洋服の整理・収納

「服を減らすのが難しい」と思っている人に提案したい5つの見直し方法

試した方法洋服の整理・収納

ミニマリストになりたいとほざきながらまったく服が減らない女、それがわたしです。

そんな現状に一念発起して、自分に必要な服と不必要な服を見極めることにしました!

今回は、そんなクローゼットの大改革についてお送りします。

スポンサーリンク

服を減らした後の「理想像」を思い描く

まず、自分がなぜ服を減らしたいと思ったのかを分析しましょう。

理由は人それぞれですが、たとえば以下のようなことが挙げられます。

  • 服が多くて「なぜこんなに買ったんだ」とイライラするから
  • 服が多いせいで毎日のコーデが決まらないから
  • 服が多くて掃除や衣替えがしんどいから
  • 服を減らしてミニマリストになりたいから

わたしは「服を減らしてミニマリストになりたいから」ですが…突き詰めると「服が多くて掃除や衣替えがしんどいから」という理由が大きいという結論にたどり着きました。

そこで今回は「服を減らすことと、衣替えを楽にするため」ということを目標にして、できることを考えていきます。

服を減らすためにするべきこと

今回わたしが試した方法は、以下の通りです。

  1. 服をすべて出す(オフシーズンの服も)
  2. 種類ごとに分ける
  3. 手放す服を選ぶ
  4. コーデを決める(1つのボトムに対して1つのトップス)
  5. 着る月を決める

1.服をすべて出す(オフシーズンの服も)

1.服をすべて出す(オフシーズンの服も)

まず、自分の洋服がどれだけあるのかを目で確認します。

恐ろしいですが、自分の服を減らすためにすべて床に広げましょう。

2.種類ごとに分ける

2.種類ごとに分ける
コート類

次に、洋服を種類ごとに分けます。

「コート」「薄手の上着」「トップス」「ボトムス」「ワンピース」などの種類ごとに、分けましょう。

種類と一緒に、ざっくりと「夏物か冬物か」で分けておくこともおすすめです。

3.手放す服を選ぶ

次の2つに該当する洋服を選び、手放す服として別に分けておきます。

①ボロボロの洋服

3.ボロボロの洋服を探す

種類ごとに分けたら、1着ずつ洋服を観察して「ボロボロで着られない」と思うものを見つけます。

「そんなボロボロの服なんか持ってないよ」と思うかも知れません。

しかし、種類が同じ洋服をいちどに集めて見比べていくと「これ意外と傷んでる」と思うものが見つかります。

今まで気が付かなかった「首まわりの伸び」や「毛玉」などに気がついたら、その服は「手放す」服として分けておきましょう。

②好みでない服

4.好みでない服を探す

ボロボロの服の次は「好みでない服」を探します。

できる人は、ボロボロの服を探すのと同時に探すと時間短縮になっていいですね。

買ってしばらく経った洋服だと「やっぱこれ好きじゃない」や「似合わないな」という場合が多いです。

好みでない服を見つけたら、その服も「手放す」服として分けてください。

4.コーデを決める(1つのボトムスに対して1つのトップス)

手放す服を決めたら、コーデを決める「コーデ固定化」の作業です。

いつもなら1つのボトムスに対して2〜3つトップスを選びますが、今回は1つのボトムスに対して1つのトップスを選びます。

コーデの固定化については↓コチラを参考にしてください

そうすることで、「要る」と思った洋服の中から、さらに要らない洋服を探すことが可能です。

この段階で手放すことを決めた服に関しては、ただ手放すのかコーデが作れる服に置き換えるのかを決めましょう。

置き換え
こんな感じでいくつか置き換えました

5.着る月を決める

コーデを決めるとき同時に、着る月を決めていくと「この服は何月にも出番がない」や「この月には服が多すぎる」という要らない服を判断する基準になります。

今までは春夏秋冬という「季節」で、着る服・しまう服を決めていました。

しかし、季節で分けていると気温などによって、着ない洋服や着たいけどしまってる洋服が意外と多かったりします。

すぐにしまったり出したりすれば問題ないのですが、なにせめんどくさがりなので「次の衣替えでいいか」と考えて、そのままにしてしまうことが多いです。

そこで、何月に出して何月まで着るなどと細かく分け、収納の時点で分けておくようにしました。

収納の時点で分けておく

タンスの中の洋服をすべて取り出さなくても、必要な服だけ小分けにされている分を取ればいいので面倒が減ると思ったからです。

試してダメだったらまた改良していこうと思います。

固定化に対する意識も少し変えました

以前はガッチリ決めた洋服の組み合わせを「絶対に守らなければいけない」と思っていました。

しかし「固定化したコーデでなくても迷わずすぐに決まればOK」とすることにしたのです。

理由は「絶対に固定化コーデ」と思っていると、コーデが思い出せなくなったときに、かえって時間がかかったため。

また、今回1つのボトムスで1つのコーデにしたため気分でトップスやコートを変えてもいいかという気持ちの余裕ができたことも理由です。

そして決めたコーデをセットにして↓こんな感じで、クローゼットにしまうようにしました。

コーデをセット

コーデがひと目で分かるようになったので、時間がない中でもパッとコーデが選べるようになりました。

月別固定化コーデ

ここから固定化したコーデを画像で紹介します。

11月〜2月アウター

11月〜2月アウター

3月・4月アウター

3月〜4月アウター

5月〜10月アウター

5月〜10月アウター

11月〜4月コーデ

11月〜4月コーデ①
この白いトップスは今季で手放す予定です
11月〜4月コーデ②
11月〜4月コーデ③
ベージュパンツ

ベージュパンツは、カラーニットと合わせる予定です。

11月から着られるように、10月頃に購入するようにします。

5月〜6月と9月〜10月コーデ

5月〜6月と9月〜10月コーデ
5月〜6月と9月〜10月コーデ②
7月・8月のコーデ③

5月〜6月と9月〜10月コーデ④
ワイドデニム

ワイドデニムに合わせて、色物のトップスを購入する予定です。

7月・8月のコーデ

7月・8月のコーデ①
7月・8月のコーデ②
7月・8月のコーデ③
7月・8月のコーデ④
5月〜6月と9月〜10月コーデ④

要らなくなった洋服はコチラ

コーデの固定化をしたことで、要らなくなった洋服がコチラの13着です↓

3.ボロボロの洋服を探す
ボロボロの服
4.好みでない服を探す
好みではない服

3着新しい洋服と置き換えたので、ほんとうに減らせた洋服は10着という結果になりました!

二桁の洋服を減らせたのは、すごく頑張った!(笑)

ほんとうは春・夏のトップスをもっと減らさなければいけないところですが、どうしても好みで手放せません。

わたしは「洋服が好みだから捨てられない」場合は、無理して捨てるのではなく、諦めがつくまで待つことにしています。

待っていると、着すぎてボロボロになるか興味がなくなるかして、自然と手放せるタイミングが訪れるからです。

今回好みではなくなって手放した洋服の中には、以前とてもお気に入りだった洋服も多くあるのが、待つべき根拠と言えるでしょう。

服を減らすのが難しい理由がはっきりする

今回このようにクローゼットの中身をしっかり確認して感じたのは、見直すことで「自分が服を減らせない理由がわかる」ということ。

わたしの場合は「結局、毎シーズン洋服を買っている」ことが服の減らない原因です。

以前よりも「買ったら手放す」ということと物欲が抑えられていることは確かですが、それでもやっぱり服が増えています。

つまりわたしは「毎シーズン1着は服を買わないと満足できない人間」であるということがはっきりしました(笑)

理由に応じてルールを作る

笑えることではないですが、はっきりしたため「かならず1着買う」理由を作ることにしたわけです。

それは「ボトムス1着だけ、コーデを考えない」というもの。

つまり「コーデを決めていない1着のボトムスの分は新しくトップスを買ってもOK」というルールにしました。

このルールで今のところ↓この2つのボトムスに対して、新しい洋服を買うことが可能です。

2つのボトムス

絶対に1着は買っていいとわかっていると、買い物を我慢しすぎて物欲が爆発することもないだろうという目論見があります。

この絶対に買っていい洋服以外は、置き換える場合のみ買ってもOKというルールです。

そして新しく買う洋服については、かねてより感じていた「明るい色のトップスを着たい」という欲望を満たす服を5,000円前後で買うことにしました。

なるべく細かくルールを決めたほうが、新しく買う洋服を選ぶのに迷わないためです。

また、流行りの色が毎年変わる可能性があることと、なるべく1シーズンで着倒して捨てられる額の洋服がいいということも理由ですね。

何度か試さないと理想は見つからない

何度かクローゼットの見直しを行っているものの、結局クローゼットに服が多くなってしまう理由は「服が買いたくなるから」だとわかりました。

そのため、新たな試みを始めることにしましたが、ほんとうに自分がこの方法で服を減らせるのかは、時間が経たないと判断できません。

服を減らすのは、ほんとうに難しいです。

自分の性格などを考慮しながら何度も試行錯誤してみて、ようやく服を減らすことができます。

あくまでもわたしが試している方法ではありますが、服を減らしたいと考えている人は参考にしてください。

どうしても服を買いすぎてしまう場合はコレ!

fashionrenntal

わたしと同じように、結局洋服を買ってしまうことが理由で洋服を減らせない人は、ファッションレンタルもおすすめです。

ファッションレンタルとは、月額1万円以下で洋服を3着〜4着借りることができるサービスで、けっこうかわいい服が借りられます。

季節感や流行のデザインをしっかり取り入れることができますし、毎月違う洋服を借りることが可能です。

何を買ったらいいか分からなくて、どんどん要らない服が増えていってしまうタイプの人にもおすすめ!(笑)

おすすめの「ファンションレンタル」
サービス名EDIST. CLOSETairCloset
airCloset
アイテム数・ひと月で4着・1度で3着
料金・8,360円/月(税込)〜
※1年契約プラン
・7,480円/月(税込)
※月1回交換プラン
返却料・返却無料・返却1回につき330円
おすすめ度4.54.0
良いところ⭕返却料無料
⭕自分で服を選べる
※トライアルには制限有
⭕ブランド品
⭕借り放題できる
※ライトには制限有
悪いところ❌借り放題できない❌返却料がかかる
公式サイトEDIST. CLOSETairCloset
この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし