インテリアライフスタイル

無印良品「木製デスク」でリビングワークスペースづくり

deskインテリア

リビングにワークスペースをつくってみました。

使用したのは、無印良品の木製デスクです。

リビングは明るくて暖かいし、気分転換にもなるので、リビングワークスペースをつくってよかったと思っています。

今回は、我が家のワークスペースと無印良品の木製デスクについての紹介です。

こちらの動画でも紹介しています、よろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

リビングワークスペースの魅力

では早速、リビングにワークスペースをつくる魅力について紹介します。

  1. 電気代の節約になる
  2. 集中できる
  3. 気分転換になる

1.電気代の節約になる

1.電気代の節約になる

我が家はマンション住まいで、リビングがいちばん日当たりが良いです。

そのため、冬でも晴れた日は部屋の中が暖かくなるため、暖房をつける必要がありません。

また窓から光が入ってくるので、電気をつけずに仕事ができます。

夏はすこし暑いかもしれませんが…電気はつけなくて済むので、電気代の節約になる!

マンションに限らず、リビングは日当たりが良くなっている場合が多いと思うので、リビングにワークスペースをつくると、いくらか家計の助けになると思います。

2.集中できる

2.集中できる

2つ目の魅力は「集中力」が増すことです。

部屋にひとりきりで仕事をしていると、ついついスマホを見てしまったり、眠気が襲ってきたときにそのまま誘惑に負けてしまうことがあります。

しかし、リビングで仕事をしていると、突然家族が入ってくる場合もあるのであまりサボれません!!

以前会社で働いていたときも、ひとりで外出するときよりも会社内のデスクワークのほうが集中できていました。

特に我が家はリビングの隅にワークスペースをつくったので、場所的にもすごく集中できます。

唯一、換気扇をつけなくてはいけないときは、集中もできなければ、寒くて仕事が手につかなくなりますが…(笑)

3.気分転換になる

3.気分転換になる

最後に、いつも仕事する場所以外にもうひとつ仕事できるところがあると、気分転換になっていいです。

わたしは、いつも自分の部屋で仕事をしていますが、飽きてきたらリビングに場所を移して仕事しています。

同じ家の中ですが、いつもとは違う風景や雰囲気の中で仕事をすることで、簡単に気分転換が可能です。

わたしは落ち着きがないので、仕事用のデスクには飲み物を置かないようにしています。

しかし、リビングワークスペースならダイニングで飲み物を飲みながら、椅子だけ移動して仕事するなんてこともできる!

キッチンまで歩かなくてもOKなので、ズボラなわたしにとってはありがたいです(笑)

無印良品の木製デスクとは

机

我が家でリビングワークスペースに活用したのは、無印良品の「木製デスク・オーク材」という商品。

シンプルなオーク材の机で、引出しが2つ付いています。

つるつる

全体がつるつるしていて、他のオーク材の無印家具(ユニットシェルフなど)と比べると、若干色が濃いです。※主観

別売りで、キャビネットやデスクの上に置く棚があります。

大きさは【幅:110cm/奥行:55cm/高さ:70cm

引き出しの内寸は(※内寸は自分で測りました、誤差についてはご了承ください)

左側が【幅:約48.5cm/奥行:約39.5cm/高さ:約6.2cm/高さ(落下防止ネジまで):約5cm

右側が【幅:約26.5cm/奥行:約39.5cm/高さ:約6.2cm/高さ(落下防止ネジまで):約5cm

落下防止ネジ
引出しの落下防止ネジ

引出しには大抵のものが入りますが、落下防止ネジの当たるところは、すこし高さが低くなってしまうので注意が必要です。

右側の引出しは幅が小さく、ネジに机の中のものが当たってしまう可能性が高いので、5cmより低いものを収納するのがいいと思います。

机自体は、すこし奥行がないタイプですが、デスクワークするのには十分な広さです。

ちなみに無印には、我が家で使っているデスク以外に「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)という商品があります。

本体の大きさは木製デスクとまったく同じですが、足元に棚がついている形。

我が家は足元の棚が不要だと思い、木製デスクにしましたが、店頭で見た感じは無垢材デスクのほうが色が薄い気がしました…

もちろん個体差があるとは思いますが、ひょっとすると木製デスクよりも無垢材デスクのほうが、他の無印家具との相性はいいかもしれません。

IKEAのデスクライト

IKEAのデスクライト

無印のデスクに合わせているデスクライトはIKEAのものです。

とてもシンプルで、動きもスムーズなので気に入っています。

ネジを回して机を挟み込むタイプ。

店舗で購入しましたが、確か1,500円くらいでとてもいい買い物ができたと思った記憶があります。※2020年に購入

電球は別売りで、E26口金です。

デスク周りの便利アイテム

配線用フック

配線用フック

無印のデスクは奥行があまりないので、デスク下にある家電のコードを壁に取り付けることにしました。

この両面テープで取り付ける配線用のフックは、透明で目立たないのでとても便利です。

継脚

継脚

わたしには不要ですが、家族はもうすこし身長があるので継脚して、高さを上げています。

この継脚は、無印のデスクの脚にほぼピッタリ!

色は濃い茶色ですが、大きさが変わらないのでそんなに目立たずに済んでいます。

似ている商品↓

ゴミ箱

ゴミ箱

デスク上で出たゴミをすぐに捨てられるように、机の脇にゴミ箱を浮かせて設置しました。

フックを机に両面テープで貼り付けて、ゴミ箱をクリップに挟んでフックにぶら下げるだけです。

フック・ゴミ箱・クリップすべて100均で揃います。

リビングで快適に仕事

リビングで快適に仕事

リビングのワークスペースをつくったら、リビングが狭くなるしインテリアがごちゃつくかと思い、ずっと躊躇していました。

しかし、多少のごちゃつきは我慢できるくらい便利です!

我が家はリビングに本棚があるので、いい読書スペースにもなっています。

気分転換や節約の観点からも、リビングのワークスペースはつくる価値ありです。