インテリアライフスタイル

【無印良品】ユニットシェルフで作った食器棚をちょっと見直しました

cupboard2インテリア

無印良品の製品は、シンプルなデザインで使いやすいモノが多いです。

我が家でもたくさん利用しています。

特に便利だなと感じるのが、無印のステンレスユニットシェルフで作った食器棚!

なぜなら無印良品の収納ケースは、ほとんど棚にピッタリと収まるようになっており、見直すときに新しいケースが探しやすいからです。

そこで、今回は我が家の食器棚を一部分見直す様子をお送りします!

コチラの動画でも紹介しています、よろしければご覧ください↓

スポンサーリンク

食器棚に置きたいモノが増える

今回の見直し理由は、食器棚に置きたいモノが増えたためです。

たとえば、菓子類が増えたため、取り出しやすさを求めて見直すことにしました。

今回見直した箇所は、食器棚の右側(ユニットシェルフに帆立を追加し、増やした棚)です。

before
BEFORE
AFTER
AFTER

飲み物と食べ物を分ける

飲み物と食べ物を分ける
左側:ニトリのかご、右側:無印良品のポリプロピレン引出し

まずは、右側の上段のかごを無印良品のポリプロピレンケース・引出式に見直します。

この段はもともと左側にニトリのかご、右側に無印良品のポリプロピレン引出しという配置でした。

しかし、食べ物と飲み物を同じ引出しに入れていたため、だんだん分かりにくくなってしまい…ストレス…

また、スティックタイプの飲み物が、折り曲げないといけないと引出しに入らないことにもストレスを感じていました。

かごを見直して、棚一面を無印良品の引出しにしたことで、より細かく、ゆとりを持って収納できています!

ちなみに、新しく無印のポリプロピレン引出しを買い足しましたが、引出し2個タイプと1個タイプをひとつずつにしました。

まっすぐ収納

折り曲がっていたスティックタイプの飲み物も、引出し1個タイプに入れることで余裕を持って収納できています。

そして、使わなくなったかごを食器棚の上に置くことができたので、出しっぱなしで恥ずかしかった乾燥わかめを隠せました(笑)

ストックが増えても取り出しやすく

ストックが増えても取り出しやすく

家電の下の段も半分だけ無印良品の引出しで、もう半分はファイルケースを使っていました。

しかし、調味料や瓶詰めのストックが増えてくると、引出しの中がごちゃついて取り出しにくくなってしまうため、全面引出しに変更!

また、ファイルケースに瓶に入った酒などを入れていたのですが、重くて落としそうになることがあったので、酒の位置も変えることにしました。

全面が引出しになったことで、調味料などのストックが増えてもしっかりと種類ごとに分けて保管できます。

ちなみに、棚の大きさと引出しの高さがほぼ同じくらいだと、ケースを1つずつ入れると棚に入らないことがあります。

重ねる
ケースを重ねてから、棚に入れる様子

そういったときは、いちど重ねれば入るので、試してみてください!

テプラでラベリング

ラベリング

面倒で避けていたのですが…さすがに同じケースが増えて分かりにくいので、テプラでラベリングすることにしました。

文字を入力するのが面倒なので、1文字で統一!(笑)

引出しの右上に貼りました。

もし使ってみて見にくければ、見直そうと思っています。

ビニール袋を収納バッグに入れる

ビニール袋を収納バッグに入れる
収納バッグを寝かせて使う様子

ダイソーで、ビニール袋を収納するプラスチックバッグを買いました。

組立てもビニール袋を入れるのもとても簡単ですが、我が家のように寝かせて使うと、そんなにラクだと感じられません。

棚や引出しの隙間などに立てた状態で使うと、より便利だと思います!

新しく買ったモノ

買ったもの

今回の見直しにあたって、購入したモノがコチラです↓

  • 無印良品 ポリプロピレン ケース 引出式 深型(2個) ホワイトグレー
  • 無印良品 ポリプロピレン ケース 引出式 浅型(2個) ホワイトグレー
  • 無印良品 ポリプロピレン ケース 引出式 浅型 ホワイトグレー
  • ダイソーで購入 積み重ね収納ボックス
  • ダイソーで購入 PLASTIC BAG STORAGE

無印良品 ポリプロピレン ケース 引出式

見直し前から使っていた無印良品のポリプロピレンケース・引出式を全部で4つ(3種類)購入しました。

見た目がシンプルで、引出し2個タイプには位置が変えられる仕切りも付いています。

仕切り

無印良品の収納ケースは、幅と奥行が同じだとキレイに重なって固定できるので、ほんとうに使いやすいです!

重なる部分
重なる部分

色は我が家で使っているホワイトグレーと白い半透明の2色あり、大きさは何種類もあります。※我が家で購入したのは【幅:26cm / 奥行:37cm / 高さ:12cm or 17cm】

そして、同じ無印良品の家具と組合わせやすい大きさに作られているのが特徴です。

ダイソーで購入 積み重ね収納ボックス

ダイソーで購入 積み重ね収納ボックス

今回新しく、無印良品のポリプロピレン ケース・引出式の引出し1個タイプを買いました。

引出し1個タイプには仕切りが付いていないため、ダイソーで買った積み重ね収納ボックスを4つ入れています。

4つ入る
無印良品のポリプロピレン ケース・引出式の引出し1個タイプに、積み重ねボックスを入れた様子

積み重ねボックスの大きさは【10.7cm × 15.2cm × 8.3cm】です。

すこし奥行が余ってズレますが、そんなに気にならないのでこのまま使っています(笑)

ダイソーで購入 PLASTIC BAG STORAGE

ダイソープラスチックバッグ

ダイソーで購入したビニール袋を入れるバッグです。

素材はポリプロピレンでかためで、約27cm × 15cmまでの折りたたんだ袋を入れて使えます。

組立てはとても簡単で、本来は、このようにビニール袋を立てて収納できるようになる便利なアイテムです。

本来の使い方

ただ、我が家のように寝かせた状態で使ってもあまり便利になった感じはしません…

また「ビニール袋の間に厚紙を入れると、より便利」という内容が説明されていますが、厚紙は付属されておらず、自分で用意するのはちょっと面倒だなと思いました。

無印良品だと見直しやすい

無印良品は見直しやすい

引っ越したときに食器棚をどうするかずいぶん迷いましたが、無印良品の食器棚にして一切後悔していません!

見た目や使いやすさはもちろんですが、何年か使って「使いにくい」と思ったときに見直しやすいところが便利です。

収納を見直すときに、求める大きさのケースを探すのが大変ですが、無印良品の家具なら、ピッタリと合う収納ケースが探しやすくてラクできます!

もし食器棚を購入するときは、無印良品のユニットシェルフもぜひ検討してください!