洋服の買い方・コツ

【服の買い方】ベーシック派も洋服はワンシーズンで捨てるべきか?

season洋服の買い方・コツ

洋服を買い換える頻度はどれくらいでしょうか。

数年単位の方もいれば、1年で捨てる方もいるでしょう。

また、ワンシーズンで捨てるという方法もあります。

わたしは、ずっと気に入ったものは数年単位でダメになるまで着る派です。

しかし、最近「ワンシーズンで買い替えた方がお得なのでは?」と思っています。

今回はそんな洋服の買い方・捨て方について考察!

スポンサーリンク

ワンシーズンで服を捨てるという行為

今まで考えたこともなかったワンシーズンでの服の買い替え。

まずは、メリット・デメリットから見ていきましょう。

【メリット】意外と多い!

  • 常にオシャレでいられる
  • クローゼットがスッキリする
  • 手入れが最小限で済む
  • 突然訪れる物欲に悩まない

常にオシャレ

まず、1番のメリットは「常にオシャレ」でいられることです。

ワンシーズンごとに新しい服を買うということは、常に最旬ファッションに身を包むことができます。

だから「流行遅れ」もなければ「季節はずれ」すらありません。

また、季節のはじめに新しい洋服を買うことができるので、周りの人に先行して流行りものを手に入れることが可能です。

そうすれば人とカブらないオシャレが率先してできて一石二鳥!

クローゼットがスッキリする

常に新しい服を買っているので、クローゼットにはワンシーズン分の服しかないという状態になります。

つまり、相当クローゼットをスッキリさせることが可能です。

すべて買うということは、服を買うときにコーデを考えてしまえるのでコーデに悩むこともなくなります。

よって精神的なストレスもかなり減る!

服を探す手間もコーデを考える手間も大いに減らして、オシャレを楽しむことができちゃいます。

手入れが最小限で済む

新しい洋服は、綺麗。

だから、傷みも0からのスタートです。

そのため、新しい服は簡単な手入れをするだけできれいな状態に戻りやすい!

1年以上前の洋服の場合は、以前の傷みが少なからず蓄積されています。

ニットなどの場合は傷みも早く、手入れが面倒なので新しい服を買うメリットは大きいです。

突然訪れる物欲に悩まない

常に服を買っている状態なので、突然とんでもない物欲に襲われるということがなくなります。

これは本当にありがたい!

まず、自由に雑誌やインスタを見ることが可能です。

さらに、なるべく物欲を刺激しないように「買い物へ行くのを最小限にする」ということも不要。

自分の行動が物欲に制限されずに済みます。

【デメリット】精神力が肝

  • お金がかかる
  • 捨てにくいこともある
  • ついたくさん買ってしまう

お金がかかる

圧倒的なデメリットが金銭的な問題です。

毎シーズンすべての洋服を買うとなれば、いくらファストファッションでそろえると言っても、なかなかの金額になってしまいます。

それを毎シーズン繰り返すということは、結構な散財。

自分の好みがはっきりしている場合や、買いたい服に妥協できない場合はファストファッション以外でも購入しなければならず、より資金が必要です。

捨てにくいこともある

ワンシーズンで服を捨てるということは、ワンシーズンで服がダメになっていることが前提になります。

そうなると、ファストファッションでの購入が必至です。

しかし、最近のファストファッションは意外と丈夫!

そのため、いざ捨てようと思っても「まだ着られるけど」と迷ってしまうこともあります。

でも捨てなければ、ただ新しく服を買うだけなので結局クローゼットもぐちゃぐちゃに。

「まだ着られる洋服を捨てる」のが苦手な人には不向きだということが分かります。

ついたくさん買ってしまう

毎シーズン洋服を刷新するためには、服を検索したり見に行ったりしますよね。

つまり、圧倒的に服に触れる機会が多くなる!

自分の好みがガッチリと固まっている方や、買い物がすぐに終わるという方は問題ないでしょう。

しかし、触れる機会が増えれば服はどんどん欲しくなるものです。

洋服はマネキンやら店員さん、雑誌やインスタなどではとにかくオシャレに扱われており、物欲が刺激されます。

そして買い物に悩めば悩むだけ、自分の思考能力も失われて服を買いやすくなることにも注意が必要です。

ワンシーズン断捨離に向いているタイプ

メリット・デメリットからわかった、ワンシーズンで服を捨てることに向いているタイプは以下の通り。

  • ワンシーズンで迷わず捨てられる人
  • 購入する洋服の数や金額を抑えられる人
  • 服のお手入れを少しでも楽に済ませたい人

このように「ワンシーズンで服を捨て、新しく買う」という行為は強い心と柔軟な心の両方がなければ、不可能です。

一度捨てると決めたものを間違いなく捨てられる、そして購入数を増やさない強い心。

さらに、欲しい洋服を妥協して買える柔軟な心。

そのどちらもが必要不可欠です!

つまり、現状のわたしには不向き!(笑)

ワンシーズンでの服購入について検証してみましたが、今のわたしにはできそうもありません。

1番大きな理由は、貧乏性だからです。

まだ使える物を捨てることにものすごく勇気が必要で、いくら安い服とは言っても結局捨てられない自分が容易に想像できます。

また、ほしい服を具体的に想像することが当たり前になりすぎており、服への妥協ができないことも理由にあります。

一方で「意外とミニマリスト向きなのではないか」とも思う点も。

例えば、3コーデなど本当に少数の洋服で着回せば、ワンシーズンで順調に服は傷みます。

後悔なく捨てることができ、クローゼットは常にスッキリ!

実現は、まだできなさそうですが…とりあえずミニマリストになる理想の形は見つかりました。

あとはとにかくお手入れが面倒、したくないという人は「とにかく安い服を買う⇒ダメになったら買い替え」を繰り返す高速ワンシーズン買い替えがあっている!(笑)

ベーシック服派へ捨て方の提案

今回記事を書くにあたって、服好きな友人2人に服の買い方を調査してみました。

すると、どちらもワンシーズンでの買い替えはしていないとのこと。

以下のようなご意見。

  • 決まったタイミングでの買い替えはしない派
  • 高い服でも安い服でも、気に入ればボロボロになるまで着る
  • 流行に左右されないアイテムを重視して買う
  • その時々で気に入った服を購入
  • 買ったものは年単位で着る
  • 薄手のセーターなどアイテムによっては1年で買い換える

ちなみにこの友人ふたりに「ワンシーズンで服を買い換えること」をどう思うか聞いてみたところ、以下のように。

ワンシーズンでの買い替えもいいと思う!

「持っている服」をなんとなく着るよりも、新しい服を着ている方が外出したくなるし自分のテンションも上がる。

毎日の張り合いのためにも「毎シーズン買い替えができたないいな」と思う。

ファストファッションなら流行のものが安いから手も出しやすいが、服の買い時が難しい。

ふたりともワンシーズンで服を買い換えることについてはポジティブな印象。

そして、勝手に「ワンシーズンで捨てる」ことに抵抗があるのかと思っていましたが、そうではない様子です。

2人ともたとえボロボロでなくても着ない服は捨てられるし、実際にワンシーズンで捨てる洋服も存在しています。

では何が理由でワンシーズン買い替えをしないのかと考えてみると、ふたりともベーシックな服が好みだということ。

わたしもそうですが、定番服については「ダメになっていないのに、新しくする必要がない」「そもそも長く着れるかを考えて買いがち」という考えです。

そのため、よっぽど服を減らしてボロボロにならないと「ワンシーズンで捨てる」とはなりません。

しかし、それでは服がマンネリ化してしまいます。

友人の意見にもあったように、たとえベーシック派でも多少服の入れ替えをした方が気分が違う!

そこで、ベーシック派の方へ「服の捨て方に関する提案」です。

提案1.ベーシック服は差し色だけ買い換える

そんなベーシックアイテム派の人がやるべきワンシーズン入れ替えはどんなものか。

1つ目の提案は、差し色だけ毎シーズン買い足すという方法。

ベーシックアイテムは色もベーシックで長く着れるものが多いので、ワンシーズンで買い換えるものはとにかくトレンドカラーのものを買い足します。

アイテムは自分の好みや持っている服に合えば、何でもいいです。

たとえば靴下やタンクトップでもいいですし、Tシャツやニットといったコーデの主役級アイテムでもOK。

色を今年らしくすることで、自分も新しいコーデのような気持ちで服を着ることができます。

購入するのは1アイテムか2アイテムにしておくと、ボロボロになるので捨てやすい!

提案2.自分が決めたアイテムだけ捨てる

または、自分で毎年買い換えるアイテムを決めておくというパターンも◎

たとえば「スカートだけ買い換える」や「ニットは必ずワンシーズンで捨てる」などです。

このように捨てて買うアイテムをあらかじめ決めておけば、買い物へ行っても目移りせずに済みます。

1つトレンドの服を買い足すことで、いつものベーシックコーデに数種類のコーデがプラスされることになり、その前の年までについた印象をガラッと買えることが可能です。

もちろんコチラも、入れ替えするのは1アイテムか2アイテム。

服をたくさん買ってしまうと、結局服が傷まないので数は抑えましょう。

ワンシーズンの買い替えもアリ

ワンシーズンで服を買い換えることを検証してきて、やり方を間違えなければスッキリクローゼットと物欲回避のどちらも叶う方法だと思いました。

自分の現状ではまだできそうにないですが、とてもミニマリスト向きです。

また、ベーシック服を好む人も部分的にワンシーズン替えをすることで服のマンネリ化を解消することができます。

今回の検証でワンシーズンで服を捨てることは、意外と有益であることが判明しました!

もし服を買ったり捨てたりするのが嫌な人は、レンタルするのもオススメです。

▷airClosetを試してみる▷EDIST. CLOSETを試してみる

ファッションレンタルなら、月1万円以下で3〜4着のトレンド服をレンタルすることができちゃいます。

わたしが実際にかりてみた感想は「これで1万円なら、おおいにアリ」というもので、質もデザインも本当に良かったです。

気になる人は、ぜひ試してみてください!