コーディネート夏コーデ

【コーデの固定化】毎日の「服が決まらない」を回避するためにやっている4つのこと(夏編)

summerコーディネート

わたしは、出かける前に「服が決まらない」ということが多すぎるので、コーディネートを固定化することにしています。

「このまま頑張ってミニマリストに!」とも思ってはいますが、まだまだ服が多くてその願望は叶いそうにもありません(笑)

今回は、クローゼットの整頓をして固定化していた夏服を紹介します。

スポンサーリンク

夏コーデは基本Tシャツ

夏コーデは基本「Tシャツをどう着るか」ということに尽きました。

そしてサンダルばっかり!夏しか履けないので存分にサンダルも堪能したコーデという感じです。

では早速、ボトム6つ(ロンパース・ワンピース含む)の固定化コーデを紹介します!

SHIPSのワイドデニム

左(赤T):ユニクロ/真ん中(白T):無印/右(ノースリーブ):ROPE

ワイドパンツはこの3つで固定化。

割と薄手のデニムなので、夏の間ものすごく重宝します。

赤Tはデニムにしまっていますが、このデニムは丈が短めのトップスを外に出して着るのが好きです。

新しく購入した無印の白Tが絶妙な長さで「買ってよかった」と思えるTシャツでした。

こうして袖の長さが違うトップスを見比べてみると、圧倒的にノースリーブは腕の太さがバレる。

腕丸出しなので当たり前かもしれませんが、左の赤Tも割と短めの袖なのに印象がぜんぜん違います!

今年着ていたストライプのノースリーブ…来年も着るかどうかしっかり1年悩もう…と言いながら来年も着ていそう(笑)

ちなみにサンダルは濃い茶色がPLAKTONで、ベージュの方がGUのものです。

GUのハイウエストデニム

左(白T):MilaOwen/真ん中(赤T):ユニクロ/右(黒T):Bshop

GUのハイウエストデニムは、ほんとうに脚長効果バツグン!

心なしか細く見える気もします。

だからこのデニムは、完全にインして着る!

トップスを出して着ると、バランスが取りにくくて可愛く着れないということもインして着る理由のひとつです。

そして、このデニムはただの「Tシャツ×デニム」というコーデをオシャレに見せてくれる!

今年は、このシンプルコーデでいったい何度出かけたことでしょう。

この3つのTシャツはどれも汗が過剰に目立つ色ではなかったので、汗を気にすることなく出かけられたというのもたくさん着ていた理由です。

靴は左から、PLAKTON濃茶サンダル・GUベージュサンダル・GUベージュサンダル。

GUの黒ワイドパンツ

左(白T):無印/真ん中(グレーT):Bshop/右(ノースリーブ):ROPE

ちょっと短めの裾で、とても歩きやすい長さのパンツ。

このパンツは、きれいめにもカジュアルにも着ることができます。

しかもジャージ素材だから、かなり履きやすい!

めちゃくちゃ伸びるので、食べ放題などのたくさん食べる予定の時でも問題なしです。

ちょっと裾丈が短めに作られており、パンツの長い裾を引きずって傷んでしまうのが心配な方にもオススメできます。

そしてこの黒パンツの固定化コーデは、Tシャツ2つとストライプのノースリーブの3つ。

Tシャツはカジュアルに、ノースリーブはきれいめに着ることが多かったです。

ただわたしは汗っかきなので、真夏のものすごく暑い時期にグレーTを着ることはほとんどできなかった…(笑)

靴に関しては、左からCONVERSEハイカットの黒・PLAKTONの濃茶サンダル・GUのベージュサンダルを履いています。

SLYのスカート

左(赤T):ユニクロ/真ん中(白T):無印/右(白T):MilaOwen

スカートを履く頻度は少ないですが、ちゃんと持っています。

というかこの夏に新調しました。

「夏らしいスカートを着たい」と思い、購入したSLYのスカート。

やっぱりかわいい!

そして3つのTシャツと合わせて着ていました。

もう少し涼しい時期なら薄手のニットと合わせてもかわいい。

白Tを2着持っているのは決して良くないのですが、こうして並べて見ると印象がぜんぜん違うので許して欲しいです(笑)

わたしは基本カジュアルに着ていたのでこんな仕上がり。

しかし、パンプスやブラウスなどの女性らしいアイテムとも絶対合う!

来年は春から着ようかと考えています。

履いた靴は左から、PLAKTONの濃茶サンダル・PLAKTONの濃茶サンダル・CONVERSEローカット白です。

YECCAVECCAのロンパース

真ん中(チェックシャツ):Bshop/右(帽子):UNITEDARROWS

次は紺のロンパース。

露出部分が多くて、やっぱり腕やらの太さがバレますね(笑)

こちらも来年は着るかどうか考えなくてはなりません…

ロンパースに関しては、左画像のように1枚だけで着ることが多いです。

そのため、コーデの固定化というかどんな小物を合わせていたかという紹介。

シャツを巻くとカジュアルになりますし、帽子を合わせるとちょっとリゾートっぽい感じになります。

しかしながら、1枚で楽チンに着れるというのは本当にありがたいですよね。

コーデに悩みたくないのなら、そのまま着ることができるロンパースやワンピースといった洋服をもっと増やした方がいいのかもしれません。

ただ、トイレはかなり面倒になりますが…

合わせた靴は左から、PLAKTONの濃茶サンダル・CONVERSEローカット白・GUベージュサンダルです。

l-a-t-oのワンピース

真ん中(デニム):GU

最後はワンピース。

こちらも1枚でコーデを完成することができます。

真ん中のコーデでGUのハイウエストデニムを履きました。

つまり、ハイウエストデニムのコーデが4つある!

やばいです…ボトム1つに対してコーデは3つまでと決めていたのに!

しかしながら、夏は暑くてまったくこのコーデはできなかった!

仕方がないので、春か秋のコーデということにしよう!(笑)

わたしは夏に、ワンピースを単体でしか着ません。

だから形にすごくこだわることに。

丈や袖の長さやスカートの広がり方など、徹底的に欲しいワンピースを想像した結果『l-a-t-o』のワンピースにたどり着きました!

ネット限定なので、かなり悩んで購入することに。

結果、めちゃくちゃ好み!

買ってよかった!!

このワンピースなら、いつでも着ていたいです。

ということでワンピースは単体で着るコーデのみとさせてください。

靴は左から、PLAKTONの濃茶サンダル・PLAKTONの濃茶サンダル・CONVERSEハイカット黒です。

14コーデの中から選ぶだけ

わたしが固定化していたコーデは、全部で14コーデ(ロンパースとワンピースはそれぞれ1コーデでカウント)。

こうして固定化していれば、出かけるときの「気分」や「天気」「予定の内容」によって何か1アイテムを選ぶだけでコーデが決まります。

例えば、ラーメンを食べに行くのであれば、汁が服に飛ぶ可能性があるので「黒か赤のTシャツ」と1つ決まれば、あとはこっちのもんです!

ボリュームのあるラーメンだったら「お腹が苦しくないワイドパンツ」でボリュームのないラーメンだったら「ハイウエストのデニム」などサクッとコーデが決まります。

また「雨の日はこの靴」というのが決まっていれば、その靴と合わせたコーデから選べばOK。

このように、自分の選択肢を狭めるためにコーデの固定化はとても有効です。

わたしは天気と予定を重視してコーデを決めることが多いですが、意外と「気分」も侮れません。

ごくたまにどうしても気分で洋服を決めたくなります。

この気分は、物欲と似たようなものがあるのでその気分通りの格好ができないとイライラがつのる!(笑)

そもそも気分という選択肢がない方もいるかもしれません。

ただもし「今日はスカートを履きたい!」などの気分が出てきた時は、それを最優先で考えた方がストレスは少なくて済みます。

もちろん実際は、気分通りの格好で出かけて後悔することもあるかもしれませんが…

こうして実際に数えてみると…まだまだコーデの数が多い!

夏のコーデだけで14もあります…

そもそも7〜8月(2ヶ月)の休みは大体16日(週2日)です。

そう考えると一桁、つまり半分以下のコーデでも問題なく着回せるはずなんですよね。

ミニマリストへの道のりはとても遠いです…

本気で反省し、厚くてかさ張る洋服が多い秋・冬はもっとコーデ数が少なくなるようにがんばります!(笑)

ようやく「衣替えをしよう」と思える気候になったので、近い内に秋の固定化コーデも紹介しようと思います。

コーデ固定化の方法

以前コチラ↓の記事で「服選びでイライラしないための方法」について書きました。

その中でも紹介している、わたしのコーデの固定化方法は以下の通りです。

  1. ボトムをひとつ床にひろげる
  2. そのボトムに合わせるトップスをいくつか選ぶ
  3. 一度着て試し、気にいるものを2〜3つ選ぶ
  4. 選んだ3つのトップスに合わせて、靴と上着を選ぶ

(※すべて1シーズンごと)

以上!

この固定化作業を、各シーズンで履くボトムがなくなるまで繰り返します。

つまり、ボトムがすごく多い場合は減らさないといけません。

また、わたしのように1ボトム3トップスではなく本来は1ボトム1トップスが理想です。

自分の服の数や状況によって、もしできそうであれば1ボトム1トップスで固定化できると自分がより楽になります。

ただし、絶対に無理して服を少なくしたりするのはNG。

自分の物欲を無理やり抑え込むのではなく、自分が納得する形で服を減らしたり物欲を減らしていかないと失敗します。

そして、油断も禁物!

わたしも順調に減らしていった物欲をまた大きくしてしまい、クローゼットの整頓をやり直すことになりました。

失敗談はコチラ↓

こうした失敗をしないためにも、自分の物欲と上手に付き合っていかねばなりません。

ちなみにわたしが物欲を再度膨らましてしまった理由は、インスタの見すぎです。

インスタで服関係の投稿をたくさん見るようになってしまったことで、オシャレアイテムが自分のクローゼットにないことを嘆く結果となってしまいました。

もしインスタや雑誌で常に洋服の情報を集めているようであれば、それをやめることで自分の物欲を減らすことに繋がります。

またそれ以外にも、欲しいアイテムがある場合は外出前にできる限り具体的に思い描くことなども効果的です。

具体的に思い描くことで、自分の理想から離れたアイテムには心が動かなくなります。

わたしの場合は、理想の服が見つからなかったので「何も買わずに帰ってくる」なんて日もできました!

コチラの記事↓で他の「服への欲求を抑える方法」を紹介していますので、参考にしてください。

どうしても無理ならファッションレンタル

fashionrental

自分の力でなんとか乗り切ろうと思っても、難しい場合もあります。

もしどうしても自分の物欲を管理できない場合は、ファッションレンタルを試してみてください。

わたしも今のところは自力で頑張っていますが、またクローゼットがめちゃくちゃのなってしまった場合は、ファッションレンタルサービスを利用しようと思っています。

ファッションレンタルとは、月10,000円以下で3〜4着のオシャレアイテムを借りることができるサービスです。

中には洋服の借り放題ができる会社もあります。

わたしは実際に2社のファッションレンタルを体験してみて、物欲が薄れるのを感じました。

なぜなら、レンタルできるアイテムは自分の希望に合った洋服だからです。

アンケートに書いた「自分の希望」に沿ったアイテムや、自分で実際に選んだアイテムが送られてきます。

買っていないので自分の物にはなりませんが、自分が着たいと思った洋服を着ることが可能です。

そのため、かなりの満足感が得られます。

しかも、1ヶ月経てばまた違う洋服と取り替えることもできる!

買うより安いお金で楽しめるなら、自分の物にならなくてもぜんぜんアリです!

レンタルして、とても気に入った洋服があれば購入することもできるレンタルもあります。

わたしが以前試してみた感想は「とても良かった」です。

借り放題ができる『airCloset』返却料無料の『EDIST.CLOSET』を試した感想は↓コチラに書いています。

ファッションレンタルで借りた洋服は、基本的に届いた洋服だけでもコーデが完成するため、ほんとうに「コーデが決まらない!」と焦る回数は減る!

それ以外にも、何を買ったらいいかわからない方や新しい服を買うのを止めたいと思っている方にも激しくオススメできます。

気になる方はぜひお試しあれ!

わたしが洋服選びで失敗しない理由

わたしは今まで、洋服を買って後悔することが多かったのですが、「PrimeWardrobe」を使い始めてから、失敗がなくなりました。

PrimeWardrobeは、好きなアイテムを最長7日間、購入前に自宅で自由に「試着」ができます(洋服だけでなく、靴やバッグもお試し可能)。

「PrimeWardrobe」は、Amazonのプライム会員(30日間無料)なら誰でも利用できるサービスです。

送料無料で自宅に届くため、自分の手持ち服すべてと合わせて試着ができます。返送料も無料です。

まずは30日間無料でAmazonプライム会員に登録してみましょう。

【30日間無料】
Amazonプライム会員を試してみる ▶

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし