インテリアライフスタイル

【チェックリスト】住んで感じた購入前に確認すべきマンションの12個の内装

checklistインテリア

我が家は、マンションです。

2年半ほど前、新築で売り出されたときに契約しました。

もちろん気に入った物件で、落ち着く我が家ではありますが「この内装は残念だったな」と思うこともしばしば。

そこで今回は、実際に住んでみて感じる「内装のチェックリスト」について紹介します。

コチラの動画でも紹介しています、よろしければご覧ください↓

スポンサーリンク

マンションの便利な内装とは?

実際に2年半ほど住んでみて、もし購入前に「内装のチェックリスト」を作るなら、入れたい内容をまとめてみました。

  1. クローゼットにコンセントがあるか
  2. 玄関のコンセントと下駄箱の配置
  3. リビング隣の部屋の形状
  4. 浴室にマグネットが付くか
  5. 収納の中の棚が動くかどうか
  6. 収納棚の大きさ
  7. 洗面所の鏡収納にコンセントがあるか
  8. 洗面所の水道の形
  9. シャワーヘッドは手元で水が止められるか
  10. ドアストッパーの種類
  11. リビングの照明位置
  12. キッチンパネルの幅

1.クローゼットにコンセントがあるか

クローゼットのコンセント

まずは、クローゼットのコンセントです。

クローゼットにコンセントがあると、除湿機や間接照明などを置くことができます。

実際わたしのクローゼットは寝室にあり、ちょっと湿度が高いため、除湿機を使うことが多いです。

除湿機を使うときに、わざわざ寝室からコードを伸ばして使う必要がありません。

ラクだし安全です!

ワークスペース
収納ケースを使ったスタンディングデスク

また、あまりないことですが、夫のクローゼットはワークスペースとして使っています。

電源があることで、クローゼットの用途も広がるでしょう(笑)

2.玄関のコンセントと下駄箱の配置

玄関に掃除機

我が家の玄関には、ロボット掃除機を置いています。

下駄箱の配置が絶妙で、このようにちょうど掃除機が隠れるくらいのスペースがありました!

また、玄関にコンセントがあるので、充電しながら保管できるためとても便利です。

玄関にロボット掃除機が置けると、出掛けに掃除機を動かしたいときにラクできます。

3.リビング隣の部屋の形状

リビング隣の部屋が洋室

リビングの隣が洋室だと家具の配置や掃除機がけのときスリッパを脱がなくてもよく、ラクです。

私たちが内見に行ったほとんどの物件は、リビングの隣にある部屋が和室でした。

洋室の場合でも、扉が2面に付いている部屋が多かったです。

我が家の扉は、引き戸が1面にしか付いていないので開け閉めがラクですし、上レールなので開閉音も気になりません。

もし、リビングの隣に部屋がある物件を探すのであれば、洋室で扉の開閉が簡単な形がいいと思います。

4.浴室にマグネットが付くか

マグネットの付く浴室

最近のマンションは、浴室にマグネットが付けられる物件が多いと思いますが、念のため購入前にチェックすると安心です。

浴室はどうしても粘着テープを取り付けにくい場所なので、マグネットが付くか付かないかで利便性に大きな違いがあると思います。

特に我が家のように、浮かせる収納が好きな場合には、マグネットが付くとかなり嬉しいです(笑)

シャンプーなどをマグネットの浮かせる収納にしたことで、ボトル底のヌメリがなくなりました!

5.収納の中の棚が動くかどうか

可動棚

収納が可動棚になっているというのも、とても一般的な仕様です。

ただ、マンション内のすべての収納で棚が動かせるようになっていない物件もあるため、一応チェックするのがおすすめ。

我が家では、トイレの収納棚だけ棚の高さを変えられません。

リビングの収納や下駄箱などは棚位置を変えられるので、ほとんど不便はありませんが、ごく稀にトイレの収納も棚が動かせたら良かったと思います。

トイレ収納
トイレ収納は、棚が動かせない上、小さめですこし使いにくいです

6.収納棚の大きさ

我が家の収納は、大きさが小さいです。

マンションによっては、入ると3面全てが棚になったような収納部屋があったりするので、小さめだと思います。

6.収納棚の大きさ

特に不便だと感じるのは、洗面所とトイレの収納の大きさです。

洗面所やトイレの空間そのものが狭いので仕方がないのですが、やはりもう少し大きい収納がほしかった…

洗剤のストックなどをなるべく減らすことで、なんとかなっています。

7.洗面所の鏡収納にコンセントがあるか

7.洗面所の鏡収納にコンセントがあるか
鏡の中の収納にはコンセントがありません

私たち夫婦は、1本の電動歯ブラシを2人で使っています※ブラシ部分は各々別です!

そのため、電池の減りがはやく、常に充電状態にしています。

しかし、鏡収納の中にはコンセントがないため…洗面台横に付いているコンセントに挿しっぱなしの状態…

見た目も良くないですし、違うモノを充電したいときなどに不便です。

マンション購入前にそこまでチェックしなかったことを、とても後悔しました…

鏡収納の中に、1口はコンセントがあったほうがいいと思います!

8.洗面所の水道の形

8.洗面所の水道の形
完全に固定された水道

洗面所でもうひとつ絶対にチェックしたほうがいい項目が、水道の形です。

我が家の水道は、完全に固定されています。

ものすごく不便です!!

チェックしなかったのか、時期が遅くて変更できなかったのか忘れてしまいましたが…絶対に伸縮するタイプの水道がいいと思います。

洗面台の掃除をするときや、靴を洗うときなどに、伸びない水道はかなり使いにくいです。

9.シャワーヘッドは手元で水が止められるか

9.シャワーヘッドは手元で水が止められるか
自分たちで取り付けたシャワーヘッド

シャワーヘッドは、契約前に確認しなかったので、結局自分たちで付け替えることになりました…

マンション付属のシャワーヘッドは、水を止めるボタンがなかったためです。

シャワーヘッドの付け替えはそんなに大変な作業ではありませんが、やっぱり最初から手元で水の調整ができるタイプが良かったと思います。

10.ドアストッパーの種類

10.ドアストッパーの種類
2種類のドアストッパー(左はかがまずに固定でき、右はかがまないと固定できません)

我が家のドアストッパーは2種類に分かれています。

リビングのガラスが付いたドアだけ、かがまずドアを押すだけで「ロックと解除」ができるタイプで、それ以外の部屋のドアは従来通りのかがんで固定するタイプです。

正直リビングのドア以外はあまり固定しないのですが、便利なドアストッパーに慣れているので、たまにあるかがむ作業が面倒で仕方ありません(笑)

ドアストッパーの種類はすべて揃えたほうがいいと思います(できればラクなタイプで)!

11.リビングの照明位置

自分の部屋よりも長い時間を過ごすかもしれないのが、リビングです。

そのため、リビングのインテリアには気をつかいたいと思っています。

しかし、照明の位置は自力ではどうにもなりません…

11.リビングの照明位置
照明を下から撮った画像

我が家のリビング照明は、このように一直線上に位置していないため、とても気になります。

住んで2年半、気に入った照明がなかなか見つからない原因も、この配置のせいかもしれません(笑)

新築マンションだと、完成前に契約することが多いので、照明の位置までは把握するのは難しいかもしれませんが、可能なら照明の位置までしっかりと確認したほうがいいと思います!

12.キッチンパネルの幅

12.キッチンパネルの幅

我が家のキッチンパネルは、少々狭いです。

この大きさが一般的なのかもしれませんが…左のコンロを使うと、壁紙まで汚れが飛ぶことあります。

フライパンに載せる、油はね防止ネットを購入してからだいぶ壁に飛ぶ量は減りました。

しかし、気が付かない間に飛んでいることも多いです。

汚れに気がつき、掃除で壁紙を変色させてから…透明なビニールのシートを貼るようにしています。

もう35cmくらいキッチンパネルが広かったら、シートを貼る必要はなかったと思うので、キッチンパネルの範囲はしっかりと確認すべきです!

内装で後悔しない購入時期

内装で後悔しない購入時期

ちなみに私たちが契約をしたのは、マンションの販売時期終盤でした。

そのため、ほんとうだったら無料で変更できた内装も選ぶことができなかったです…

たとえば、床や扉の色、コンロの色などは購入時期が早ければ、3色から自由に選べました。

また、時期によっては選べない有料オプションもあります。

私たちは、可能ならリビングの照明をダウンライトにしたかったです…しかし、時期的に無理でした…

時期が遅くて選べない他の内装はどんなものか具体的にはわかりませんが、マンションの工事が進むことで選べなくなる内装が増えると思います。

私たちは、以前住んでいたアパートの更新までの期間が短く、マンションの販売時期まで考える余裕がありませんでした。

今考えると、内装のチェックなどもかなり適当…(笑)

もしマンション購入を考えている場合には、期間にゆとりを持って選ぶと、内装の細かい部分までしっかりと見られると思います!

自分たちが後悔しないマンションを選ぶために、期間にゆとりを持つことと、事前に細かいチェックリストを作っておくのがおすすめです!