airClosetファッションレンタル

「airCloset」とは?話題のファッションレンタルを頼んでみた!

airCloset

ファッションレンタルというサービスはご存知でしょうか?

ファッションレンタルとは、月額料金で洋服を借りることができるサービス。

中でも借り放題が可能なairClosetと返却料無料のEDIST.CLOSETの2つが有名です。

わたしは以前、EDIST.CLOSETのファッションレンタルサービスを体験しました。

感想は「ものすごく良かった!」です。

そして「他のファッションレンタルも頼んでみたい」と思い、EDIST.CLOSET以外のファッションレンタルも試してみることにしました!

頼んだのは借り放題が可能なairClosetです。

今回は、airClosetの仕組みと申込方法をお伝えします!

[⇒airClosetはコチラ]

スポンサーリンク

airClosetの仕組み

改めてairClosetとは、月額料金で洋服をレンタルできるサービスです。

ネットで会員登録を済ませると、アンケートに則った洋服(上下+1着)が届き、返却すればまた別のアイテムが借りられる(※ライトプランは月に1回交換のみ)というもの。

airClosetの特徴は以下の通りです。

  • レギュラープランなら、最大で4〜5回交換可能な借り放題
  • 一度に借りられる服の数は、3着(上下+1着)
  • スタイリストさんが選んだ洋服を借りられる
  • レンタル商品の購入可能
  • クリーニング不要
  • 返却時には、1回につき300円(税抜)かかる
  • 契約は自動更新

airClosetのいちばんの魅力は「借り放題」が可能なところ。

月に4〜5回も交換ができれば、1週間で新しい服を買うのと一緒です。

しかも、借りた洋服を返却してからじゃないと新しい洋服は借りられないのでクローゼットはパンパンにならない。

素晴らしい!!

借りられる洋服は会員登録時に答えたアンケートに則って、スタイリストさんが選んでくれた「自分に似合う服」です。

実際に届いた洋服が気に入った場合は、マイページからの手続きにより返却せずそのまま購入することが可能。

返却時にクリーニングへ出す必要もないので、楽チンです。

ただし何度も借りることが可能な分、返却時の送料は都度借りる側が負担します。

1回につき300円ではありますが、4回借りれば1,200円ですから…侮れません。

そして、契約は自動更新!!

やっぱりairClosetもだったか…!(笑)

これは、本当に注意が必要です。

期間が過ぎたことと返却したというだけで、満足してはいけない…!

しっかりと自分で解約の手続きをせねば、たとえ1ヶ月しか契約をしていなかったとしても更新されます。

会員登録をしたら、まず解約のタイミングをしっかり確認しましょう。

↓EDIST.CLOSETでの失敗談はコチラに書いています↓

申込み方法

さて、ここからはairClosetの申し込み方法について画像を使って説明していきます。

[⇒airClosetはコチラ]

まずは↑上の左画像のようなairClosetのHPをひらき、ピンクの「今すぐ登録する(無料)」のボタンをタップします。

すると、右の画像のようにアドレスを入力する画面が出てくるので、入力して待機。

ちょっと待つと、入力したアドレスにairClosetからメールがくるので、指示通りに送られてきた認証URLをタップして操作を続けます。

認証URLをタップすると、左の画像のようにパスワードを入力し「設定する」をタップ。

すると、今度は無料会員登録完了のメールが届きます。

無料会員はコレで完了ですが、今回は月額会員の登録をして服をレンタルしたいので次の操作へ。

無料登録完了のメールからairClosetのHPに飛ぶと画像右の画面になるので「月額会員登録する」をタップします。

「お次は名前やら住所やらの入力だろう」と思っていました。

しかし、正解はニックネーム(笑)

まぁ名前という点では正解っちゃ正解。

適当にニックネームを入力して「いよいよ住所か」と思ったのですが…またもや違う!

今度は、アンケートがスタート。

↑上の右画像のような身長やサイズから始まり、下の画像のような体型についての質問。

↓そして体型の中で、自分が気にしている部位を報告できます。

↑このような表が出てくるので、気になる部位の横にある「+」ボタンをタップし、選択肢の中から該当する悩みを選択。

例えば、ウエストが「太い」などを報告することが可能です。

そして、服のフィット感まで選び終わったら「次へ」を押します。

↑次に聞かれるのは「着てみたいコーデ」と「普段着ているカラーテイスト」です。

カラーテイストは「ビビット」「パステル」「暖色系」「寒色系」「落ちついたカラー」「モノトーン」の6つあります。

洋服や体型に関するアンケートは、基本的に複数回答ができるのもありがたいです。

↑また、利用シーンやオフィスでのNGな服や希望しない柄なども選ぶことが可能です!

これは、大変ありがたい!!

会社によって着てはいけない服は違うでしょうし、好きな柄も人それぞれ。

せっかくスタリストさんが選んでくれるのに、自分の好みとかけ離れたものでは残念です。

だからこういった質問は本当にありがたいですよね。

そして、ようやくプラン選びに突入です。

↓ちなみにこの画面で、持っているクーポンなどは入力してください。

↓その後はどのプランにするかを選びます。※2019年5月時点

借り放題ができるのはレギュラーなので、選択肢は「レギュラー」「レギュラーパック」かです。

「レギュラー」と「レギュラーパック」の違いは、期間だけ。

特にお試し期間など要らないという方は、期間の長いプランのほうがお得に使えます。

↑プランを選んだら、名前や住所など一般的な個人情報の入力です。

↑最後に会員規約などを確認の上、左の画像「登録する」ボタンをタップして無事に月額会員登録完了

[⇒airClosetはコチラ]

完了すると、右の画面が出てきます。

ここからは任意なので、時間があればという感じです。

わたしは、せっかくなのでやってみることにしました。

↑このようなLINE的なスタイルで、スタイリストさんからの質問が表示されます。

↑質問がすべて終わるとホーム画面に戻り、ユーザー情報が表示されます。

そこで自分の写真を登録することや、配達希望時間や追加で詳細なサイズを入力することなどが可能です。

わたしは、質問のところまでで面倒になり、写真の登録やサイズを測るまでは行いませんでした。

そして最初の3着が送られてくるのを、ワクワクしながら待っている状態です!

細かい気遣いがありがたい

airClosetの申込みをしてみた感想は「質問が多い」です。

わたし個人は、とてもありがたいなと思いました。

自分で洋服を選べない上に、どんな洋服があるのかも一部しかわからないという状況はちょっと不安だからです。

紹介されている洋服はかわいいと思ったので、申し込みました。

でもやっぱり「いい服だけ写ってる」や「この感じの服は好みじゃない」と思っている自分もいます。

だから、好みではない柄などをきいてくれると、安心。

うっかりヒョウ柄なんていう難しい柄が送られてきて、結局着られないなんてことはなさそうです。

ちなみにEDIST.CLOSETを頼んだときには、このような体型や好みに関する質問はありませんでした。

それは、EDIST.CLOSETが自分で服を選ぶのに対しairClosetはスタイリストさんが選んだ服をレンタルするという違いがあるからです。

そもそもEDIST.CLOSETは、レンタルされる洋服すべてを自社で作っています。

そのためすべての服が「体型カバー」や「ポケットなどの機能性」を持ち合わせており、借りる側はデザインだけ選べば満足できるのです。

一方でairClosetは様々なブランドの洋服がレンタルできます。

しかし、自社で作っているわけではないので借りる側に「体型」や「好み」をきいてから洋服を選ばないと、選んだ洋服に満足してもらえない可能性も。

だから質問の多さはシステムを考えれば当然のことではあります。

一方で、この手順は面倒だという方もいらっしゃるでしょう。

服をレンタルするときに、一番重要視するかというのも人それぞれ違います。

そして実際に頼んでみないと、自分が何を重要視しているのかわからないのも事実です。

なので、可能であれば実際にそれぞれ試してみてください。

そうすると、自分の好みや向き不向きがわかる!

試した中で一番自分に合うモノを選ぶのが、ファッションレンタルを長続きさせる方法です。

ファッションレンタルが長く続けば、服にかけるお金やクローゼットのスペースを節約することにつながります。

自分のモノの多さにうんざりしている方は、ファッションレンタルをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

[⇒airClosetはコチラ]

おすすめの「ファンションレンタル」
サービス名EDIST. CLOSETairCloset
airCloset
アイテム数・ひと月で4着・1度で3着
料金・8,360円/月(税込)〜
※1年契約プラン
・7,480円/月(税込)
※月1回交換プラン
返却料・返却無料・返却1回につき330円
おすすめ度4.54.0
良いところ⭕返却料無料
⭕自分で服を選べる
※トライアルには制限有
⭕ブランド品
⭕借り放題できる
※ライトには制限有
悪いところ❌借り放題できない❌返却料がかかる
公式サイトEDIST. CLOSETairCloset
この記事をシェアする
【middlecloset】をフォローする
スポンサーリンク
ラクする暮らし