洋服の整理・収納

【理想のクローゼットを目指して】またまたレイアウトの見直しをしました!

closet洋服の整理・収納

これまで何度も何度もやってきた「クローゼットレイアウト変更」です。

またしても行わなくてはいけなくなりました…

前回はこうなったわけです↓

洋服を固定化したコーディネートごとに並べたり、アクセサリーを配置したりしました。

数ヶ月使ってみて使いにくさを感じてきたので、見直しを決行します。

スポンサーリンク

使いにくい理由を再確認する

見直しをする前に、なぜ今のクローゼットが使いにくいと感じるのか理由を確認しましょう。

まず、着る服をすべてハンガーにかけたいと思うと、スペースが足りません。

とにかく棚が邪魔です。

次にかばんが取りにくいことがあります。

何とか届くので、頑張ってきましたがもう少し取り出しやすい位置に移動したいです。

最後に、収納ケースの匂いがいい匂いにならないこと…

わたしは「レッドシダーの匂いなら好きだから」と大量に防虫剤を買いました。

しかし、安物だったっせいか…1年ほど使っているとまったくいい匂いじゃない…

しかもわたしの収納ケースは匂い漏れが激しく、クローゼット全体が臭くなってしまうのでなお悪いです。

そのため、オフシーズンの着ない洋服をシーズンの着る洋服と完全に分けて収納したいと思います。

【改善すべきこと】
  • ハンガーをかけるエリアの拡大
  • バッグの位置を変える
  • オフシーズンの着ない洋服を完全に分ける

今回のクローゼット見直しの目的が定まりましたので、クローゼットの改造スタートです。

見直し後のクローゼット

クローゼット改造①
入り口から見るとこんな感じ

まずは見直したクローゼットを紹介します。

棚をどかしてレイアウトを大幅変更

クローゼット改造②

一番上にアクセサリーを置いていた棚をどかし、正面の長いハンガースペースをほぼすべて使えるようにしました。

今は秋物なのでまだまだ余裕がありますが、冬になると服が分厚くなるので全部うまる予想です。

ちなみにアクセサリーは自室の机の中に移動しました。

アクセサリー

財布やイヤホンなど、外出時にかならず必要になるものと同じ場所にしまうことで、つけ忘れを防止しています。

アクセサリーの収納状況にも若干不満が残っていますので、改善していきたいです。

かばんを下に移動して取り出しやすく

また、今までクローゼットの上部に置いてあり、取りにくかったかばんをハンガーでかけた服の下に移しました。

かばん収納
かばん用ブラシも同じ場所に置くことにしました

収納ケースをドアの正面に移動させて、その上にかばんをまとめて置いています。

ここなら簡単に取れるし、かばんが全部まとまっているので見やすくなりました。

ハンガーで掛けた洋服の丈が長いとちょっとかばんと接触してしまうのがネックです…

マスクの置き場所を確保

クローゼット改造④

今までかばんを掛けていた無印のフックに「エアリズムマスク」と「キャップ」を掛けます。

キャップを壁際に配置することで、ハンガースペースが広がりました。

また、洗濯機で洗えるエアリズムマスクは洗濯後、洋服と一緒にクローゼットへ収納します。

ちなみにマスクは、使わなくなったベルトハンガーにかけました。

結構取りやすいので、マスク収納にベルトハンガーをつかうのはおすすめです。

ダイソーの収納ケースがおすすめ

そして、衣替え用の収納ケースを増やし、シーズンオフの洋服はすべてクローゼット上段に収納しました。

クローゼット改造⑤

今まで2つだった収納ケースを4つに増やして、中身がひと目でわかるようにネームタグをつけています。

ネームタグ

ちなみに、このケースとネームタグはどちらもダイソー商品です。

どちらもシンプルデザインで使いやすい!

ダイソー収納ケース

特に収納ケースは「たまにしか出さない洋服」を入れておくならすごくおすすめ!

ダイソー収納ケース②

先ほどもお伝えしたとおり見た目がシンプルで色もいいので、クローゼット内の景観が損なわれる心配がありません。

しかもお値段400円(税抜)と、似たようなケースの中ではかなり安いです。

もちろん、無印やKEYUKAなど他のお店のものの方が厚手でしっかりしているとは思います。

しかし年に数回しか触らないのであれば、まったく問題はありません。


脱線してしましましたが、使いにくさを感じていた「ハンガーエリア」と「バッグ位置」「オフシーズン服を完全に分ける」の3点を解決できました。

ただ、洋服のお手入れ品やかばんとの接触などちょっと心配なところもあるので、また見直しが必要になるだろうと思っています(笑)

前回と変わっていないところ

今回は大きくクローゼットの改造を行いました。

しかし、そんな中で前回から変わっていない仕様がひとつだけあります。

それは「固定化したコーデごとにまとめてハンガー掛けすること」です。

前回、コーデを思い出すのに苦労してしまうためハンガーに掛けた洋服をコーデごとに並べることにしました。

コーデごとに収納したおかげで、着替えるときに一切迷いません。

そして気持ちに余裕ができるため、気分によって決めたコーデではない洋服も着られるようになりました。

わたしには「コーデごとに分けた収納」がとても合っていると実感したので、これから先も同じように収納していこうと思っています。

コーデごとに分けた収納

クローゼットは試行錯誤

1週間ほど新しいレイアウトのクローゼットを使ってみた感想は「広くなった!」です。

今まで棚が置いてあったために、かなりクローゼットが狭くなっていたと実感しました。

そして除湿機や布団乾燥機が取り出しやすくなったので、いざ除湿機などを使うときにかなり使いやすくなっています。

除湿機や布団乾燥機

また、オフシーズンの洋服をすべてクローゼット上段に収納できたため、統一感が出たことも良かったです。

前回も書きましたが、クローゼットの収納はほんとうに試行錯誤しながら整えていかねばなりません。

今回ようやく「コーデごとに収納」という自分に合っている収納方法が1つ見つかりましたので、今後の見直しでもこの方法は変えずに試みたいと思います。

これから、掃除のしやすさなども含めて厳しく「使いにくさ」をジャッジし、いつの日にか完璧なクローゼット完成させたいです!

おすすめの「ファンションレンタル」
サービス名EDIST. CLOSETairCloset
airCloset
アイテム数・ひと月で4着・1度で3着
料金・8,360円/月(税込)〜
※1年契約プラン
・7,480円/月(税込)
※月1回交換プラン
返却料・返却無料・返却1回につき330円
おすすめ度4.54.0
良いところ⭕返却料無料
⭕自分で服を選べる
※トライアルには制限有
⭕ブランド品
⭕借り放題できる
※ライトには制限有
悪いところ❌借り放題できない❌返却料がかかる
公式サイトEDIST. CLOSETairCloset
この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし