おすすめアイテムライフスタイル

【タオル・ワイパー】我が家の吸水アイテムとおすすめの管理方法

clothおすすめアイテム

わたしは、手を洗ったり洗顔したりすると、洗面所をビショビショにしてしまうタイプです…

もう30年以上この調子で生きてきてしまったので、水を撒き散らさずに洗面所を利用するのは不可能だと思っています(笑)

しかし、飛び跳ねた水をそのままにしておくのは嫌なので、吸水タオルで拭くようにしました。

浴室などではふきん以外に吸水アイテムとして、ワイパーを使用中です。

今回は、我が家の吸水アイテムと管理方法を紹介します!

↓こちらの動画では、実際に使っている様子をご覧いただけます、よろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

吸水タオルはひも付きが便利

Sinlandマイクロファイバーふきん

マイクロファイバーふきん
使っている内に、青に近づいてきた気がします…

洗面所・キッチン・浴室で使っているマイクロファイバーの吸水タオルです。

マイクロファイバーなので、比較的乾きやすく、拭き残しが少なくなります。

青に近いグレーで(※購入時の表記がグレー)、30cm×30cmの正方形。

大きめで、水気が多い我が家ではちょうどいいサイズです(笑)

ひも

4つの角の内1つに、白いひもが付いています。

購入前は、ひもの有無を重視していませんでしたが、実際に使ってみるとひもがあると便利だと思いました。

ふきんはフックなどに引っ掛けることが多いため、ひもの有無によって保管しやすさが変わります。

一瞬で水を吸うことはできませんが、1回拭けば7〜8割の水を吸ってくれるため、個人的には十分です。

ただ、吸水力は使っている内にすこしずつ落ちるだけでなく、洗う洗剤によって吸水力が落ちることもあります…

ものぐさなわたしは、使用後の吸水タオルを軽く水洗いして、洋服などと一緒に洗濯機で洗っていました。

すると、急に吸水力が悪くなったと感じるように…

手洗い

旦那さんも同じように感じていたため、ワイドハイターで手洗いするようにしたところ、吸水力が戻ってきました!

正直、毎日手洗いするのはものすごく面倒なので、なにかいい方法がないか探しています(笑)

Satto水切りワイパー

水切りワイパー

T字形で、先端がゴムになっているワイパーです。

我が家では、入浴後に鏡や壁の水を切るために、ほぼ毎日使っています。

浴室では短いままで使っており、窓などでも使いやすいように別売りの伸縮ハンドルを購入しました。

伸縮ハンドルは簡単に取付けできますが、ボタンを押しながらスライドしなければいけないため、取外しはすこし難しいです。

大きさは⇒【幅:約25cm / 長さ:約23cm / 先端の長さ:4.3約cm / 先端の長さ(ゴムのみ):約3cm /伸縮ハンドル(最短): 約66cm / 伸縮ハンドル(最長): 約107cm

長さ

約2年使っていますが、水切りの力はそんなに変化を感じません。

このワイパーのおかげで、入浴後に浴室の水を切るのがほんとうにラクになりました!

窓

また、窓を水で掃除した後は雑巾で水滴を拭かなければなりませんが、先にワイパーで水を落とすことで雑巾掛けの負担も減ります。

窓で使った後はしっかりと洗剤を付けて洗っていますが、さすがに約2年使っていると先端が汚れてきました…

ワイパーだけ新しく購入しようか検討中です。

【管理方法】乾燥させながら保管する!

Dultonタオルホルダー

タオルホルダー

洗面所とキッチンは、特に水でビショビショにしてしまうことの多い場所なので、ふきんを乾燥させながら保管しています。

使っているのが、Dultonタオルホルダーです。

ステンレスの本体中央に切込みが6つ入ったゴムが取り付けられており、そこに吸水タオルを押し込むだけでOK。

本体に大きな両面テープが付属しており、しっかりと固定できます。

洗面所やキッチン下の扉は開ける回数が多いため、扉に引っ掛けるタイプではなく、両面テープのものを選びました。

使い始めて約11ヶ月経ちますが、取れそうになったことはありません。

ふきんを乾かしながら保管できますし、使おうと思ったときスグにふきんを取れるため、おすすめです。

挾みフックで揺れを軽減

挾みフックで揺れを軽減

入浴後の水滴除去をなるべくサボらないようにするため、浴室のドアにワイパーと吸水タオルを設置しています。

使っているのは、100円ショップで購入したこのフックです。

この洗濯バサミのようになっている部分を上にして、浴室ドアの付属タオルハンガーに取り付けています。

洗濯バサミではさむことによって、しっかりと固定できるためふきんやワイパーが取りやすいです。

ほんとうは毎日、ふきんとワイパー両方を使って水滴を落とすのが最善なのですが…ものぐさなわたしは、なかなかできません(笑)

そのため、最低でもふきん・ワイパーどちらかでは水滴を落とすことを目標に頑張っています!

吸水タオルは乾きやすいと使いやすい

吸水タオルは乾きやすいと使いやすい

我が家では、マイクロファイバーふきんを使うまで綿のふきんを使っていました。

綿も使い心地は悪くないのですが、乾きにくかったです。

日に何度も使うので、乾きやすいふきんだとストレスがすくないと思います。

タオルホルダーにふきんを掛けて、乾きやすい状態で保管できるようにするのもとても便利です。

そしてワイパーは、ものぐさの強い味方になってくれます!(笑)

入浴後にふきんやタオルで壁全面を拭くのは大変ですが、ワイパーがあるとほんとうにラクです。

ラクして水垢を減らすために、マイクロファイバーやワイパーを使ってみてください!