インテリアライフスタイル

【無印良品でインテリア】〜ユニットシェルフで食器棚を作る〜

cupboardインテリア

我が家のキッチンはあまり収納がありません。

そのため引っ越しのときに「収納力が高い」「おしゃれ」な食器棚をかなり頑張って探しました。

IKEA・ニトリ・東京インテリア・LOWYA・楽天などなど。

そして長いこと悩んだ結果、無印の食器棚を購入しました!

今回は、無印の食器棚の紹介と我が家での使い方を紹介していきます。

↓こちらの動画でも紹介しています、よろしければどうぞ。

スポンサーリンク

無印の家具はおしゃれに見える

食器棚2

まず、我が家の食器棚はこんな感じです。

無印の家具を使うだけでインテリアがちょっとおしゃれに見えるので、ありがたいです。

この食器棚は、どんな形にするのか自分で選ぶことができます。

棚の位置や引出など、どんな形にしたいのか選ぶことができるので、自分の理想の食器棚が作れるわけです。

ちなみに無印のWEBサイトでは「ユニットシェルフシミュレーター」というものがあり、どのような組み合わせにするのか購入前にじっくり検討することができます。

しかも理想の棚をシミュレーターで作ったら、そのままWEB上で購入することや必要なものを紙に印刷して店舗で購入することも可能です!

※ユニットシェルフ以外に「スタッキングシェルフシミュレーター」や「収納サイズシミュレーター」などもありますよ。

正式名称は「ステンレスユニットシェルフ」で、我が家はオーク材のタイプ、サイズはワイド大を購入しました。

ユニットシェルフにガラス戸の引き戸1つと、オーク材の引出を2つ(2段で1セットのもの)そして、横にもう一回り小さい追加棚(幅約56cmのもの)をつけて連結しています。

引出やガラス戸の横に追加棚を合わせると、微妙に高さが合わなくて気になるかなと思ったのですが、意外と気になりません。

また、追加棚の部分にピッタリ合うケースが売られていることも本当にありがたいです。

無印で家具を買う最大のメリットが、このピッタリ合う大きさの収納ケースが売られていること!

このユニットシェルフに限らず、さまざまな家具に収納ケースがピッタリ合うので、収納ケースを一緒に探すのがとても楽です。

すこし大きめの店舗に行けば、実際に検討中の家具が置かれている可能性があるので、そこで実際にケースと合わせて見ることもできますよ。

※店舗によって展示されている家具は違うので、事前に電話で確認するのがおすすめです。

我が家のインテリア

さて、改めて我が家での無印食器棚のインテリアを紹介します。

我が家のインテリア

キッチン入り口すぐのところに食器棚を配置し、その横にゴミ箱⇒冷蔵庫という並びです。

食器棚上

食器棚の上には耐震用の突っ張り棒と、ダイソーのかごを置いています。

かごの中は、シリアルやキッチンペーパーなどの買い置きです。

この食器棚は結構揺れるので、突っ張り棒はあった方がいいと思います!

振動で揺れて食器がカチャカチャと鳴るため、突っ張り棒がある方が静かです。

ガラス戸

ガラス戸

ガラス戸の中には、よく使う食器といただきものの大切な食器を入れています。

上段がいただきもの(頻繁には使わないけど、大事にしまいたいもの)で下段によく使うもの(茶碗など)という分け方です。

ちなみにガラス戸を開けるときに指を引っ掛ける穴は、こんな感じで小さい…↓

指の穴
わたしの指だと、指1本しか入りません

ちなみにガラス戸内の仕切りの高さは、3段階から選ぶことができます。

真ん中の高さで仕切りを使うと、上段・下段ともに約15.5cmの高さです。

割と背の高いグラス(中ジョッキくらいの大きさ)も収納できるため、特に不便はありません。

家電スペース

家電スペース

ガラス戸の下スペースには、電子レンジなどの調理家電を並べています。

高さは約85cmあり、このくらいだと女性でも男性でも使い勝手は悪くありません。

念のため、炊飯器とケトルの上部分には透明シートを貼って湯気を防いでいます。

かなり雑な貼り方ですが!(笑)

オーク材引出

引出

そしてオーク材の引出の中は、皿と鍋、飲料ボトルなどを収納。

我が家は、同じ種類の皿は重ねてもOKというルールで皿を収納しています。

なるべく皿を重ねずに収納した方が取り出しやすいので、皿の数は少なめです。

皿数

皿数は少なめですが、一番下の段にル・クルーゼの鍋を収納しています。

鍋は重たいですが、約1年半この状態で使っていて引出が壊れたりすることはありません。

ちなみに皿を買うときは、二人の意見が一致して欲しいと思ったものだけ購入することができます。

わたしはすぐに皿が欲しくなってしまうので、ストッパーになってくれて家族に感謝です(笑)

無印の引出にあるこの取手は、購入後自分たちで取り付けました。

取っ手
ホームセンターで購入した取っ手

長さを測って穴をあけてネジをしめるといったかなり大変な作業で、下の方は失敗しています…

でも、取手はあった方が確実に引き出しやすいです。

取っ手ありなし
取っ手があると、下の段を引き出すときに腰や膝を曲げずに済みます
※どちらも下から2段目を引き出す様子

こういう穴あけ工具があるとすこし作業が楽になるので、おすすめ。

工具

※この電動ドライバーは、我が家で使っているものとは別のものです↑

追加棚のレイアウト

そして追加棚のいちばん上には無印のポリプロピレン収納ケースとニトリのかごを置いています。

追加棚のレイアウト1

本当は、無印の収納ケースを2つ横に並べてその上にラタンバスケットを置く予定だったのですが、残念ながらバスケットは入りませんでした…

計算上はギリギリ入る予想でしたが、実際入れてみるとNG。

そのため、ポリプロピレン収納ケースを縦に重ねて、横にニトリの布かごを置いています。

ホワイトグレーのボックスなら中身も見えないので、視界に入るところの収納にはもってこいです。

※同じ形で半透明の色もありますよ。

ボックス上段にナッツ・下段には飲み物関係のもの、そしてかごのなかにはお菓子を入れています。

引出内部
引出の中には、1つにつき3個の仕切りがついています
※1つ無印ポリプロピレン2列引出ケースを買うと、合計6個の仕切りがついてくる

追加棚の下の方に使っているのは、無印の収納ボックスとニトリのファイルケースです。

追加棚2

ほんとうはファイルケースも無印で揃えたかったのですが、もともと使っていたものがもったいないので、ニトリのものを使っています。

形は一般的なファイルケースなので、使い勝手は変わりません。

でもやっぱり無印のホワイトグレーのもので揃えたほうが、かわいいですね…

無印とニトリのケースを共存させるとこんな感じです。

ユニットシェルフ下部

シェルフ下部
約6.5cmの隙間が開いています

最後に、この無印の食器棚は、いちばん下に隙間があくのでギリギリ掃除機やクイックルが入ります。

残念ながらロボット掃除機は入りませんが…床とぴったりくっついている食器棚よりは掃除がしやすいです。

具体的なイメージがないときはシンプルなものにする

食器棚は使っている内に、収納方法を変えたいと思うことがよくあるんですよね。

そして普通の食器棚は、棚の位置や大きさを変えたりすることができません。

しかし、無印の食器棚ならそれが可能です!

まず、追加棚を利用すれば食器棚の大きさを拡大することが可能です。※小さくすることはできません。

また、無印のボックスを使った収納にしておけば、自分の使い勝手がいいように都度改良していくことができます。

ちなみに、無印のポリプロピレンケースはほんとうに優秀!

たとえば、我が家の追加棚下段に使っている「高さ17.5cmのケース2つ」と上段で使っている「高さ12cmのケース3つ」は同じ高さになります!

残念ながら我が家には高さ12cmのケースが2つしかないのですが…雰囲気はこんな感じです↓

ポリプロピレンケース

ユニットシェルフ本体に組み込むタイプの引出にしておいても、後から位置を変更することも一応できます。

しかし、絶対に面倒でやらない!(笑)

わたしは今のところこのユニットシェルフの形状で満足していますが、もし形を変更したいと思ったとしても、絶対にやらないです…

個人的に無印の家具は組み立てが結構大変だったので、ユニットシェルフを食器棚として買うときは、慎重に選んだ方がいいと思います。

もし購入時に具体的なイメージを持てないという人は、ひとまずシンプルな形のユニットシェルフを購入するのがおすすめです。

ユニットシェルフ本体を、引出などを何もつけないシンプルな形にしておけば、収納ケースなどで適宜使いやすい食器棚を作ることができます。

面倒くさがりでなければ、後からオーク材などの引出を取り付けることも可能ですよ。

無印の食器棚は使いやすい

無印の食器棚は使いやすい

引っ越してから1年半ほどこの食器棚を使っていますが、とても使いやすいです。

追加棚の部分は少し収納を変えたりしていますが、オーク材引出とガラス戸部分は買ったときと同じ形で使っています。

シンプルで飽きないデザインですし、収納力もバツグンです。

買ったときは重さが心配でしたが、今のところぜんぜん問題ありません。

自分の好きなように作れて、見た目もかわいい食器棚なら無印のユニットシェルフがおすすめです!