コーディネートコーディネート術

服選びに迷わないために始めた【コーデの固定化】1年経って感じる「3つのデメリット」と対策

demeritコーディネート

洋服選びにかかる時間を短くするために、わたしが行っている「コーデの固定化」という作業。

事前に洋服の組み合わせを決めておくことで、予定の内容から服を選ぶことができたり、1つ着たい洋服が決まれば他に身につけるアイテムも決まる、とても便利なアイデアです。

わたしはとても優柔不断なため、このコーデ固定化が必要不可欠となっています。

しかし、1年間やってみて「これはデメリットだな」と感じることも出てきました。

そこで今回は「デメリット」に着目してコーデの固定化を解説していきます。

ちなみに固定化方法はコチラで解説しました↓

スポンサーリンク

迷わないはずが真逆の結果になることも!

コーデ固定化のデメリットは以下の3つです。

コーデ固定化のデメリット
  • 固定化したコーデが思い出せない
  • 旅行のときに不便
  • 洋服が多いと効果が微妙

固定化したコーデが思い出せない

これはもう…年のせいですよね…

クローゼットの中で「あれ、これ合わせてたのどれだっけ?」と思い出すのに時間がかかってしまいます。

また、服が多いことも原因の1つです!

時短のために始めたのに、コーデに迷ってしまうようでは固定化している意味がありません!

思い出せないことへの対策は家の中で常に携帯を持ち歩き、すぐに自分の固定化コーデが確認できるようにすること。

思い出せないと思ったらすぐにこのサイトにアクセスし、コーデを確認します。

面倒な作業のため、自分への戒めとしても働くので次から忘れにくい!(笑)

旅行のときに不便

旅行のときは「どうにかして荷物を減らしたい」と考えます。

しかし、固定化しているとなかなか少なくなりません。

同じボトムでの着回しでも、固定化した3つのコーデの系統が違ったり、かさ張るトップスだったりすると「固定化コーデじゃないけど、こっちの方がいいな」ということが結構多いです。

せっかく固定化したので全部の洋服を決めたコーデにしようと思うと、荷物がどんどん多くなってしまうということもあります。

対策とまで言えないのですが、旅行のときは固定化コーデにこだわらず荷物を減らすことを重視してコーデを考えるのがオススメ。

それ以上に、天気や旅行の内容に合わせて洋服を選ぶことも大切です。

洋服が多いと効果が微妙

そして、いちばんの問題が「服が多くて効果が微妙」です。

わたしのクローゼットにはまだまだ服が多く、事前に決めたコーデが思い出せなかったり、「どのコーデにするか迷う」ことが多々あります。

つまり、コーデの固定化をするのであればもっと服を減らす必要がある!

対策は、頑張って服を捨てること以外ありません。

服を減らす方法については後ほど詳しく説明しますが、1年コーデ固定化をしてきて最善だと思う洋服の数はトップス3のボトム3で合計3コーデです。

3コーデ作れれば、2週続けて会う友人がいても同じコーデで会わなくて済みますし、クローゼットもかなりスッキリさせられます。

そして、できればトップスはすべてのボトムに合わせられるようなものが望ましいです。

普段は1トップスにつき1ボトムで固定するのが分かりやすいですが、旅行や帰省のときには1つのボトムに対して複数のトップスが着られると荷物を減らせます。

服を減らすポイント3つ

先ほどお伝えしたように、コーデの固定化が効果を最大限発揮するためには、服を減らすことが必要になります。

そこで考えたみた「服を減らすためのポイント」は以下の通り。

服を減らすポイント
  • とりあえず捨ててみる
  • 自分に似合う服を見つける
  • コーデを具体的に思い描く

とりあえず捨ててみる

まずはクローゼットやタンスを見返しましょう。

そして、とりあえず捨てる!(笑)

  • しばらく着ていないと思う服
  • パッと見てかわいいと思えない服
  • どう考えても年齢的に着られない服

などは、ささっと捨ててみてください。

1つ捨ててみると服を捨てるのが、だんだん楽しくなってきます!

注意点は「絶対に見返さない」ということです。

見返すと「やっぱり可愛いかも」という気持ちが生まれやすいので、それだけは避けてください。

自分に似合う服を見つける

そして服を減らすには、自分が納得するコーデが作れる洋服をGETすることも重要です。

理由は服を減らすためには「新しい洋服が欲しい」と思うことを減らすのが大事だから!

自分の決めた固定化コーデに満足していないと、結局新しい洋服が欲しくなってしまいます。

以前↓コチラの記事で「服を買いたい気持ち」を抑えるためにコーデ固定化が有効だと書きましたが、逆も然りということです。

なかなかないですが「自分の好み」で「サイズがピッタリ」で「色も好み」で「着心地がいい」とても似合う洋服を購入するのがベスト。

もちろん何にでも合わせやすい洋服がオススメです。

でも、そもそも「自分に似合う服が分からない」という不安もあるでしょう。

その場合にオススメしたいのが「骨格診断」と「パーソナルカラー診断」です。

わたしは、この2つの診断をして「だからあの服は似合わないのか」や「この服意外と似合う」と思うことがとても多かった!

例えば、スキニーパンツをやめてワイドパンツにしたらスタイルが良く見えたり、暗い青系の色の洋服を着ると血色良く見えたりします。

そして、何よりも服選びに明確な基準ができたのですごく楽になりました。

もちろんたまに「かわいい」と思って試着するものもありますが、基本的には「これなら似合うかも」という洋服を選んでいます。

ただし、自分の好みを「絶対に妥協したくない人」や自分に似合わない洋服でも「なんとか頑張って似合うように着れる人」はこの診断をしてもあまり意味がありません。

「自分に似合う服が着たい人」「服を選ぶ基準がない人」はぜひ試してみてください。

ちなみにTVCMで話題のココナラなら、プロに頼むよりも安い価格で診断をしてもらえるのでオススメです。

コーデを具体的に思い描く

choice

服を減らすために、自分の理想コーデをとにかく具体的に思い描きましょう。

そうすると理想のアイテム以外は捨てられますし、コーデに不要な洋服を買わなくて済むのでクローゼットに服を増やさずに済みます。

ちなみにこの「具体的に思い描く」は買い物で衝動買いしないためにも役に立つので試して欲しいです。

コーデだけではなくて、ボトムやトップスなどのアイテムをひとつひとつ考えておくとより一層効果があります。

コーデ選びに迷わないために

コーデの固定化を1年経験した感想は「服選びに迷わないが、ちょっとルールを柔軟にしないとダメ」ということ。そして「服は減らす」ということです。

固定化のデメリットを見ればわかるように、「何が何でも固定化したコーデを着る」と思っていると失敗してしまいます。

そのため、例えばコーデが思い出せなかったら「とりあえずこれでいいや」や「旅行のときは自由」など自分を追い込まないようにすることが大切です。

そして、コーデの固定化は服を減らしてから行うことが重要だと思いました。

わたしも頑張って減らした方ですが、まだまだ服が多いため「コーデ固定化」の恩恵をしっかりと受けられていません。

来年こそは、もっと服を減らしていけるように頑張りたいと思います。

服が多くて悩んでいる人には、パーソナルカラー診断や骨格診断がオススメ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし