳しく調べたいなら、ココナラでお願いするのもオススメです。

提案2.コーデを固定化する

こちらはちょっと手間ですが、頑張ってやれば洋服選びの時間を短縮することもできます!

やり方はこう↓です。

  1. ボトムをひとつ床にひろげる
  2. そのボトムに合わせるトップスをいくつか選ぶ
  3. 一度着て試し、気にいるものを2〜3つ選ぶ
  4. 選んだ3つのトップスに合わせて、靴と上着を選ぶ

(※すべて1シーズンごと)

この1〜4の作業を、ボトムがなくなるまで繰り返します。

コーデを固定化すれば、もう「何を着たらいいかわからない」とはなりません。

なぜなら、すでにコーデが決まっているから。

しかも固定化で決めるコーデは、当然自分に似合うものです。

なにせ1度着ていますしね。

ついでにコーデの固定化をすると、予定に合わせてアイテムが1つ決まれば洋服が決まるようになるので服選びにかかる時間も減ります。

たとえば、着たいスカートがあればそのスカートに合わせて決めたコーデの中からその日の気分で着たいコーデを選べばいいだけです。

似合う服が着られるし、出かける前に服が決まらなくてイライラしなくて済むしで一石二鳥!

提案3.ファッションレンタルする

fashionrental

最後は「ファッションレンタル」に頼ってしまうという提案です。

ファッションレンタルで借りた服をただただ着れば、もう「何を着たらいいかわからない」とはならないから!

ちなみにファッションレンタルとは、月額1万円以下で3〜4着(3〜4万円程)の洋服が借りられるサービス

中には借り放題ができるところもあったりと、各社少しずつサービスは異なります。

自分の好みに従って選ぶ以外に方法はありませんが、以下の2つが重要な判断基準になるでしょう。

  • 【洋服の借り方】は「自分で借りる服を選ぶ」か「スタイリストさんにお任せするか」のどちらか
  • 【借りられる洋服】は「ブランドの洋服」か「オリジナルデザイン」のどちらか

実際にわたしがairClosetEDIST. CLOSETという2社のファッションレンタルを試してみて「判断をするポイントはここだな」と感じたのがこの2つだからです。

つまり「結局洋服が好みかどうか」と、そもそも「レンタルのシステムが自分に合っているか」というところ。

実際借りてみて感じたメリット・デメリットは以下の通り。

【洋服の借り方】は「自分で選ぶ」か「スタイリストさんに任せるか」

借りる洋服を自分で選ぶ】

自分の好みの洋服が借りられる

  • 自分で洋服を選ぶ楽しみがなくなる
  • 新しい洋服との出会いがない

【スタイリストさんに選んでもらう】

自分では気が付かなかった似合う服を知ることができる

  • 希望を伝えるのが面倒
  • 似合わない洋服が届くリスクがある

【借りられる洋服】は「ブランドの洋服」か「オリジナルデザイン」

【ブランドの洋服を選ぶ】

色々なところで販売されている服なので安心できる

人とかぶる可能性がある

【オリジナルデザイン】

人と服がかぶりにく

実店舗で見たことのない洋服なので縫製などが心配

アラサーがファッションレンタルする意義とは

実際にファッションレンタルを試してみて感じたことは「本気で始めたらクローゼットをだいぶスッキリできる」ということ。

クローゼットに洋服が多いと、結局コーデを考えるのに時間がかかってしまいます。

だからこそ「コーデの固定化」が有効なのですが、もしファッションレンタルすることで、クローゼットがスッキリすれば固定化すらしなくても良くなる!

選択肢が少ないほうが、判断は早くなります。

そもそもファッションレンタルだと、月1で4着ほど洋服が入れ替わるので決まったコーデが作れないというのも理由のひとつ。

つまり、アラサーがファッションレンタルをする意義とは、さまざまなモノを減らして楽になることです。

自分の手持ち服を減らすと、クローゼットがごちゃついていないので掃除が楽になります。

また日々コーデに悩む時間も減るので、他にやりたい事をする時間やゆっくりできる時間も増える!

さらにトレンド服はファッションレンタルすることになるので、物欲と月々の洋服に関する費用を減らすことにも繋がります。

洋服の費用が減ることで増えた余裕資金は、家計を楽にすることもできます。

また、自分がずっと欲しかった高いものを買うという使い方もできる!

ファッション関係のもので言えば、高級ブランドのバッグを買うなど!!

「30代でひとつはちゃんとしたバッグを持っておきたい」という、そんな今までは散財のせいで叶えることができなかった希望も叶えられるようになります!

ついでに、友人と買い物の約束をしやすくなる!(笑)

わたしは「つい服が欲しくなるから」と言う理由で、友人と買い物に行くのを避けてしまいました…

しかし、物欲が減ったことで友人たちとも普通に遊べるようになります!

このようにファッションレンタルをすることで、日々の暮らしが楽になること間違いなし!

悩めるアラサーさんは、ひとまずファッションレンタルを試してみてください!

▷airClosetを試してみる▷EDIST. CLOSETを試してみる

ちなみにアクセサリーのレンタルもあります!

A/W訴求バナー▷スパークルボックスを試してみる

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし