洋服のお手入れ・洗濯

【ファッションの悩み】シミ・毛玉・シワ…面倒な洋服のお手入れはどうすればいい!?

care洋服のお手入れ・洗濯

服の手入れは、とても面倒です。

しかし、ボロボロの洋服を着ていると印象が悪くなる!

会社も学校も電車の中だって「うわ、毛玉やばいな」やら「あ、シミついてる」と気付かれたら最後「だらしのない人」という烙印を押されます。

そうならないためには、日々の手入れをしっかりやることが大切です。

今回はそんな洋服の手入れ方法と、面倒にならないための工夫をお伝えします。

スポンサーリンク

手入れ方法はシンプル

面倒なばかりではなく、手入れの方法は意外と簡単です。

ひとつずつ紹介していきます。

【毛玉のとり方】毛玉取り機だけではない!

毛玉…それはせっかくのおしゃれコーデを台無しにする小さきもの。

そして、簡単に・何度でも復活してきます。

まるでゾンビ!(笑)

そんな毛玉を取るには、実はいろいろな方法があります。

わたしは今まで毛玉取り機しか使ったことがありませんでした。

しかし、身近な食器用スポンジ(固い部分)やカミソリなどでも取れるんです!

↓実際3つの方法で毛玉を取ってみて、比較するとこんな感じ。

毛玉を取る前の状態

毛玉取り後

ちょっとわかりにくいのですが…1分〜1分半の間、毛玉を取った後の様子です。

このニットの場合、一番綺麗になったのは毛玉取り機。

次にカミソリ、最後がスポンジという順番になりました。

量が多くて、ある程度の大きさがある毛玉の場合は毛玉取り機を使うと効率がいいです。

一方Tシャツや硬めのニットの場合は、カミソリが一番良く取れます。

カミソリの場合は小さな毛玉もしっかり取れるので、今回のニットも頑張ればとても綺麗に毛玉が取れそうです。

しかし、ものすごく時間がかかります。

急いでる時にカミソリは不向きです。

またスポンジに関しては、力を入れてこすらないといけないので生地が伸びる!

スポンジが役に立つのは、大きな毛玉が一部分についている時。

例えば、出掛けに肘の部分だけに大きな毛玉ができていることに気がついた時などは、スポンジを使うのが一番安全で簡単に済みます。

毛玉取り機が一番使い勝手はいいですが、油断すると服を傷める可能性が高いので注意が必要。

◆毛玉の量が多い場合⇒毛玉取り機

◆毛玉が小さい・もしくは硬い場合⇒カミソリ

◆毛玉が大きくて少ない⇒スポンジ

ちなみに、使い勝手の順番は【スポンジカミソリ毛玉取り機】で、毛玉を取るのにかかる時間の順番は【カミソリスポンジ毛玉取り機】です。

どの方法も難しいことはないので、毛玉の具合によってどの方法を使うか選んで利用してください。

わたしは、カミソリの毛玉取れ具合に感動しました。

今まで毛玉取り機で取れなかった小さい毛玉がとてもよく取れます!

しかもだんだん綺麗になっていくので、なんだか楽しい(笑)

時間は圧倒的にかかってしまいますが、カミソリで毛玉除去おすすめです。

【シミの消し方】随分前につけたシミも落ちる?

シミっていつの間にかついてしまいます。

わたしは、自覚はあるのに食べこぼしが多い人間でシミは常連です。

先日も高速のSAで思いっきり食べこぼし、テンションガタ落ちで旅行することになりました…

そんなわたしにとって、何よりも大切な洗剤はワイドハイター!

基本的に食べこぼしたら、すぐに食器用洗剤で洗ってその後ワイドハイターするというのが家での流れです。

出先の場合は、トイレでハンドソープをつけて洗っておきます。

そして家に帰ったらすぐワイドハイター!

この流れで大概のシミを防げぐことができます。

しかし、たまに強力な汚れでシミ化してしまうものも。

そんなときはコレ!

クリーンショップYokokuraというクリーニング屋さんの店主横倉靖幸さんが考案した「魔法水」!!

これ、めっちゃすごいんです!

わたしは数ヶ月前ワンピースにつけてしまった油シミが、これで落ちました!

他にもケチャップやら味噌ラーメンの汁やらがしっかり落ちる!

すごいー。

ただ、結構量が作れてしまうのでちょっともったいないと思ってしまうのが欠点。

ある程度大きなシミや何箇所にも飛び散ってしまったシミに使うと、作った洗剤を無駄にせず済みます!

【シワの伸ばし方】生乾きが大事

生乾きのイメージは「臭い」です。

なるべくなら避けて通りたいもの…

しかし、アイロンに関しては生乾きが大事!

このように↓霧吹きをかけると、確かにシワがよく伸びます。

アイロンをかける前

左側はそのままアイロンします※スチームは使わずに高温でアイロン

右側は霧吹きをしてからかけます

右の方がよくシワが伸びています

もしアイロンが家にない場合は、霧吹きで濡らした洋服にドライヤーを当てることでもシワが伸びます!

つまり、シワを伸ばすためにとりあえず霧吹きを買うことがオススメです。

面倒に感じないための工夫

服の手入れ方法を書き出してみると、意外と簡単。

しかし、どんなに簡単なことでもわざわざやるのは面倒。

「ついで」でできるようにしておくことが、手入れを継続させるポイントになります。

  • 自分が一番服の毛玉やシワに気がつく場所にお手入れ用品を置いておく
  • すぐに使えるようにしておく
  • コーデを早めに決める
  • 洗濯したら確認する癖をつける

たとえば、わたしが考えるポイントは上記の内容。

自分が一番気がつく場所に手入れ用品を置いておく

右側のBOXがお手入れグッズ

こちらは、まさに「ついでメンテナンス」するためのポイント。

人によって、服の手入れが必要だと気がつく場所は違います。

わたしの場合はクローゼットで気がつくことが多いので、クローゼットの一番取り出しやすい場所に置いています。

面倒くさがりのわたしは、すぐに道具が目について取り出すことも簡単な場所に置かないと手入れなんか絶対にできない人種です。

わたしと同じように面倒くさがりなの場合は「いかに手間を減らして手入れできるか」を重視して置く場所を考えましょう。

見える場所・取り出しやすい場所に置いたことで服を手入れする頻度はかなり上がりました!

すぐに使えるようにしておく

これも大切なことです。

例えば「毛玉取り機の電池切れはしていないか」や「カミソリの刃がボロボロになっていないか」「必要な洗剤がきれていないか」などをしっかりとチェックしておく!

服の手入れは「よしやろう」と思ったときにやらないと、できません。

わたしが面倒くさがりなのももちろん理由にあります。

しかし「出かける前にちょっと手入れ」というのは誰でもあること。

そんなときに、電池切れの毛玉取り機や刃がボロボロのカミソリでは手入れができません。

結局手入れできないまま外出することになってしまいます。

コーデを数日前に決める

例えば結婚式などの大事な予定の場合は、当日ではなくちょっと前にコーデを決めますよね。

このコーデでいいかの確認ができるのはもちろん、早めに決められると予定までに手入れをする時間が長く取れるようになります。

長い時間あれば、毎日ちょっとずつ手入れすることや気が向いたときに手入れすることも可能です。

そして、急いで手入れをして失敗してしまうのを防ぐことにも有効!

毛玉取りの場合は特に急ぐと失敗しがちなので、なるべく落ち着いてやりましょう。

洗濯したら確認する癖をつける

コレが理想。

洗濯したあとにしっかりと確認して手入れしていれば、常にきれいな洋服を着られます。

なかなかできないんですけど…

洗濯後の確認を癖づけるために、洋服をすべてハンガーに干すことは有効です!

マンションの小さい物干し竿事情のためハンガー洗濯に変更したのですが、ハンガーに干すと洗濯物をよく見る!

取り込むときに広がっている洋服を見て、シミや毛玉を発見できます。

まだボーっとしていると忘れてしまいますし、見つけてもすぐに手入れするとはならないのが現状。

これからゆっくり癖をつけていこうと思います!(笑)

本来は「着たら手入れ」が理想

ここまで「毛玉ができたら」「シミ・シワになってしまったら」ということを前提にしてきましたが、本来はそうならない努力をするのが理想です。

毛玉ができないように「着た洋服にブラシをかける」や「しっかりシワを伸ばして洗濯を干す」そして「シミをつけないで落ち着いて食べる」など。

最後の「落ち着いて食べる」に関しては、この年になってできていないことなので諦めるにしても他の2つはできるようになりたいなと思っています。

なぜ今できていないのかというと、ブラシがしまわれていることと洗濯物を伸ばす場所が不安定なことが理由。

そこで、洋服のブラシを玄関に置くことにしました。

これなら帰ってきたときにすぐブラシをかけることができます。

そして洗濯物に関しては、干すときにきちんとお風呂場の物干し竿でシワを伸ばしてからベランダへ持っていくことにしました。

まだ始めたばかりでサボってばかりですが、なんとか癖づけられるように頑張ります!

みなさんも参考にしてください(笑)

もし自分でするお手入れが面倒なら、クリーニングに任せるという方法もおすすめです。

わたしが宅配クリーニングを使い続ける2つの理由

わたしがクリーニングを利用するときには、必ず宅配クリーニングを使っています。

宅配クリーニングを使うのは、2つのメリットがあるからです。

  • 「量が多くても簡単にクリーニングに出せる」
  • 「シミ抜きが無料」

特におすすめなのが宅配クリーニングのリネットです。

リネットは、クリーニングに出す洋服を自宅まで無料で取りに来てくれます。

そして、クリーニング後のきれいになった洋服も自宅まで無料で届けてくれます。

しかも、ネットから24時間申し込みできるので非常に助かっています。

もう一つ、わたしが個人的に気に入っているポイントがあります。

それは、普通のクリーニング店では追加料金がかかることの多い「シミ抜き」が無料というところです。

以下の項目に1つでも当てはまる人は、試しに宅配クリーニングリネットで相談してみることをおすすめします。

  • クリーニング屋さんに行くのが面倒な人
  • 落ちないシミ汚れに悩んでいる人
  • 忙しくてクリーニング屋さんに行く時間がない人

おすすめの宅配クリーニング比較 
サービス名リネット
リネット
会員費通常会員:無料
プレミアム会員(月):
429円/月(税込)
プレミアム会員(年):
5,148/年(税込)
参考価格(セーター)649円(税込)
納期目安7日〜
※プレミアム会員は
最短2日後
送料無料条件10,000円以上で送料無料
※プレミアム会員は
1,900円(税抜)以上で送料無料
特徴・価格が安い
・プレミアム会員は
毛玉取り無料などの
サービスが充実
公式サイトリネット

この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし