おすすめアイテムライフスタイル

ほんとうにいらない?ポータブル電源を日常で活躍する6つの場所

batteryおすすめアイテム

ポータブル電源を買おうか迷った経験のある人は、意外と多いのではないでしょうか。

我が家では、地震や台風などがあるたびに「ポータブル電源があった方がいい」と思う反面、保管するには場所を取るため「ほんとうにいるのか?」と悩むの繰り返し(笑)

何度も同じ考えをループすること約1年、ついにポータブル電源を購入しました!

災害への備えとして購入したのですが、我が家では意外な場所で役立っています。

今回は、我が家の実例とともにポータブル電源活用術の紹介です。

こちらの動画でも紹介しています、よろしければご覧ください↓

スポンサーリンク

ポータブル電源は「いる」

早速ですが、ポータブル電源の活用術を紹介します!

「押入れ」に隠して使いたい家電を入れる

まずは、実際に我が家で使っているポータブル電源活用術です。

このように押入れで使っています↓

押入れ

プリンターやシュレッダーは、リビングに置いておきたいです。

しかし、出しっぱなしにしておくと景観が損なわれたり、ホコリが溜まりやすいので、我が家では押入れに収納しています。

そして、プリンターやシュレッダーを押入れの中で使うとき、毎回コードを差し込むのが面倒だったので、ポータブル電源を活用しました!

見た目は良くないですが、このようにタコ足と延長コードでまとめたコンセントを常にポータブル電源に挿しっぱなしにしています。

タコ足と延長コード

このように挿しっぱなしにしておけば、コードを挿したり抜いたりせずに、ポータブル電源のスイッチを入れるだけで使えるので、ラクです。

シュレッダー・プリンターの他にも、比較的よく使うけれどあまり出しっぱなしにしておきたくない家電がありますよね。

そういった家電を収納や押入れの中でそのまま使えるようにするために、ポータブル電源は便利です。

ちなみにこちらの動画でリビングの収納と家具を紹介しています、よろしければどうぞ↓

「本棚」に電子書籍も一緒に収納

ここからは、わたしがこんな使い方も便利だなと思った活用術を紹介します。

まずは、本棚に置く方法です。

本棚

本棚にポータブル電源を置いておけば、読書で使った電子書籍端末をその場で充電できます。

また、インテリアとして本棚にライトを入れたいとき、ポータブル電源があれば、コンセントを気にせずどこにでも配置可能です。

「クローゼット」を見やすくする

クローゼット

クローゼットの中には、コンセントがない場合が多いですよね。

また、クローゼットの中は暗いことが多いです。

そんなときにポータブル電源があれば、部屋のコンセントから電気を引くことなく、クローゼット内に間接照明を置くことができます。

コードを伸ばしておくとつまづく可能性が増えるので、ポータブル電源の重要性は高い!(笑)

ほんとうは除湿機も使えると便利なのですが、我が家で使っている除湿機はW数が高くてNGでした。

「ワークスペース」をどこにでも作れる

ワークスペース

家の中にワークスペースを作るときは、コンセントが近い場所に作りますよね。

パソコンの充電しやすさを考えれば当然です。

しかし、コンセントから遠い場所をワークスペースにしたいと思うこともあります。

そんなときにも、ポータブル電源が大活躍すること間違いなし!(笑)

たとえば「コンセントからは遠いが、日の光がたくさん入る場所」といったお気に入りの場所にワークスペースを作ることができます。

またポータブル電源を使っていれば、コンセントを気にしなくても良くなるため、その日の気分によって好きな場所で仕事することもできます。

気分転換になるので、デスクワークがすこし楽しくなるかもしれません。

「玄関」で汚れたまま充電OK

玄関

ポータブル電源を玄関に置くと、意外と便利です。

たとえば、屋外で使う掃除道具や工具などは汚れていることもあると思いますが、その汚れを部屋に持ち込まずに充電することができます。

また、玄関に置くのがいちばん外に持ち出しやすいです。

いざというとき持ち忘れないために、玄関で保管するのは効率的だと思います。

「車」で米を炊く

玄関と同じで、災害時に車で移動・生活するということを考えると、車に置きっぱなしというのも便利です。

そして、車に積んでおけば、アウトドアに出かけるときに持ち出し忘れることがありません。

キャンプやバーベキューをする場合にポータブル電源があれば、照明や冷暖房機器を使うことができます。

↓このように電圧の低い炊飯器ならご飯を炊くこともできるので、車中泊するときにも便利です。

ご飯を炊く
すこし水が多かったですが、しっかりと炊けました!

ちなみに我が家の炊飯器で2合のご飯を炊いて(トータル1時間)、使ったポータブル電源の電気量は、約30%でした。

今回は家で米を研いでからセットしましたが、災害時やアウトドアで使用するなら無洗米を使うと便利です。

ポータブル電源があると、後部座席でもスマホなどを充電しやすいです。

我が家のポータブル電源

我が家のポータブル電源

我が家のポータブル電源は、SmartTapのものです。

色は「タン」という濃いベージュで、 見た目がシンプルなため、自宅の目立つ場所に置いたとしても景観を損ねる心配がありません。

コンセント穴が1口、USBが2口、シガーソケットが1口付いています。

充電の方法は、専用コードを左側の「INPUT」というところに挿すか、もしくは車のシガーソケットや別売りのソーラーパネルを利用することも可能です。※充電用のMC4ケーブルやシガーケーブルは同梱

【大きさ】

幅:約22cm↓

幅

奥行:約13cm↓

奥行き

高さ:約20cm↓

高さ

持ち手の隙間:約3.5cm↓

持ち手の隙間

※素人採寸のため、誤差ご了承ください

ちなみに、重さは3.5kgなので女性でも持ち運びできますが、個人的には「軽い」と言える重さではありません…

Amazonに記載されているスペックは以下の通りです↓

[AC出力]:100V/2A、出力周波数:60HZ、通常パワー:200W、ピークパワー:400W、過負荷保護:249W [USB出力]:5V / 2.4A(最大) x 2 [シガーライターソケット出力]:12-13.3V / 10A / 最大133W [本体容量]:93,600mAh/346Wh [入力]:12V~30V / 最大電流3.5A / 最大電力70W ※本製品はPowerArQ Solar 100W / 120W(STSL120D / STSL120M / STSL101)の使用が可能です。 ※12V〜13.3Vの高電圧DC出力に対応

https://www.amazon.co.jp/SmartTap-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E9%9B%BB%E6%BA%90-PowerArQ-mini-HTE032-TN/dp/B07H4PPXF7

フル充電にかかる時間は約6.5〜8時間で、我が家では7時間ほどかかりました。

フル充電したポータブル電源を使って、LEDランタンなら約75時間分、スマホなら約17時間分、ノートパソコンなら約5回充電することができます。

※正確に調べたわけではありませんが、ほぼ毎日1分ほどシュレッダーを使って、ポータブル電源の電気が50%減るのにかかる期間は半年ほどです。

小さめの炊飯器も使うことができるほどの性能がるので、短時間なら冷暖房器具を使うのも問題ありません。

↓中央上部に付いている小さな液晶画面に、残りの電気量がパーセントで表示されます。

残りの電気量

我が家は災害用に購入したので、電池の残量が50%をきったら充電するようにしています。

ポータブル電源は使いながら保管

ポータブル電源は使いながら保管

もし「ポータブル電源を保管する場所がないから、買うのを控えている」という人は、使いながら保管する方法を検討してみてはいかがでしょうか。

実際我が家では押入れで使っていますが、とっても快適。

使うとき画面に電池残量が表示されるため、意外と充電忘れは少ないです。

災害時やアウトドアだけでなく普段から使えるのであれば、かなり購入しがいがあると思います。

いざというときに、どんな道具をどれくらいの時間使うことが知るためにも、ポータブル電源を使いながら保管する方法はおすすめです。